2017年3月22日 (水)

当ブログのプレゼント企画、中止のお知らせ。ごめんなさい。m(__)m

2月下旬から、ブログ下部で予告していました当ブログのプレゼント企画ですが、誠にすいません、中止させていただくことになりました。

期待していてくださった皆様、裏切ってしまって本当にごめんなさい。

事情を説明いたします。

4月の吹田スタジアムでのJ1・ACLグループリーグの3試合が平日開催ということは、みなさまご存じだと思います。

当初、どうしてもこの3試合は、観戦にいけそうにありませんでした。もちろん仕事でです。

そこで、年間パス分のチケットをプレゼントとして応募者に差し上げて、プログ記事を私に代わり書いていただくことを考えていたのです。

お渡しする方法は、記事にもしましたガンバの「チケット譲渡byワンタッチパス」を使ってです。

お譲りするためには、どんな情報がいるのか、また間違いなくお渡しできるか確認するため、自分に譲ってみたりして機能の確認までしていました。

ただ、3試合とも観戦できないのか、無理をして1試合は自分で観戦に行けて2試合が行けないのか、そのあたりが確定できなくて、ズルズルと本発表を延ばしていました。

ところが、今日、驚天動地の出来事が起こりました。

まさかまさかの4月人事異動

ビックリ仰天、ガンバの神様のなせる業

該当日の夜の勤務が無くなって、すべての試合、私が観戦できるようになりました。

という事情によりプレゼント企画の中止にいたりました。

お騒がせして、本当にすいませんでしたm(__)m

ごめんなさい、5月以降は、しばらく年間パス分の平日開催がないので、この企画お蔵入りです。

申し訳ございませんでした。お許しください。

 

※3月の平日開催どうしたんやと思われるでしょう。それは、それは、ガンバ観戦のために無理に無理を重ねてたのです。それだけに、4月は無理が効かなくなってたんですね。そしたら、まさかまさかの天裕です。

| | コメント (0)

2017年3月20日 (月)

取り急ぎ観戦報告、G大阪U23 0-1相模原・9対11の方が攻めが面白い!?

ガンバ大阪U23のホームゲームがあった吹田サッカースタジアムから帰ってきました。

試合結果、ガンバ大阪U23 0-1 SC相模原

敗戦です。

前半の13分、相手に正面からコントロールショットを決められ失点。

ガンバは、パスの呼吸があわずロストが多く、みていて焦れてしまう展開。

後半に入るところで、サイドバックの白井に替えて、FW登録の食野を投入。

ところが後半、開始すぐに、一枚黄紙をもらっている野田が、相手陣内でレイトチャージをして2枚イエローで退場。

たぶん前半から相模原に球際でやられていたんで、後半、厳しくいこうとしてたんだと思うんだが、不必要だったな。

これで中原をセンターバックに下げることになった。

そうこうしているうちに今度は、ぺ・スヨンが57分と66分にイエローをもらい退場。

一枚目は、イエローでしょうけど、2枚目は、あれなんで~。(正直なんのイエローかスタジアムではわからなかった。ジャンプしただけやで。)

(試合最後の方の、ガンバ攻撃時の相模原の選手が後ろから足にいってのけぞって倒れたタックルにイエローでないんだもんな~。基準が全然わかりません。J3みると、J1ましだなぁ~って思う、いらぬ修行になります。)

センターバックが二人とも欠けるという緊急事態

サブにもセンターバック要員いなんだもんな~

でも、ガンバ目線でみると一人欠けた頃からが、開き直った攻撃でおもしろかった。

なんでか、中盤にボールが入るようになり、早いパスワークで崩すこと、崩すこと。(ユースからやってる食野が入ってコンビネーションがあったということがあるのかもしれない)

特に左サイドから持ち上がり崩すことが多かった。

結局、最後まで得点にはいたらなかったけど、可能性は感じました。

後半は布陣もめまぐるしく変わった感じ。背番号と名前がまだ覚えきれていないこともあって、誰がどこにいるのか把握しきれなかった。

最後には、途中投入された妹尾がワントップやっていたりして本来のポジションではない選手、結構いたんじゃない?

まだまだ粗削りなんで、相手の様子を伺うことなく、自分たちの攻撃を貫いてしまった方が良いのかな?

そんなことを感じた、若きガンバ大阪でした。

 

追記:今日の主審、Jリーグで初めて笛を吹く人だったみたいですね。リーグも初主審な人に酷なことするね~。ガンバのU23の観客って、通常J1の試合を見ている人なんで、観客自体がそれなりの判断基準もっていたりしますからね。

さらに、吹田スタジアムは、ピッチと観客近いから、下手すると主審と選手の距離より、選手と前列の観客の距離の方が、近いことがありますから、下手なジャッジ下すと、間違いがわかりますからね。いろいろ、主審見えてなかったね。

リーグも考えてね。あんまり下手な主審続くと、観客動員にまで影響すると思うから・・・

追記2:ガンバU23の次の試合センターバックどうするの?非常事態やね。

1.トップチームから借りる。 2.ユースから借りる。 3.コンバートする。 さて、どれになるでしょうか?

ちなみに次戦は、3月25日のアウェイ鹿児島戦。

J1お休み中につき、トップチームから借りて、オーバーエイジ出場に一票。丹羽・金でいかがでしょうか。

| | コメント (2)

2017年3月19日 (日)

取り急ぎ観戦報告、J1初出場「田尻健、オレ!」vs浦和戦

ホームタウンに住んでいるとガンバの選手のプライベートが聞こえてきたりすることがある。

「○○選手は、○○に住んでいるよね。」とか

「友達が高校時代、〇〇選手とつきあっていたよ~」とか、自分は、ガンバが好きって言っていると、別にガンバのファンでもない人から、そんな話題が出てきたりするのだ。

そして、私の場合、自分自身が、直に幼い時を知っている選手がいる。

その一人が田尻健選手だ。

15年ほど前まで住んでいた家では、毎日、田尻家の足音を聞いて暮らしていた。

比喩じゃなくて、文字通り、直接、音が聞こえていた。

幼き田尻健くんの足音も混ざっていたはずだ。

その頃、私はガンバを見ていない。

昔の家から、あまり離れていない今の家に引っ越したのち、ガンバを見るようになった。

6年前、ガンバユースからプロになった田尻選手の名前を見つけた時、本当にビックリした。

えェ~、あの子が、ガンバのゴールキーパーとしてプロに~って!

ここまで縁が近いと、応援しない方が不自然だ。

プロか~スゴイなあって思ったが、一方で、J3で出場はできても、J1への壁は厚くてもどかしい。

ガンバには、代表クラスの東口選手がいて、セカンドには盤石のセカンドキーパー藤ヶ谷選手がいる。

今年になって鈴木選手が移籍してきて、田尻選手は4番手に後退したとみられていた。

さらに、後ろには、林選手やユースに逸材って噂のある谷選手が控える。

どうみても厳しい位置だ。

その田尻選手に、東口選手の骨折、そして藤ヶ谷選手の負傷退場で、突然、降ってわいたように、J1出場がおとずれた。

Dscf68781

1-0で勝っている状況での、浦和レッズ戦、まさに大舞台。

もう、そこから試合は、どうでもよくなって、田尻君、いや田尻選手をみつめていた。

田尻選手の動き、ライナー性のパントキック、キャッチング、飛距離を出したパントッキック、1対1でのセービング、高い弧を描いたキック。

そしてPK。

止めたらヒーロー

右はあってる~、が決められた~

しばらく伏せたまま立ち上がらない。

ハラハラドキドキだった田尻選手を見つめた20分

試合が終わり、あいさつ時、一人深々と長い時間のお辞儀。そして悔し涙。

それを見ていたら、なんだが涙がでてきた。

Dscf68901_3

この試合を糧に、難しい状況には変わりないけど、今までどおり地道に練習を積み重ねて、なんとか試合出場を重ねていって欲しい。

そう切に願う。

今がチャンスだ!田尻健オレ!

Dscf68341_2

追記:高村美砂さんの試合後インタビュー記事に田尻選手のコメントがあるので、リンク。<ガンバ大阪>宿敵・浦和戦はリードを守りきれず、ドロー

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

お知らせ:

このブログ・初企画!!(プレゼント企画中止になりました。詳しくはこちら

ガンバがお好きな方にちょっとしたプレゼントを考えています。

内容は、今のところヒ・ミ・ツheart04

(変なものじゃないよ)

(もう少し先に発表できると思う・・・たぶん・ガンバの補強と同じで期日がはっきりしなくてゴメンなさい)

ご興味のある方は、お手数ですが、できれば私のツイッター、アカウント「FPパパ」@fppapasan をフォローしておいてください。

お願いいたします。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

| | コメント (0)

2017年3月17日 (金)

「使ってますか?ガンバのチケット譲渡機能!」

時々繰り出す、当ブログのガンバ大阪・豆知識シリーズ(そんなんあったんか・・・知らんでェ~)エントリーです。

今回は、チケット譲渡機能についてです。(なんでやねん、急に・・・)

ガンバ大阪の年間パス(紙タイプは除く)には、行けない試合のチケットを簡単に友人や知人に譲り渡す機能が特典としてついています。

その名も「チケット譲渡byワンタッチパス

友人や知人にQRチケットとして、チケットを簡単に譲り渡せます。

20170309_2

ガンバ大阪の公式ホームページのトップから→ファンクラブ→(年間パス)チケット譲渡byワンタッチパスで簡単に案内にだどりつけます。

でここから(青↑から)、譲渡機能をつかうべく、一度ログインしてみました。

①私の場合はパソコンから
20170309_22

 

②ワンタッチパスの通常のログイン画面

IDとパスワードを入れてログイン

(ガンバ大阪のファンクラブ会員なら年間パスもってなくてもワンタッチパスシステムはログインできるはず)20170309_3

③ログインしたら「シーズンシート譲渡」をクリック

20170225_23_2

すると試合の一覧が出てくるので

④譲渡したい試合の譲渡ボタンをクリック

ここでは仮にサンフレチェ広島戦を譲ることにして←の譲渡ボタンをクリック(見切れていて申し訳けないです)

20170225_24

 

⑤次に出てきた画面で

仮りに譲る相手の自宅のPCかスマホにチケット情報を電子メール送信するとしてやってみましょう。

PC/スマホ(自宅)の横にチェックを入れ

電子メールアドレスを入力

確定ボタンを押す

これだけです。

20170225_25

注意点としては、相手がガンバからの電子メールを迷惑メールとして受け取れない可能性があることが書かれてました。

そういう場合は、いったん年間パス保持者のメルアドに送信して、それを転送してくださいと案内されてますね。

あと年間パス保持者の観戦履歴にはならないのと観戦ポイントもつかないとされています。

もうひとつ「各試合開催日の前日正午までにお手続きを完了してください」となっています。

で、もらう方には、こんなメールが届きます。

※自分にゆずったことにして送ってみた、ほんものの電子メールの文面をリンク先アドレスとかを改変して画像化してみました。

0001

もらった方は、リンク先のページから、ログインしてQRコードをもらい、そのQR画像をスマホ等でもっていくか、あるいは印刷して吹田サッカースタジアムへ行けばチケットとして入場できるようになっています。

なお、リンク先のページは、ワンタッチパスシステムなんで、ガンバ大阪ファンクラブに加入している人は、登録済みなはずですが、そうじゃない人は登録(無料)が必要なようです。

こんなシステムです。

おわかりになりましたでしょうか?

もうすぐ使ってみたいと思っています!

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

お知らせ:

このブログ・初企画!!(プレゼント企画中止になりました。詳しくはこちら

ガンバがお好きな方にちょっとしたプレゼントを考えています。

内容は、今のところヒ・ミ・ツheart04

(変なものじゃないよ)

(もう少し先に発表できると思う・・・たぶん・ガンバの補強と同じで期日がはっきりしなくてゴメンなさい)

ご興味のある方は、お手数ですが、できれば私のツイッター、アカウント「FPパパ」@fppapasan をフォローしておいてください。

お願いいたします。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

| | コメント (0)

2017年3月16日 (木)

取り急ぎ観戦報告、ACLホームvs江蘇蘇寧戦、負けちゃダメ

昨夜は、江蘇蘇寧戦が行われた吹田サッカースタジアムに行ってまいりました。

結果は、ガンバ大阪0-1江蘇蘇寧で、ACL1勝2敗です。

チェジュ戦が完敗も完敗、ヒドイ負け方だっただけに、昨日はよりメンバーが強いししゃーないか~となってしまうた試合後のスタジアムの雰囲気でしたが、ホーム2連敗はダメですよ~

相手の江蘇蘇寧がガッチリブロックを作ってきて、ブロック外を回す時間が長いガンバでした。まぁ、むやみに入れて相手にボールを渡すのは脅威だったから仕方がないっていえば、仕方がないとは思うんですがね。

取られた1点は、前半の終了間際の時間帯。

あの時間帯ガンバが攻撃の糸口をみつけだしていたんで、もったいなかったな。

ゴールの起点となったのが、初先発キーパー鈴木がフィティフィティのパントキックをセンターライン右に上げて相手にとられたところから・・・

あの時、初瀬が自陣中盤の右でフリーで開いて待っていたんだよね。鈴木も一瞬見たと思う。

でも早い攻めをと思ってか、フィティフィティのボールを蹴ちゃったんだよな

たらればやけど、安全に初瀬に渡していたらと思うと・・・

ちょっともったいなかった。高い授業料ということですね。

後半、初瀬に変わって、初瀬の位置に堂安が入って、攻撃にスイッチが入りました。

あそこからガンバに惜しいシーンが連続して、その惜しいシーンのあとに肝を冷やす相手カウンターがさく裂したりしましたが、結局ノーゴール。

ホームで痛い痛い敗戦となりました。

残り2チームの試合結果をチェックできていませんので、現時点の順位を把握できていませんが、厳しい状況でしょうね。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

お知らせ:

このブログ・初企画!!(プレゼント企画中止になりました。詳しくはこちら

ガンバがお好きな方にちょっとしたプレゼントを考えています。

内容は、今のところヒ・ミ・ツheart04

(変なものじゃないよ)

(もう少し先に発表できると思う・・・たぶん・ガンバの補強と同じで期日がはっきりしなくてゴメンなさい)

ご興味のある方は、お手数ですが、できれば私のツイッター、アカウント「FPパパ」@fppapasan をフォローしておいてください。

お願いいたします。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

| | コメント (0)

2017年3月12日 (日)

取り急ぎ観戦報告、G大阪U23開幕戦0-2・今年もメンバーで勝ったり負けたりするのか?

U23の開幕戦のあった吹田サッカースタジアムから帰ってまいりました。

3試合観戦券を2セット購入。U23もホーム戦は、できるだけ見るつもりです。

試合結果は、残念ながら2日続けての勝利とはならずでした。

ガンバ大阪U23 0-2 ガイナーレ鳥取

Dscf67481

うろ覚えで申し訳ないのですが、昨年のJ3リーグの総括で、”堂安律に振り回されたJ3”みたいな事を解説で聞いた覚え(宇都宮さんだったかな~)があるのです。

内容のかなめは、ガンバ大阪のU23チームの出来が、堂安律選手がいる時と、代表やJ1帯同で抜ける時の差が大きくて、いるいないで優勝争いの相手チームの勝ち点に影響を与えたという趣旨だったと記憶しています。

それでいうと、今日はいないときです。

スターティングメンバーにユースの2種登録選手が4人先発。

Dscf67741

J3といえどもプロリーグ

昨年のU23を見ててもユース選手が多いときは、厳しい結果になりやすい。

で、今日も案の定の結果。

出だしは快調だったんです。

コンサドーレから来た中原選手が舵取り役で押し込む時間も前半はかなりあったんですが、エリア内の最後の精度が足らない感じ。

時間がたつにつれ、前へ運べてもシュートにいたらない。そこシュートって思うシーンでパス選択や、スルーしてしまったりでチグハグ。

後半に入ると、じわじわと押し込まれる時間が長くなって、後半63分、ガンバの右サイドを破られ決壊。

その後は、得点のより欲しくなったガンバが、無駄にボールを早く前に送ろうとしてロストというシーンが目立ってきました。

たぶん、経験値なんだろうね。

一人、中盤にオーバーエイジやったり、違うを生み出す経験値豊かな選手がいるとだいぶ違うんでしょうけど、今日は最後まで修正できず仕舞いでした。

今はトップが連戦中なんで、初瀬、堂安、市丸選手をはじめ高木、平尾選手らトップ帯同と思われる選手は、ベンチにも入っていません。

また、トップとU23を今年は分離方針であると聞いています。

が、試合勘もあるでしょうから、J1の試合間隔途切れるときは、高木、平尾はもちろん、堂安・市丸選手あたりも、U23でも使われることでしょう。

今年も、U23は、その時々のメンバーでかなり試合の勝敗が、左右されそうな予感です。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

お知らせ:

このブログ・初企画!!lプレゼント企画中止になりました。詳しくはこちら

ガンバがお好きな方にちょっとしたプレゼントを考えています。

内容は、今のところヒ・ミ・ツheart04

(変なものじゃないよ)

(もう少し先に発表できると思う・・・たぶん・ガンバの補強と同じで期日がはっきりしなくてゴメンなさい)

ご興味のある方は、お手数ですが、できれば私のツイッター、アカウント「FPパパ」@fppapasan をフォローしておいてください。

お願いいたします。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

| | コメント (0)

取り急ぎ観戦報告、NEW大阪スタイルホームお披露目だ!楽しいぞ!

昨夜は、FC東京戦とフィールドプロジェクションマッピングの行われた吹田サッカースタジアムへ行ってまいりました。

結果、ガンバ大阪3-0 FC東京の完封、快勝、いや~楽しかったです。もちろん試合が、です。

試合直前、選手紹介時のプロジェクションマッピング

下がその時の、自席からの写真です。

直接、芝の上に映写されている部分です。ガンバのエンブレムわかるかな~

Dscf67071

センターサークルには白い円形のシートがひかれていて、選手映像が写っていたんだ思うんですが、私の席からは角度がなさすぎて、何が写っているのか全然わかりませんでした。

その教訓をもとに試合後の本番は、かなり後ろ席(17・18列ぐらい)に移動して見ましたよ~。本番は、まま見れたかなって感じです。

たぶん、たぶんですけど、キレイに見るには、VIP層や上層席がベストポジションです。

試合に戻ります。

今回の可変変則3バックシステム楽しいですぞ~。

ACLチェジュ戦では酷評してましたが、手のひら返しです。

柏戦は、もしかして柏弱かった~との思いもありましたが、ホームで、FC東京相手に直接目でみて、これは見ていて楽しい~って思いました。

守備は、ガツガツ球際に強く、攻撃は、早くて波状攻撃ができる。

通常、右から、三浦・ファビオ・金の3バックで、攻撃時はどうも4バックに変わり、三浦がサイドバックの役割にでるのかなぁ

で、守備時は高い位置で刈ろうとしつつ、ダメなら初瀬と藤春の2WBが下りてきて5バックを形成すると

違っているかもしれませんが、そんな感じかなぁ

システムどうのこうのよりも、攻撃的なイケイケなガンバが見れた。いつ以来かな~

しかも、FC東京も激しくきていてシュートを打ってくるのを気迫あふれた守備をみせつつ、東口がビッグセーブ連発で、PKまで止めて完封!

最高じゃないですか~

ガンバ大阪・NEW大阪スタイルですね

楽しいゾ!

Dscf67151_3

プロジェクションマッピングの話題もあるのにかかわらず観客が24,292人と少ないのは、ここ数年のガンバの試合がエキサイティングでなかったんが、大きな要因だと思うんですね。

今日の試合は、ターニングポイントになりそうな予感

ガンバの試合、楽しいから見にきてね!一緒にいこうよ!って、言えそうです。

Dscf67161


追記:勝ってるからこそ一言。主審さん、イエローを含め判定基準ふらつきすぎじゃない。見ていてフラストレーション溜まったな~。私の見る目がないのはわかってるけどなぁ~、判定解説を聞きたいな

 

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

お知らせ:

このブログ・初企画!!(プレゼント企画中止になりました。詳しくはこちら

ガンバがお好きな方にちょっとしたプレゼントを考えています。

内容は、今のところヒ・ミ・ツheart04

(変なものじゃないよ)

(もう少し先に発表できると思う・・・たぶん・ガンバの補強と同じで期限がはっきりしなくてゴメンなさい)

ご興味のある方は、お手数ですが、できれば私のツイッター、アカウント「FPパパ」@fppapasan をフォローしておいてください。

お願いいたします。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

| | コメント (0)

2017年3月 9日 (木)

11日はFC東京戦、ホームでも大阪スタイルを!

5日のアウェイ、柏レイソル戦。

継続して3バックって聞いた時は、正直どうなることやら・・・と思ってました。

また、守備的な試合内容になるんではないかとね。

長谷川監督、ほんとうに申し訳けございませんでした。m(__)m

すんばらしい、試合内容でしたね

お見それいたしました。

で、11日は、今度はホーム吹田スタジアムでFC東京戦です。

見たいですぞ!柏戦みたいな内容の試合を、ホームで!

選手のターンオーバーするなら、この試合かなぁ~って気もするんですが、間が中5日なんで、スタメンは変えなくてもいける気もするし・・・

どうなるんでしょうか?

とにかく勝った後に、試合後の初プロジェクション・マッピングを見たいです

監督・コーチ、そして何より選手のみなさん、よろしくお願いします。

このFC東京戦からは、観戦者の体力も試される、吹田スタジアム「怒涛のホーム5連戦」です。

3月11日(土)  19時キックオフ vsFC東京戦(J1・3節)

3月12日(日)  14時キックオフ vsガイナーレ鳥取戦(J3・開幕戦)

3月15日(水)  19時キックオフ vs江蘇蘇寧戦(ACL・MD3)

3月19日(日)  17時キックオフ vs浦和レッズ戦(J1・4節)

3月20日(月・祝)14時キックオフ vsSC相模原戦(J3・2節)

私も全部見るつもりで予定しているんですけど、体もつかな~とうれしい悲鳴です。

ちなみにガンバのオフィシャルチケットサイト(Jリーグチケット)では、「ガンバ大阪 怒涛の5連戦チケット」もまだ販売しているようですね。(9日・午前9時半現在)

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

お知らせ:

このブログ・初企画!!(プレゼント企画中止になりました。詳しくはこちら

ガンバがお好きな方にちょっとしたプレゼントを考えています。

内容は、今のところヒ・ミ・ツheart04

(変なものじゃないよ)

(もう少し先に発表できると思う・・・たぶん・ガンバの補強と同じで期限がはっきりしなくてゴメンなさい)

ご興味のある方は、お手数ですが、できれば私のツイッター、アカウント「FPパパ」@fppapasan をフォローしておいてください。

お願いいたします。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

| | コメント (0)

2017年3月 1日 (水)

取り急ぎ観戦報告、ACLホーム戦、大阪スタイルはどこへいった!

2012年以降は、時々、ひどい試合を生観戦してきました。

が、今日ほど、酷い試合は数少ない。

もしかしたら、ワーストかもしれない。

自分が思う、ガンバ大阪のスタイルと相いれない試合でした。

ホームで互角とみられる相手に対して、あそこまで守備的な試合をするか~

もちろん、勝つために選んだ3バックだったんでしょう。

けど、明らかに失敗しているとわかったら、慣れないシステムなんだし、前半のうちに次善の策をすぐに発動できるぐらい準備しといてくれよ~

この試合は、明らかに監督の失敗、失策ですね。

溜息がでます。

今日よかったことと言えば、コールリーダーのチャントのチョイスかな~。

ゴール裏をはじめ、観客のフラストレーションが最高に溜まった後半のなかばに、「ゴール決めろ」のチャントを連打

試合中にブーイングだらけになるのを救ってくれました!

| | コメント (0)

2017年2月27日 (月)

取り急ぎ観戦報告、開幕戦ドロー発進・ガンバ1-1甲府

開幕戦の吹田サッカースタジアムに行ってきました。

再入場が可能になった、スタジアム周辺は、サウスショップの周辺の公園で子どもが賑やかに遊んでいたり、その周りで座って歓談している人がいたり、少しだけ万博時代の和やかな風景がありましたね。

美味G横丁ができてからの万博時代の場外の縁日感が好きだったんで、ちょっと嬉しいです。

ノースフェイスの試合前一発目のチャントは確か今野選手の新チャント。コーヒールンバの調べがスタジアムに響いてました。

今年の開幕戦は、試合前に特にイベントなく始まりました。(ガンバチアとキッズによるビッグエンブレム披露はあったよ)

選手入場時、バックミュージックなくなり、サポのアカペラチャント「We are with you」のみというシンプルなものに変更されていましたね。

一瞬、音響機材の故障かと思ってしまった。

相手が少ない甲府サポだから大丈夫だったけど、アウェイサポが大人数の時に、ドラムつきでチャントかぶさられたら、ちょっと厳しいかもしれない・・・

試合は、最初から最後まで、ガンバのボール保持、対して甲府はファイブバックで守り重視。

いつ甲府の堅守をガンバが崩し切るかというゲーム展開だったけど、崩しきれずスコアレスでハーフタイムへ

早いこと1点とれば、大量得点もあり得るかな、でもカウンターから相手の得点されると厳しいぞ、と思ってたら、後者になってしまった。

ガンバの攻めの最後のところの精度やアイデアが・・・

試合が押し詰まってきてから、ガンバのCKが増えてきて、そのボールに対して競り勝っていることが多く、それが最大の攻撃になっていた。

が、得点は取れずアディショナルタイムへ

ヤットが最後尾になって、主に右から放りこむことが多くなって、カウンターがこわいこわい

でも、最後にとった、右45度からのFK。ヤットのキックから、ゴール前混戦からの、今野選手のヘッドで同点。ゴチャゴチャしていて、ビジョンでスロー見るまでだれが叩き込んだかわからんかった。

これで試合終了

家本主審がファウルを流し気味で、CKやFKも少なくて、途切れることが少なくて、とっても集中して見れた試合でした。

試合後、ツイッターのぞいたら、DAZNさん最初からずっと止まってたようで、ガンバサポの嘆きがあふれてました。

できるだけ、生観戦にいきましょって、メッセージか?Jリーグ

それはともかく、開幕戦で21,284人はヤバイぞ、ガンバ

サポミで示された、今年の平均観客数目標は、27,500人

お祭り感のある、初戦でマイナス6,000人は、かなりキツイぞ

予算をみても収支に余裕があるわけでもなく、観客動員が少なければ、稼ぎいいといわれるVIP席も売りにくいだろうし、ますます循環が良くなくなると思う。

春休み期間に入っていく大学生など若い層をなんとか取り込んでよ。手はあるはずだよね。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

お知らせ:

このブログ・初企画!!(プレゼント企画中止になりました。詳しくはこちら

ガンバがお好きな方にちょっとしたプレゼントを考えています。

内容は、今のところヒ・ミ・ツheart04

(3月ごろ発表できると思う・・・たぶん・ガンバの補強と同じで期限がはっきりしなくてゴメンなさい)

ご興味のある方は、お手数ですが、私のツイッター、アカウント「FPパパ」@fppapasan をフォローしておいてください。

お願いいたします。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

| | コメント (0)

2017年2月23日 (木)

ACLグループステージ第一戦、アウェイ、vsアデレート・ユナイテッド勝利!

昨夜は、ガンバのアデレート・ユナイテッド戦を前半30分ぐらいから見てました。

仕事を超早い目に終わらせて、ダッシュで帰宅。でも18時キックオフはキツイよなぁ~。

試合以前に、会場のハインドマシュウスタジアムは、ガンバが2008年にACLを優勝した場でもあるし、アデレート・ユナイテッドは今季、豪州のリーグで最下位との情報もあったんで、勝てるかな~なんて思ってました。

結果的に0-3での完封勝利でしたけど、試合内容としては、どうなんでしょうかね?

簡単に勝ったわけではないように見てました。

最初の30分がどうだったんだかわかりませんが、見た以降では、ガンバ結構押し込まれてたなぁ~。

守備が固くて、中にはボールを簡単には入れさせてなかったんで、相手にボールを持たせていたという見方もできるんでしょうけどね。

ガンバは、カウンター発動が、攻撃の主軸の試合だったと思います。

最終ラインの跳ね返しがいいんで、守備は固くなっているのは、間違いないんだが、もうちょっと攻撃に迫力がほしいなぁ~

でも、今年は、アウェイチケット代のために買わないと決めたユニフォームを、今日から販売の「ACLユニ」を買ってもいいかなぁと揺らぐ、私なのでした。

さあ、次は明治安田生命J1リーグ開幕戦

2月26日(日)午後5時キックオフ・ガンバ大阪vsヴァンフォーレ甲府 @吹田サッカースタジアム

参戦です。

チケットまだあるようですよ~!

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

お知らせ:

このブログ・初企画!!(プレゼント企画中止になりました。詳しくはこちら

ガンバがお好きな方に条件付きプレゼントを考えています。

内容は、今のところヒ・ミ・ツheart04

(3月ごろ発表できると思う・・・たぶん・ガンバの補強と同じで期限がはっきりしなくてゴメンなさい)

ご興味のある方は、お手数ですが、私のツイッター、アカウント「FPパパ」@fppapasan をフォローしておいてください。

お願いいたします。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

 

| | コメント (0)

2017年2月11日 (土)

遅ればせながら観戦報告、ACLプレイオフ、ガンバ3-0JDT @吹田スタ

2月7日(火)にAFCチャンピオンズリーグの本戦出場を賭けたプレイオフを見に吹田スタジアムに行ってきました。

その前に、2月4日(土)にサポーターミティングにも出席したんでちょっだけ・・・

会場は、吹田スタジアムの通常は入ることのできない2階の大き目の部屋。外からブルスパジオに行く階段を上って、そこから女性用手洗いの先の奥の大き目の部屋。

スタジアムツアーで、最初に座学で説明を受ける部屋でした。

1列に横15席が20列ちょっと用意されていたでしょうか。私は、かなり前の方に座っていたので、始まるときに、後方まで埋まっていたかどうかわかりませんが、前へ前へと案内していたんで、そこそこは集まっていたと思います。

300人ぐらいだったんかな?

会場は固い雰囲気で始まり山内社長さんは、明らかに緊張してはったよう。「ドライブをかける」というフレーズが印象に残っています。

2016       

収入

券売     1390

グッズ     583

スポンサー 3143

収入合計  5116

支出     5094

 

2017年予算

券売     1390

グッズ     650

スポンサー 3410

収入合計  5450

支出     5436

券売の2016と2017が同じなのは、理由を言ってはったけど、忘れてもうた。

 

平均観客   15,999(15年) 25,342(16年)) 17年目標27,500

 年パス    7,565(15年)  8,555(16年) 17年目標10,000

ファンクラブ 23,649(15年) 33,339(16年) 17年目標40,000

「観客動員にドライブをかける」って感じですね。新スタ効果は、2年目は薄れるんが普通なんで、目標を達成できるよう方法を考えてもらいたいと思いますね。

集客に対しても、できることであれば、サポートするんでサポも巻き込むようなムーブメントをつくってほしいですね。

2番手、梶井強化部長は、明らかにFW獲得を狙っていることがわかるプレゼン。外国人FW補強で交渉していることを強く印象づけました。これにより、会場の雰囲気が和みました。

チョメチョメ選手と個人名はサポミではだされませんでしたが、翌日「ドウグラス」獲得を狙っていることがスポーツ紙で報道されましたね。

その後の進展は、わかりませんが、サポミでも”簡単ではない”ようなことも、言われてましたんで、信じて待つしかありませんね。

 

三番手が、アカデミーを担当している二宮部長。

プレゼンでは、さらっと流しはりましたが、ユースの提携先の高校が追手門から向陽台高校(学校法人早稲田大阪学園)戻ることが一番大きな変化かな。

個人的な感想としては、大学とはうまくいっているが、高校とはそうでもなかったんやなと・・・

まあ、ガンバ自体が新たなアカデミーの寮の建設の話しをしだした時から決まっていたんでしょうと勝手にヨミとりました。

 

で、最後に一番、聞きやすかった伊藤営業部長のお話。でも、ここは社長さんの話しと重なるんで割愛。

吹田スタジアムの実質満員が36,000人というのが一番記憶に刻みこまれています。

万博の時は21,000人に対して実質19,000人で満員で、それを超えてくるとクレームの嵐ということも言ってはった。

2万人は、何度か万博のバックスタンドで体感していて、係員による超席詰め(長イスの一席分のラインを無視して詰める)をして、その上、最上段に立ち見客一杯で達成するんで、感覚的には納得。

吹田スタの約4万の定員から、緩衝帯やらVIP席や障がい者席の空きやらを引き、ガンバにクレームなく見れるんが、36,000人ということでしょうね。

ちょっとだけのはずが・・・

主客転倒になるかも・・・(疲れてきた・・・)

本題、ガンバ大阪vsジョホール・ダルル・タクジム

2月7日(火)19時キックオフ・気温4.6℃・観客8,149人

Dscf65741

ヒートテックの2枚重ねの上にフリース2枚重ね、レプリカユニ、さらにダウンの完全武装での観戦でした。

風がなかったんが幸いでした。

ゴール裏は下層だけの開放で、結構埋まってました。8,149人の半分ぐらいがゴール裏だったのでしょうか。

今野選手のチャントをはじめ、新チャントも早くも馴染んでいました。昨シーズンは「WE are with you」チャント最初の試合はグダグダだったもんね。

この試合、コアサポ度が高いこともあるんでしょう。

タオマフをぐるぐる回すチャントができています。

私は、バックスタンドの真ん中近くのC10ブロックの前から5列目観戦

今回の年パス者へのチケット優待販売は、個別の席選択はできなくて、カテゴリー選択したら出てくる席を粛々と買う方式だったためか、バックスタンドは、真ん中の2ブロックだけが、ほぼ満席で、あとはガラガラ。

ガンバさん、こんな空いている時こそ、好きな席を選択させてよ!前が好きな人もいれば、少し高い視点の後ろがいい人もいるんだし。

顧客満足度高めてよ!と一言申します。

まぁ、私は前目が良かったんで、いいんだけどね

Dscf65731

マレーシアのジョホール・ダルル・タクジム(JDT)サポ

思ってたより、多くのサポが来阪。試合中、上半身裸のサポの多いこと。

そして「We Will Rock You」のチャントというか、原曲そのもの?が良かった

Dscf65761

キックオフ(以下、順不動で感想を)

今年のACLユニは、青い!思っていたんより青い!

ナイトゲームの暗転とLEDブレス演出は同じ。LEDブレス、持ってない人結構いた。初めての人は、やっぱり暗転に驚くみたいで、JDTサポから歓声が上がる。でもガンバサポは、もう慣れたもんです。

今シーズンの選手紹介動画は、画面3分割で、動きは少ない

試合は、JDTの当たり、結構キツイ。あぁ~ACLだと思う。

接触プレイのたんびに審判がどちらのチームにもファウルをとって試合が止まる。もうちょっと、流せないものかと思う。(試合が進むにつれ馴染んだけど)

今ちゃんと井手口が、相手ボールを刈るんだけど、正当に獲ったと思ってもファウルとなることがしばしばある。

ファウルのあとの試合再開がだんだんとガンバはクイックになる。

ガンバのディフェンスラインがだんだんと高くなる。と、おもっていたら、ファビオがセンターラインを越えて持ち上がり、オォッーと思う。

DF三浦が、結構長いボールを縦に入れる

ファビオがミスしたあと、挽回の自作自演を演出する

オ・ジェソクがルーズボールを取りにいったところ、相手のレイトタックルを受ける。遠いサイドにもかかわらず、ガツンと音が聞こえてきたから、とっても心配したけど、大丈夫そう

藤春が何度も相手深くに入ろうと動く。流れから右足で左45度からシュートを打つが右にそれていきサイドラインを割る。どんだけ曲がるねん。

藤春が相手の2番(だったと思う)としばしば、小競り合いをする。イエロー心配したが、大丈夫

何度も試みていた左サイドを崩しての、クロスからの得点が立て続け。(1点目は真ん中から左に振ってからだけど)

前半は、1回だけ、ガンバの右側から縦に突破され危なかったが、相手のファウルで難を逃れる。その後、三浦を中心にコミニュケーションを図っている。

Dscf65801
ガンバ2-0JDTでハーフタイムへ

JDTは後半も繋ぐサッカーで放り込みはなし。で、完全にガンバが対応し危なげない戦いとなる。

興味は、次の1点をいつ入れるかだけど、なかなか得点にいたらない。

シーズン初戦にして、ガンバのボール回しに合わせてサポからオゥ、コールが出た。

藤春が絶好の位置でパスを受けるが、決めきれない。

後半3度目のコーナーキックでついに得点する。三浦、高ッ~!さすが、エンドー!

センターバック二人が左右ワイドに広がっているのに、遠藤大先生が、だれもいない真ん中にバックパスを出し、相手ボールになりかけ、相手を引き倒しイエローをもらう。何やってるん、エンドー!

81分に遠藤OUT・泉澤INの交代したあと、組み立てが今一つになった。交代そのものは、いい交代やと思うんだがね

Dscf65831

最終スコア3-0

Dscf65901
勝利インタヴューは遠藤選手。シーズン初戦でキャプテンが選ばれたんか?

Dscf65911

あいさつ時の井手口選手と話す堂安選手

アディショナルタイムの惜しいのを入れられたら良かったんだけど、堂安!

今シーズンは出てきてもらわなければ、選手層的にも厳しいからね。

Dscf65951
ファビオと三浦のCBコンビは期待してもよさそう

初戦としては、新加入選手の活躍もたっぷり見れたし、スコアも完封勝利で、内容も危なげなく、気持ちが高まる内容でした。

Dscf65981

2月22日にACLのアウェイ・アデレード戦を挟みますが、次のホーム戦は明治安田生命J1リーグ・開幕のヴァンフォレー甲府戦です。

| | コメント (0)

2017年1月15日 (日)

ショック「AOQLO PEOPLE -ガンバ大阪系ウェブログを繋ぐリンクリスト-」が2月25日で閉鎖だそうです。

遅まきながら、みなさま、今年もよろしくお願いいたします。

私の今年のサッカー観戦は、元日の天皇杯決勝観戦から始まりました。

試合そのものは、接戦で楽しみましたが、吹田スタジアムでガンバがいない戦いは、物足りなさも大いに感じたところです。

初めてのコンフォート席(バックスタンド側のVIP席)は、快適でした。選手個人やプレイがはっきり識別できる程度には見え、かつ全体が俯瞰的に観戦できる環境は、なかなか優れものでした。

寒さ対策が不十分だった連れは、時々エアコンの効いたバックスペースの部屋観戦に切り替えながらみてました。

また部屋には、モニターがあって、リプレイ映像が流れたりするんで、4列ある席の最後列4列目だった私は、セットプレイの後は、後ろの部屋内モニターを振り返り見したりして、細かいところを確認しながら試合を見てました。

あとお弁当・ドリンク・パンフレットと南駐車場の駐車券(1件につき1枚のみ)がついてました。

同じVIPフロワーのラウンジ席とは、入退場も別で、専用ゲートでスムースにスタジアム出入りができました。

この試合は、VIPフロアーも満席だったので、男性用用便器が3個しかないお手洗いが、ハーフタイムには長蛇の列になってしまったのが、唯一のマイナス点かな(バックスタンドで普段使っているトイレよりも時間かかったと思う。)

結論、一人8,000円(あとチケット郵送料やシステム利用料で1,000円弱必要だったけど)は、コストパフォーマンスが高く感じお得感一杯でした。。

まあ、ガンバのリーグ戦の時は、一番安いプランで、20人で410,400円で販売してた席だからね。

対価格比、安く感じてあたり前かもしれません。

さて、今日(1月15日)は、カンバの2017年シーズン始動日です。

さきほど、会見のネット配信が終わりました。

が、その前に昨日、とっても惜しい、残念なお知らせを見ました。

以下引用(最後の3行に注目)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

AOQLO PEOPLE  -ガンバ大阪系ウェブログを繋ぐリンクリスト-

AOQLO PEOPLEとは?

AOQLO PEOPLEは、2004年8月1日にスタートした、ガンバ大阪を応援する人たちのウェブログを繋げるリンクリストです。
サッカー記事の割合に関わらず、ガンバ大阪を主に応援している方が書かれているウェブログなら参加できます。
ただし、他チームがメインだけれどガンバも取り上げているから、という場合は
残念ですがお断りさせていただく場合があります。ご了承ください。
参加ご希望の方は、AOQLO PEOPLE専用掲示板へ書き込みいただくか、管理担当タカギ(ユ)までメールにてお問い合わせください。
ガンバ/サッカー専門ブログでなくても受け付けています。管理人からリンクのお願いをする場合もあります(詳細はこちら)

お知らせ(2017年1月14日)

AOQLOPEOPLEは2017年2月25日に閉鎖いたします(詳細はこちら)
長年のご愛顧、まことにありがとうございました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆(引用終わり)

私は、2009年ごろから、毎試合後に、または、ガンバに事あるごとに、このサイトに何回も、何日もアクセスして、登録ブログを見て楽しんできました。

このポータルサイトがあったから、ガンバ大阪のことをより深く知ったり、より好きになれたことか!

まさか、このサイトがなくなる日が来るなんて想像さえしていなかったです。

「AOQLO PEOPLE」  という、この無形財産が無くなることは、本当に残念です。

なんだろう、とっても喪失感があります。

私のブログは、別の「さっかりん」というサイトにどなたかの推薦で登録していただき、最初はとまどいながらも、登録されたからにはと、それを励みにやってきました。

ある程度、ブログ内容に自分が納得できた時に、「AOQLO PEOPLE」 に掲載登録をしようと思っていましたが、その時はなくなりました。

私自身にとっては、目標がなくなったという意味でも残念です。

管理人さんの大変さは、なんとなく想像できても、実際のご苦労は、やってらしゃる本人さんにしかわからないでしょう。

アフェリエイトとかもないようですし、費用的にも、きっと持ち出しでしょうから、ガンバへの熱意とか、好きという気持ちで、運営されてきたサイトだと思います。

管理人さんの面識はありませんが、ツィッターでフォローしていたんで、ご事情も察せられますし、個人でやっておられるサイトの閉鎖はやむ負えない決断なのだと思います。

でも、本当に残念です。

管理人さん、お疲れさまでした。そして本当にありがとうございました。あとひと月よろしくお願いします。

感謝して、感謝して、感謝しても足りないなぁ。

リーグ開幕の日が来てほしいような、来てほしくないような2017シーズンです。

 

追記・「AOQLO PEOPLE」に登録されている個人ブログの多くは、「ブログ村」か「さっかりん」に重ねて登録されていることが多いかと思いますが、もし登録のないブログで読みたいものがあれば、「さっかりん」の場合、他薦の登録依頼ができます。(登録されたあと、個人ブログの管理人さんが、登録削除依頼もだせます。)

選手等の公式の場合は、どうなんでしょうかね。といっても、いまやブログは、ヤットさんぐらいしかやってないかな。

| | コメント (0)

2016年12月30日 (金)

オー ミア・ガンバ大阪、2016年まとめ

12月24日の天皇杯準決勝の敗退をもって、ガンバ大阪の2016年シーズンは終了しました。

よって、私のガンバ大阪観戦も今年分は、終了。

忘れないうちに、今シーズンをまとめておきたいと思います。

思えば2016年は、元日に2015シーズン最終戦・天皇杯決勝を味の素スタジアムで見ることから始まりました。

決勝戦の生観戦は、万博でJ2優勝が決まった試合も見ておらず、全くの初めてでした。

優勝を生で見届けたのは、初めてで、感極まったのを昨日のごとく良く覚えております。

チケットがなかなか手に入らず、無理に無理を重ねて、見に行った味の素スタジアム。

パトリックのゴールで先制し、パトリックの追加点の決勝ゴールで優勝した試合でした。

でもあんまり試合内容は、覚えていません。

良く覚えているのは、とてもよい天気で、初日の出が綺麗だったことだったり、

行きの新幹線を品川で降りた時、ガンバサポさんと「来年の天皇杯決勝は吹田スタってニュースで出ていましたね」と話したことだったり、

スタジアムから見た富士山、そして圧倒的なレッズの応援だったり、

アルビレックス新潟ユニの年配観戦者が近くにおられたことだったり、

優勝杯を掲げる直前、ヤットさんが、明神選手の「17」番ユニを着てて背中を指さしたことだったり、

カンピオーネチャントを歌ったことだったり、

帰りの味の素スタジアムから飛田給までの道が、超混雑して大変だったことだったり、

そんなことですね。

どれもがとってもいい経験でした。

前置きが長くなってしまいました。

 

それでは、まとめです。

まずが、2016年の生観戦試合数!

トップチーム公式戦、24試合。吹田スタ23試合・埼玉スタ1試合。

10勝・8敗・6引き分けでした。

吹田スタ23試合(10勝・7敗・6分)・埼玉スタ1試合(1敗)。

内訳

J1リーグ、8勝5敗4分

ACLグループステージ、2敗1分

ルヴァンカップ、1勝1敗1分(うち1敗は埼玉スタ・決勝)

天皇杯、1勝

 

その他として、

プレ・シーズン・マッチ(パナソニックカップ)1勝(吹田スタこけら落とし)

J3リーグ

2勝3敗4分(吹田スタ3試合・万博6試合)

 

トップもU23も負けたり・引き分けたりした試合の多かったこと・・・

吹田スタジアム初年度でしたが、かなり残念な結果でした。

吹田スタのチケット代が値上がりしたこともあって、ホーム重視で、アウェイは全くいけませんでした。

その中で印象に残ったこと・・・

 

ベストゲーム

ルヴァンカップ準々決勝第2戦 vs広島戦・スコア6-3(9月4日)

勝ち抜け状況がめまぐるしく変わりながら、打ち合い上等の展開になり、後半はゴールラッシュ。単純に楽しかった!

もし生観戦してたら、J1最終節川崎戦になっていたでしょう。

 

ベストゴール

J1リーグ・1st3節 vs大宮戦(2-1)(3月11日)の2点目阿部選手のゴール!!

左サイドを完璧に崩したゴール。遠藤選手の裏抜けスルーパスを藤春選手が走り込み受けてのマイナスクロスを阿部選手のゴール

 

ワーストゲーム

ACL・グループステージ4節 vs上海上港戦(0-2)(4月6日)

何もできませんでした。何もさせてもらえませんでした。

 

吹田スタジアムのスゴさを感じたで賞

J1リーグ1st10節 vs浦和レッズ戦(1-0)(6月15日)

試合ラスト2分のガンバ大阪に対する応援!!

ゴール裏だけでなく、メイン・バックも手拍子に加わり、スタジアムが一体となった応援が素晴らしかった!

こんなところでしょうか!?

次に、このブログでの2016年、読者が多かった記事をご紹介。

上位、3本は、試合のことじゃなくて、吹田サッカースタジアムについてのエントリーでした。

一位・吹田スタジアムからの帰路が楽になるちょっとした情報 (2016年6月4日)(約3,000PV)※1

二位・駐車場の完全予約制は新スタジアムが建設できた要件の一つ。できるだけモノレール・バスで新スタへ (2016年1月29日)(約1,700PV)

三位・なんとかして、吹田サッカースタジアム帰路、自転車編(約1,500PV)

四位が、初めて追加審判を入れたガンバ大阪U23のvs相模原戦の試合のことを書いたエントリーで年間650PVでしたので、上位3つが圧倒的でした。

一位のエントリーなんか、最近になって「吹田スタジアム」でググルとトップページに出てきて、書いた本人が驚くとともに、吹田スタの帰路アクセスについて、気にしている人が多いことを改めて感じています。

ガンバさん、改めてスタジアムアクセスの本気の対策をお願いしたいと思います!

 

さてさて、昨日の天皇杯準決勝の結果を持ちまして、ガンバ大阪の2017シーズンのプレイオフからのACL参戦がきまりました。

2017年2月7日(火)が初戦となります。

それに伴い、始動日が1月15日となることもリリースされています。

いつになく移籍で出ていく選手が多いことが、心配されますが、ガンバロスの期間は短くてすみそうです。

新年も、試合そのものより、引き続き、試合周辺のことを主に綴っていこうと思います。

できましたら、よろしくお付き合いください。

みなさま良いお年をお迎えください。

※1・天皇杯決勝で吹田サッカースタジアムに起こしの方へ

クラブワールドカップでは、吹田スタジアムのゲート3からの退出方法が、ガンバ主催ゲームとは違っていました。

ゲート3から、時計周りにゲート2の方向に、人を誘導していました。ついては、天皇杯決勝開催時の退出時にも、この方法を導入する可能性があります。アウェイ側(南側・右側)、バックスタンドの観客の方は、お気をつけください。その時の係員の誘導に従ってください。

| | コメント (0)

2016年12月18日 (日)

とりあえず観戦報告、クラブワールドカップ@吹田スタ。世界初ビデオ判定などいろいろあった!

12月14日(水)にクラブワールドカップ、5位6位決定戦と準決勝の2試合を見に吹田サッカースタジアムに行ってきました。

JFAかFIFAかわからないけど、観客の需要予測誤ったかなぁ~。チケット販売初日にホーム側ゴール裏買ったのにV層の端だなあっ~と思ってたけど、真ん中ガラガラ(というより2試合とも人いなかった)だった。(´;ω;`)ウゥゥ

到着した吹田スタジアムの周辺は、11日に比べてフォーリナーさらに多し。

緑のユニが多かったから南米、コロンビアのアトレティコ・ナシオナルのサポさんですね。

Dscf64681jpg

さて1試合目は、全北現代(韓国)vsマメロディ・サンダウンズ(南アフリカ)16時30分キックオフ

Dscf64691

この時点でマメロディ・サンダウンズが吹田スタジアム記録達成。

ホームとアウェイ側の両方で試合したことのある初チーム!

Dscf64761

試合開始時はガラガラだったな。公式観客者数は5,938人。平日昼間やけど、もうちょっと入ってほしかったな

全北現代は、鹿島の後半の戦い方を参考にしたなぁって思った試合。

サンダウンズの縦に長めのボールでサイド深くに足の速いFWを走らせて最終ラインを突破する戦法を前半から出させなかった。

試合を支配した全北が18分キム・ボギョンのゴールで先制。

29分にも全北、そして41分のオウンゴールで3-0になった時点で決まってしまったかな。

後半、サウンダウンズがエリア内右45度から打ったミドルのファインゴールで一矢報いたが、それまで。

最終スコアは全北現代4-1マメロディ・サンダウンズ

ちょっと大味の試合でした。

歴史的な試合となった2試合目は19時30分キックオフ

アトレティコ・ナシオナル(コロンビア)vs鹿島アントラーズ

Dscf64831
ホームゴール裏東よりからバックスタンドにかけて終結したアトレティコ・ナシオナルサポ。

試合前、場所柄、お好み焼きの「at・the21」や「フラン・エレガン」に列をなしてました、アトレティコさぽさん。

あそこの2店だったら吹田スタ内でも味は高品質保証(私、贔屓の2店)できるから、喜んでもらえたんじゃないかな

コンコースでは、日本人との記念写真撮影会があちこちに。ガンバの試合では見慣れない国際試合ならでは光景だった。

Dscf64881

アトレティコ・ナシオナルのアップ

Dscf64931

FIFAアンセムが鳴り出すとやっぱり盛り上がる

試合前には、シャペコンセの選手・関係者に対する黙とう。アトレティコ・ナシオナルはある意味、当事者ですからね。

攻めるアトレティコ・ナシオナルに守る鹿島の構図かなって試合前思っていたんですが、序盤から鹿島にも決定的チャンスがあった。

これは、面白い試合になりそうって見ていて、だんだんアトレティコの攻めが多くなってきている中で起こった。

この試合のターニングポイントはなんといってもこれでしょう

Dscf65011

32分ごろ、ボールがメイン側中央ややアウェイ寄りでサイドを割って、選手がスローインをしようとしたところで、主審が試合を止めた。

なんだろうと思ってみていたら、主審の手が四角「□」を描いたから、私はビデオ判定だとは分かったが、いったいどのシーンが対象???となったよ!

(事前にこの大会ではビデオ判定が初導入されるということは知っていた。)

対象となったFKからのゴール前競り合いのシーンって、かなり前のプレイだったからね。

私の頭の中の短期記憶では、このシーン流されてしまって、覚えてなかった。

それほど惜しいシーンでもなかったし、主審も選手たちも当然のように試合続けていた場面だったからね。

主審の判定後、会場内にも対象シーンのリプレイがビジョンで流されたけど、こんな前のプレイをビデオ判定するのか~っていうのが、その時思ったこと。

もう一つは、判定時間は1分超ぐらいとおもうけど、時間がかかるな~、流れが切れるなぁって思った。

24分のアトレティコのシュートがクロスバーを叩き、その跳ね返りのボールのシュートを鹿島デフェンダー(昌子)が跳ね返したあたりから会場内が異様な盛り上がりを見せていたんですが、この中断で流れが完全にぶち切られた。

負傷とか、レッドカード退場とかでも中断ってあるけど、あれは試合の流れの中で起こるからあんまり違和感ないんだけど、今回は、プレイをさかのぼっての中断で違和感ありありだった。

サッカーの大きな魅力のひとつが攻守の切り替えの速さだと思っているんで、それをぶち切る要素が増えるのは、あまり望ましいものではないということを体験したね。

もちろんジャッジ的には正しいとは思っている。またビデオ判定(VAR)が、今回を持って不要だとも思っていない。

でも試合を生で見た感想は上のとおりだ。

たぶん、フリーキックの直後に主審主導で試合が止められていたら、全然違った印象になったと思う、

運用を改善する余地は大ありです!

Dscf65031

FIFA主催大会史上初、ビデオ判定による獲得PK!主審ビクトル・カッサイ(ハンガリー)・得点土居聖真 (日本) 33' 場所・市立吹田サッカースタジアム

世界に吹田サッカースタジアムの名前を発信しましたね。ホントに!

前半のうちに取り返そうと前半の最後は、アトレティコが攻めてきましたね。

でも取れなかった。

後半に入ってますます圧力かけてくるけど、時間がたつにつれパスミスが増えてくるアトレティコ。南米王者にしても、こうなるんだ~って見ながら思ってました。

83分、アウェイ、ゴール前でキーパーともつれたな~と思ったら、ゆっくりボールがゴールに流れ込んいきました。

リプレイで鹿島の遠藤選手がヒールで流し込んでいるのを見て、鹿島勝ったなと思った次第。

最後にもう一点鹿島がとり、アトレティコ・ナシオナル0-3鹿島アントラーズ

で試合終了でした。

Dscf6506_2

鹿島がクラブワールドカップ史上初の日本クラブの決勝進出となりました。

なお、9時を超える試合でしたが、鳴り物鳴りやまず、その点が実にもったいない試合でもありました。

| | コメント (0)

2016年12月13日 (火)

とりあえず観戦報告、クラブワールドカップ@吹田スタ。本家、人力アントラーズを次こそ見せてくれ!

12月11日の日曜日、クラブワールドカップの試合を見に吹田サッカースタジアムに行ってきました。

ゲート3からのスタジアム周りの帰路が、ガンバ戦とどうも違った運営のような吹田スタジアムでした。

午後4時からの試合に吹田スタジアムについたのは午後3時頃。

自転車を元ガンバクラブハウスの駐輪場に置く。ガンバの試合と違って駐輪場ガラガラ。客層の違いを感じました。遠くから来られている方多いんだろうなぁ。

メイン側に回ると、スタジアム外テントでトロフィーエキジビションをやっていたので見る。

Dscf64291

各大陸王者のユニフォームとトロフィー+CWCのトロフィーが展示。

CLと南米は、トロフィーはなかったかな。

アントラーズユニとJのトロフィーも。

ちょっと並んで入場したけど、無料で写真撮影もOKなので、見る価値ありですね。

もう一度バックスタンド側の指定入場ゲートのゲート4まで行くと、予想はしていたけど、そこそこの入場列。

カバン等のチェックにプラスして金属探知機でのボディチェック。

身につけている金属製品をビニール袋に入れるように、アナウンスしていたんで、ネックレスとか指輪なんかひっかかるんでしょうかね?

私は、持ち込み水分も、水筒と紙パック飲料にしてたんで、な~んもひっかからなかったんで早かったけど、結構ペットボトルで引っかかっていたりしたかなぁ。

入場してから、手洗いで、寒さ対策でさらに着こんで、指定の席についたんはキックオフ15分前でした。

選手紹介が結構あっさりとした天皇杯みたいな紹介でちょっと拍子抜け。

特段セレモニーもなく、いきなりFIFAアンセムでのレフリィー・選手入場でした。

全北現代(アジア王者)vsクラブ・アメリカ(北中米カリブ王者)

Dscf64361


シャペコエンセのスタッフ・選手に黙とうをしてからのキックオフ

Dscf64371

試合内容は、私のいつものブログ仕様で割愛

一言だけ書いておくと、テクニック&フィジカルのクラブ・アメリカに対して組織の全北現代という様相の試合でとても見ごたえがあったですね。

劣勢だった全北現代が先制したんで、余計おもしろい試合展開になりました。

Dscf64431

結果は、全北現代1 - 2クラブ・アメリカ

Dscf64461

敗れた全北現代のサポーターへのあいさつ

勝利したクラブ・アメリカが、横浜でCLチャンピオンのレアル・マドリーと対戦です。

第2試合まで約1時間半。

夕食のためにスタグルへ

店にいつもの看板がなくて、どこも一緒(のようにみえる)赤い看板に赤いメニュー表示。

どうもスポンサーに配慮したCWC特製仕様。

見た限りでは、いつものお店なんだけど、字は小さいし、店名はないしで、覚えている店配配置を思い出して選択。

CWC仕様、これ吹田スタに慣れてないと、とっても選ぶの困るゾ!

混む前にということで、安定の箕面フレンチ「フラン・エレガン」さんのチキン・コンフィー。だけでは、量が足りないので、初めての「チキンコンフィ&洋風キノコの炊き込みご飯(¥1,000)」を選択。

めっちゃ美味し!

「フラン・エレガン」は、ほかのスタ店より、店構えは小さ目やし、値段は高めですけど、どれもとっても美味しいです。

吹田スタのVIPルームのお食事提供店でもあります。

買って自席に戻ろうと思っていたら、ホームゴール裏が、ボンボコ、ボンボコとアフリカン・サウンズあふれていて、とっても賑やか!

Dscf6447_2

アフリカ王者のマメロウズ・サンダウンズ(南アフリカ)のサポ

次の試合マメロウズ・サンダウンズのサポーター100人いるかいないかが、盛り上がったいたのでした。

実は、一試合目の最後の方から既に太鼓の音が響いていたので、いかにも待ちきれないって感じだったんですよね。

周囲は撮影会場と化していたので、あちこちに映像があがっているんじゃないかな。

彼らは、試合直前には、場内にウェーブを起こそうと奮闘。

10回ぐらいは右に左にトライしたあげく、遂には周りちらばり、日本人観客に指導を入れて、本当に場内をめぐるウェーブを起こしたんは感動モノでした。

Dscf64481

2試合目 マメロディ・サンダウンズ(アフリカ王者) vs 鹿島アントラーズ(開催国王者)

Dscf64551

これも詳しい試合内容は割愛

前半は、FWの速さを生かしたマメロディ・サンダウンズの一方的な試合。鹿島はGK曽ヶ端が大活躍しなければどうなったことやら。

でも前半をスコアレスでしのげた。

後半は、すぐに攻守が入れ替わったことが感じれる状況。これだけ、前後半で変わることも珍しい。

63分ついに鹿島が先制。この時、場内がホーム側ゴール裏も含めて大歓声になったんは、ちょっと驚いたな。

鹿島が先制したあとは、マメロディ・サンダウンズは、長旅の疲れがでたのか一気にモチベーションが下がったか、運動量も落ちて、FWまでボールが渡らなくなってしまった。

こうなると私の興味は21時以降鳴り物禁止になったあとの鹿島アントラーズの応援がどうなるか。

吹田スタジアムは21時以降鳴り物禁止で、この試合19時30分キックオフなので、21時を超えることは確定試合。

ツイッターでつい先日「人力アントラーズ*1」なる動画を知って、もう面白くて、ある面感動して、本家アントラーズが、鳴り物なしで、どうなるかメッチャ興味を持ってしまったんですよね。

ホームゴール裏(ちなみ鹿島はアウェイ側)でも、21時過ぎたら「ダン・ドン、ダン・ドン」って拍子とっている人がいたから、相応に「人力アントラーズ」浸透しているんだと・・・

結果、鹿島サポさんは、選手コールを中心の応援に切り替えていました。

「鹿島アントラーズ」コールもあったかな。

口ドラムは、とっても難しいだろうけど、14日の試合「ロール3」を期待してしまう自分がいます。

それはそれとして、声だけの応援って、結構いいもんです

その前に、吹田スタジアムのローカルルールを守ってくれた、鹿島アントラーズサポさんと、アフリカから参戦のマメロウズ・サンタウンズサポさんには大変感謝します。

Dscf64611

マメロディ・サンダウンズ 0-2鹿島アントラーズ

鹿島アントラーズは大変勝負強かった!

この結果12月14日(水)の市立吹田サッカースタジアムでのクラブワールドカップの試合は、以下のようになりました。

5位・6位決定戦 16:30KO 全北現代vsマメロディ・サンダウンズ

準決勝   19:30KO アトレティコ・ナシオナル(南米王者)vs鹿島アントラーズ

この日も一番安い価格帯のホームゴール裏・V層で観戦予定です。

ちなみに、今現在(13日10時30分)チケットは絶賛販売中のようです。

 

 

 

*1:人力アントラーズ 今年の3月に公開された1分ほどユーチューブ動画をみるとわかります。ググると一番上にきっとでてきます。

鳴り物禁止の武蔵野陸上公園でホンダロックサポ等が鹿島アントラーズのチャント「ロール」を口ドラムで再現したものです。 その再現度がスゴイです。

【追加】貼っときます。

| | コメント (0)

2016年11月13日 (日)

取り急ぎ観戦報告・ガンバ大阪U23 2-2秋田(ホーム最終戦)

J3リーグのホーム最終戦セレモニーのあった吹田スタジアムから帰ってまいりました。

Dscf63451_5

今シーズン初参入したJ3リーグ。

ガンバ大阪U23の試合観戦は、今日で9試合目

で、みた中で今日が一番U23らしい試合でしたね。

まずもってメンバーが、サブも含めてオーバーエイジが小椋選手ただ一人。

今までの試合は、ミッドフィルダーに二人から三人オーバーエイジを起用することが多くて、そこを核にして試合を運んでいる感じがあったからね。

また試合によっては、トップチーム選手の調整目的が、育成と混合しているように感じる試合も、そこそこあった。

その点、今日は小椋選手が攻守に効いていて、指示も頻繁にだしている姿をみましたが、それでもやっぱり、市丸選手のタクトで動いているガンバでした。

今日のメンバーだと、U23っていっても、スタメンに19歳までの選手が6名。

相手にフィジカル勝負に持ち込まれたら部が悪い。そこをテクニックでどうかわして、連動したパスワークで攻めていくか。

実際そういう場面が、そこここで頻出。そこが魅力の試合でした。

相手に二人・三人と囲まれた場合のアイデアは堂安選手が抜けてますね。

後半の後半でしたか、三人で囲まれた中を浮き球の縦パスで打開してチャンスメイクした場面は、場内どよめきました。

2失点は、防げたんじゃないかなぁというミスから始まっていて、ドローという結果を招いているんで、それは反省していただきたいですね。

反省して~とだけで済んでいるのは、U23チームは、降格も昇格もない、育成目的の特別扱いのチームやからかもしれない。

今後、プロの興行として、U23をやっていくには、もっと攻撃的に魅せてくれてもいいかもしれないですね。

Dscf64081
最終戦セレモニーで選手を代表してあいさつする堂安選手

| | コメント (0)

2016年11月10日 (木)

取り急ぎ観戦報告、天皇杯4回戦、ガンバ1-0清水(延長)@吹田スタ

昨夜は、吹田スタジアム行われた天皇杯4回戦 vs清水戦を着ぶくれしながら見てきました。

ヒートテック2枚重ねにダウンにマフラー、手袋、ひざ掛けと防寒対策バッチリ!

寒そうに体縮こめている人が多いなかぬくぬくと見てました。

吹田スタジアム初は、入場時のセキュリティチェック。

手荷物だけでなく、ポケットの中のスマホとか、キーとかの金属物までかごに入れて、チェック。さらに一人ひとり金属探知機でチェック。

空港のボーディングチェックみたいな警備体制でした。

もっぱらクラブワールドカップに向けて予行演習とのうわさです。

昨日は9000人弱の入場者だったから、午後6時過ぎに入場したときは、そんなに時間かからなかったけどね。

12月のCWCは吹田スタの2日間は、ちょっと時間に余裕をもってかないといけませんね。これは。

もう一つの吹田スタ初は、バックスタンドのSA席がゾーン指定の自由席だったこと。

行った時点で思ったんは、ガンバ側のSA席が結構埋まっているなということ。

もともと今回は、中段から上で見てみようとおもってたから、あわてはしなかったけどね。

結局、C14ブロックの17列目(吹田スタの下層は全24列です)で、両隣の席は空席状態でゆっくりみてました。

ただ、斜め前の人がごっつい背の高い人で、浅く腰かけていい姿勢で見てはったから、頭でピッチが幾分かくれてしまった。吹田スタでは、前席の人で見にくいこと今までなかったから、逆にちょっとびっくり。

次回から自由席選ぶときのチェック点やね。

あと、17列目やと、バックスタンド側のビジョンがほんの少しだけ、見切れた。もちろん対角線上にあるメインスタンドのビジョンは文句なく見えるんで問題はないんだけどね。

ただ、目の悪い私の場合は、選手名とかを見るとき、後ろ側になる近いビジョンを見る。

天皇杯ではないけど、リプレイも近い方のビジョンでみたいから、これ以上後ろの席はビジョンの見切れる部分も多くなるから、私にとってはNGやということがわかった。

さて試合。

前半から圧倒的に攻めていたんはガンバ。

これは、そのうち点が入るとみてたんだが、最後の最後で清水のディフェンスががんばっていて、だんだん難しい展開に。

0-0でハーフタイムは、今日は決まらん日やなあ程度で別に問題なかったんだが、後半30分を超えてくるとさすがに・・・

40分もすぎると、相手のカウンターがこわかったです。

延長になったときは、ちょっとほっとした。一旦、仕切りなおせるからね。

延長前半、5分ぐらいで午後9時になり、応援の鳴り物がやみ・・・

清水の応援も少し太鼓をやめるのに時間がかかったけど、ちゃんとやめてくれたね。ありがとう。グリコとか、あれ太鼓なかったらできひんやろね。

ガンバは手拍子でできるチャントも結構あるし、鳴り物なくなった分、バックスタンドも手拍子する人増えたりしてた。

延長前半の15分も得点の動きなく、あっという間にすぎた感じだった。

延長後半になっても、負ける気はしなかったけど、機会はあっても得点入らず、ロングボールが増えてきたなとなってきた時間帯に

CKから長沢選手がきれいなバックヘッドを決めて、1-0決着でした。

ようやく決まったかってな感じの試合でした。

てこずりましたが、ガンバ1-0の勝利です。

天皇杯の次は12月24日。

少し時間があきますが、次もいきますよ

| | コメント (0)

2016年11月 8日 (火)

天皇杯4回戦vs清水戦19時キックオフ・緊急服装プレヴュー

ガンバ大阪は、明日11月9日・19時キックオフ@吹田スタジアムでvs清水エスパルス戦です。

シードされていたガンバにとって今シーズン初戦の天皇杯の4回戦です。

3連覇目指して負けられない戦い!!

もちろん仕事を終わったあと、ダッシュで吹田スタジアムに向かう予定です。

気になる天気は、降水確率0%の「晴れ」!!ヤッタ~!!

19時の予想気温は8度。え~えぇ、8度ッ!!

寒いと思っている、今日(8日)の19時の気温で15度ですよ~

これは、寒い。真冬のかっこうが必要や

ということで、試合プレヴューならぬ、服装プレヴューです。(試合プレヴューなんか私に書けるわけがない・・・)

明日の吹田スタでの服装予定を公開いたします。

参考になるかどうかわかりませんが、参考にしてください。

ちなみ私は、バックスタンドですので、動きません。ですので、ぶくぶくに厚着します。また50を過ぎたオッサンです。

ゴール裏の方は、応援で声だししたり、手を叩いたり、飛んだりするでしょうから、そこのところは、自分で考えて引き算してください。

まず、足元は、厚手のすねまであるような長靴下を1枚はきます。

アンダーウェアは、上も下もヒートテックを2枚ずつ重ね着。

下は、ヒートテックの上にデニムのスボン。

上は、ヒートテックの上にフリースを着て、その上にレプリカユニ、さらに上に厚手のダウンを羽織ります。

首筋は、フリースのマフラーを巻いて、ガンバのタオルマフラーをかけます。

帽子かぶり手袋をします。

そんでもって、冷えた椅子がいやなので、ガンバの携帯クッションを持参。

で、ひざ掛けを2枚用意して、寒さによって、1枚かけたり、2枚かけたり。

まず間違いなく明日はこんな格好です。

もちろん仕事中はスーツも着用しているし、こんなに着てられませんので、持っていって着替えます。

どこで着替えるかは、仕事の進み具合によるかな。

最悪、吹田スタのトイレで着替えですね。

ちょっと荷物がかさばるんですけど、ガンバ観戦で風邪をひくわけには、仕事的にも、家庭的にも、絶対あってはならないんで、(次からガンバ行くなぁ~っていわれる)、あったかくして観戦します。

真冬の観戦はいつもこんな具合ですかね。

デーゲームの場合は、バックスタンドは太陽が当たって、真冬でもあったかいこともあるんですが、ナイトゲームは、絶対ブクブクです。

昨年までの万博の時は、さらに雨対策もしなければならなかった・・・ことを思えば、楽チン、楽チン!

では、ご参考まで・・・・

| | コメント (0)

2016年11月 3日 (木)

取り急ぎ観戦報告、番外@ガンバ大阪×吹田バル(JR吹田駅前)

JR吹田駅前で行われたガンバのアウェイ戦のパブリックビューイングに行って、23番・菓匠象屋さんでバルメニューの「どらやき5個入り(通常価格810円)」をバラ券700円で買って帰ってまいりました。

いや~メッチャ盛り上がった、パブリックビューイング(PV)でした。

今年は吹田スタであった、あまり覚えていないアウェイ・FC東京戦のPVもいったけど、試合内容もあるけど、吹田の方々の気合の入れ方違うかったな。

ここ数試合、吹田スタで試合前とかにチラシ配ってらっしゃたので、当日晴れていたら、ちょっとおもしろそうやし、覗いてみようかな~という感覚で行ってきました。

JR吹田駅って過去2回しか行ったことがなくて、バス・阪急・歩きで約1時間かかって結構遠い。(吹田スタは自転車で25分やねんけど。吹田市結構広い!)

家を11時半ごろでて、PVの入場開始が12時のところ12時30分頃着

行って、PVがイベントで、吹田界隈を食べ歩こうというという「バル」がメインということがわかったけど、早メシ、家で食べてきてしまった~(あらら)

会場前方はバルチケット前売り3000円分を買ってる人の優先席やったけど、後方は誰でも入れる席で、そこへ着席。

数えたわけじゃないけど全部で600席くらいで、5割ぐらいすでに埋まっていたかな。

青黒ユニ率6割ぐらいはいたかな。思った以上に多し。

入場時、飲み物1本プレゼント、ありがとうございました。協賛とりつけるって努力してはるやんか~

ハリセンになる厚紙の参加店リスト。ナイスアイデアです。応援時、めっちゃ効果でていましたね。

「バル」の食べ歩くという趣旨から、参加店72店のリストのほとんどが飲食店。

一人やし、年齢からあんまり食べらへんし、でも、こんだけガンバ推ししてくれてたら、ちょっとは貢献したいしということで、先に記したお土産にできるどらやきをチケットで購入。

あの~、趣旨とはちょっと違うやろうけど、吹田土産にできるようなものあったら、もう一枚ぐらいはチケット買ったよ!

試合前に、スタジアムMCの内藤朝華さんの司会で木場さんの解説があったり、チャント練習があったり、スタメン紹介あったりで、結構本気度高かったな。

後藤市長もあいさつに来てて、吹田スタでのキックインで子どもにぶつけて焦った話しをしてました。

で、肝心の試合は、前半は、ホントぐだぐだ。ガンバいいとこなし。家で一人で見てたらチャンネル替えたりしかねないレベル。2-0

前半終了待たずして、岩下OUTの阿部INなんて、今シーズンいまだみたことない采配だったもんね。

後半の入りも悪くて、バー・ポストによる守備に何回助けられてことやら・・・

からの65分藤春のゴールからの・・・

リプレイやってる最中に次の得点機会が来るという、圧倒的な展開。2-2。

もうここからは、会場盛り上がること、盛り上がること・・・

PV会場のコールリーダーに反応してハリセン叩くだけでなく、スクリーンから届く等々力の応援に反応してハリセンが打たれていたもんね。

そして76分アデミンソンのミドルがゴール右に突き刺さり逆転!!!

立ち上がる人、圧倒的多数!!!

そのまま、危なげなくにげきりました。

最終スコア、川崎フロンターレ2-3ガンバ大阪

ワーストゲームに近い状況からのベストゲームへの劇的転回。

あ~あ楽しかったなぁ

帰りには、その場で使える金券300円分までいただき、ありがたく使わせていただきました。

今度あったら、お腹すいた状態にしてきます。

ガンバ大阪×吹田バル

| | コメント (0)

2016年10月29日 (土)

取り急ぎ観戦報告、ガンバ3-1新潟 ホーム最終戦

 今シーズン最後のGマガジンと2017年ガンバカレンダーを購入した吹田サッカースタジアムから帰ってまいりました。

早いもので、2016シーズンのホーム最終戦。試合後半途中までは日があたって暖かかったですが、陰ると途端に寒くなりました。

ヒートテックを下に着こみ、長靴下をはいての観戦でした。

試合は、5分にアデが相手CBからボールを奪って、キーパーとの一対一を落ち着いてゴール左に流し込むように決めあっさり先制。

アデ上手い!

新潟にとっては、あそこでセンターバックのあのミスはいただけないですね。

そこからは、降格争いしている新潟がガツガツきましたけど、ガンバが無理して攻めてないように私にはみえました。

でも35分コーナキックからファーのラファエル・シルバに決められ1-1

この時ニアに入ってきた鈴木武蔵だったかなと東口が交錯しているようにみえたんだが、審判はノーファウルでゴール認定でした。

後半51分、ラファエル・シルバがシミュレーションをとられ2枚目イエローの退場で、俄然ガンバ優位に。現地では、もつれた後倒れたんで、何のイエローかよくわかりませんでした。

60分、遠藤選手が縦に浮かせ球のパスをエリア内に送ったところインターセプトしようとした新潟ジェームスだと思うが倒れながらハンドでPK

このPKを遠藤が決め自身100ゴール目で2-1。これがガンバの選手による吹田スタ初のPKゴールですね。やっとこさ、PKが成功しました。ズーット失敗なんていやですから、良かった良かった!

ここからは、今日は両サイドからの攻撃が機能していましたね。ジェソクがこんなに攻撃参加、多数していたのは初めて見たような気がする。

この時間帯は、いつガンバのゴールが生まれてもおかしくない状況やったのに、71分大森が抜け出したのは、抜け出しすぎて角度がなくってサイドネット。

76分大先生は、右45度からクロス入れると思ったら、意外やシュート選択でクロスバー。見ててのけぞった!目の前やしね

83分のこぼれ球に対する井手口のミドルは、カキ~ンと左ポスト。惜しすぎ~

結果論やけど、ここで決めといて試合決着していたら、新潟さんの2人目退場はなかったんと違うやろか。後味、悪い試合になったもんな

追加タイムまで同点の可能性を残したもんやから、発奮しすぎたんかな

事件はアデショナルタイムに・・・

岩下は、余裕かましてたら、プロフェッショナルファウルせなあかんシチュエーション作るわ・・・。後ろにまだディフェンスいたから、黄紙で済んだけど・・・。

ガンバにイエローでて、その後なんか新潟が審判に詰め寄っている、あれイエローカードが舞って落ちているぞ、と思っていたら、もう一枚審判が赤だしてるぞ。退場だっ!て感じでした。

正直、遠いサイドだったんで現地ではよくわからなかったんです。審判の判定に抗議してカードはたいて捨てたみたいですね。レオ・シルバ退場ですわ。

ラファエルの時も審判と揉めてたんで、イライラがつのったんかな・・・

そのあと、6分の追加タイム予定が、もめた関係で、さらに長くなり押し詰まった8分にガンバが攻め込み、ゴール直前での井手口シュートのこぼれ球を詰めていた呉屋がJ1リーグ初ゴールを決め3-1で決着しました。

勝ったんはうれしいけど、相手チームとはいえ降格争いしているチームの大黒柱二人が退場で次節出場停止は、こころ痛むな・・・

勝利の儀式は後回しで、ホーム最終戦セレモニーへ

黄金の脚賞の井手口選手のたどたどしい笑顔と遠藤キャプテンの「元旦の予定は開けといてください」が印象的でした。

天皇杯4回戦はチケット買いました。決勝戦も売り出したら買っておこうと思っています。

あと、U23も最終ホーム戦はいくぞ!

| | コメント (0)

2016年10月18日 (火)

観戦報告、ルヴァンカップ決勝・ガンバ大阪1-1(PK4-5)浦和レッズ @埼玉スタジアム2002

初の埼玉スタジアム2002へホーム扱いだけどアウェイへ行ってきました。

東京に一泊して、日曜日の昼に帰阪しました。

決勝当日の朝、機上から朝日に輝く吹田スタジアムが見えた時は、いいことありそうな予感がした遠征でした。

でも結果は、皆様ご存じのように1-1ドローのPK決着の準優勝でした。

悔しいい~!

けど、やれることはやった感も大きい試合内容だったと思います。

2週間前の直前の対戦で0-4の大敗内容から、返り討ちにあいそうな心配が心の底にはあったんですが、試合開始したら、「いいんじゃない、ガンバ~」って思える内容の濃い試合でした。

井手口選手の刈り取りよかったなぁ~。明神選手を思い出したな~。攻撃面も成長しているから、いい選手になりそうですよ。ホントに。

ゴールに至ったアデのターンうまかったな~!来季もガンバ確定で、ありがいたいです。

キーパーの東口選手、練習中からパントキックをやたら高く上げていたなぁ~。なんか狙いがあったんかなぁ。相手シュート何本セーブしてくれたことか。

90分+4のラストプレーのFK。丹羽選手だったかのヘッド。決まったいたらヒーローだったな。オフサイドだったけど・・・。興梠には、何言ったの?

金選手、やっぱ今年一番伸びたよなあ。だんだん安定感増してきているよね。

倉田と藤春と大森選手。走りまくりやわ~。どんだけスプリントすんねん

キャプテン遠藤。最後のPK時のレッズサポの大ブーイング凄かったなあ~。でも、何もないかのように淡々と決めるとこ、大したもんだな~

ルーキー呉屋。延長後半終了前のシュートは、見ててホントにのけぞったよ。右ポストにあたって、ライン上を転がるボールが目に映像として残っている。PKは、ドンマイ。次、機会があったら決めてくれ

今野、米倉、長沢、藤本選手、みんな頑張ってくれたなぁ

Dscf61451

バックスタンドのガンバ応援側の指定席だったんですけど、前から6列目だった私ぐらいの席まではガンバサポが大半。でも7列目よりちよっと後ろは、ガンバ・レッズ半々ぐらい・・・。もうちょっと上になるにつれてレッズサポの方が大半というアウェイ感満載でした。

Jリーグ女子マネの佐藤美希さんのブログに浦和のコレオの写真が載っていたんですけど、バックスタンド、自分がいたあたりだけが、ガンバサポで当然ながらコレオなし。http://ameblo.jp/sato-miki-blog/entry-12210373066.html

スタンド全体から見たら圧倒的な少数派ですわ

決勝進出が決まった日の午後10時30分ごろに一般販売先行でとった席だったんですよね。その頃には先行販売での浦和の席は、売り切れとったからね。

あとは、推測。浦和側がなくなったから、しかたがない・・・・・。みたいな感じかな。

さすがに、ここらへんのレッズサポは、応援は自粛していておとなしく見ていたみたいやけどね。李のゴールの時はさすがに抑えきれないみたいで、おもしろかったけどね。

次回から、こんなシュチエーションの試合の時は、ゴール裏を取ることにします。何事も経験と勉強です

試合後は、東京に出て、気分転換!

スカイツリーのイルミネーション、とても綺麗でしたよ。特に、浅草・浅草寺から見た満月とのコラボレーションが素晴らしかったです。

※追記:家に帰ってからジェソク選手のメダルの件知りました。オ・ジェソク選手は、なんて男前なんでしょう。気遣いのできる人なんですね。

| | コメント (0)

2016年10月 5日 (水)

取り急ぎ観戦報告、ルヴァンカップ準決勝第1戦 ガンバ0-0マリノス @吹田スタ

前から3列目だとドボドボに濡れた吹田スタジアムから帰ってまいりました。

ガンバ大阪0-0横浜Fマリノス

スコアレスドローでした。

前半の中盤から後半にかけてのガンバの時間帯にゴールをとれなかったことがこの試合結果になったんではないかと思っています。

前後半通じてバーやポストに嫌われたんが何回となくあった試合でした。

でも、マリノスにも決定機はあったな。

両チームともに決定力がなかったですね。

台風で開催が危ぶまれた試合だったのにもかかわらず、観客一万人にオーバー

ガンバサポ、たいしたもんです。

アウェイの方も結構、来てくれてました。ビックフラッグ出せるくらいにね。

屋根があるっていいですよね。下層中段から上は、今日の雨でも全く濡れんかった思いますよ。

私は、前方の席をとったんで一時の大雨でびしょ濡れにはなりましたが、万博のことを思えば何てことはないです。

後ろの高い所から足元に流れ込んでくる雨水が、ないんで靴の中がグジュグジュという悲惨な事態にはなりませんでした。

今日は、アウェイゴールを相手にあたえませんでした。

9日の第2戦が、アウェイですが有利に戦えることと思います。

♪カップを~ つかみ取れ~

オオオーオオオーオオ

オッオッオッ ♪

※今日の試合、ゴールをウォッチする追加副審2名ありの6人審判でした。J3で一試合見たことあるけど、カップ戦では初めてみました。追加審判が見極めるようなきわどいのはなかったね

| | コメント (0)

2016年10月 3日 (月)

取り急ぎ観戦報告、ガンバ大阪U23 3-0 カターレ富山

(パソコン使用権をやむなく家族に明け渡していたので、書いてたのに試合当日にUPできなかった・・・(;´д`)トホホ)

前日のラクビートップリーグ開催のライン跡が青く残る万博記念競技場から帰ってまいりました。

8月7日の20節vs琉球戦以来、約2か月振りのU23生観戦でした。

あの時は、選手のモチベーションを心配するぐらいの情けない試合でしたが、今日は・・・・

今日は良かったです。完勝!

さて、今日は試合の入りは普通でしたが、7分左サイドをかけあがった初瀬が浮いたボールをエリア内でヘッドで処理しようとしたところ、クリアにいった富山の選手の足が顔面直撃。ハイッキックでイエロー&PK。

このPKを堂安がゴール右に決め先制。

堂安は直接フリーキックでもゴールの右角に当てたり、後半だったかな(記憶あいまい)強烈ミドルを右ポスト直撃もありました。

先制以降、ガンバが優勢もゴール決められずいた展開でしたが、前半のアディショナルタイムにゴールラインを割るかと思われたボールを高木が追い付き、左から折り返し、これに詰めた小川が決め2点目。

いい時間帯の追加点でした。

後半は、前半以上にガンバ優勢の展開。

ガンバの守備もよく、岩下が長い縦パスを通したりしていて、いつ、ガンバの得点が入るかなぁって楽しんで試合は見れていました。

2-0やったから富山が後半の早い時間帯に1点返していたら、違った試合展開になったかもしれないんだが、富山は、攻めることはあるんだが、ここぞという前目ところでミスが出てボールがつなげていなかったね。

そのうち入るやろうと思っていたガンバのゴールが決まらず、時間が過ぎていき

試合の最終盤は、ガンバは、カウンターには無理にはいかない状況。(周りの観客からは、ゴールを狙ってほしい声があちこちから)

それでも、その中で、何度かコーナーキックを得ていて、3点目の得点シーンは、アディショナルタイムに右CKから

初瀬のコーナーキックを野田がヘッドで右ポストを叩く惜しい流れから、一度エリア外にでるも、拾った岩下が中に入れ、受けた野田がゴール前右へ浮かしたボールを送り、それを妹尾がヘッドで決めるという、とどめを刺すゴールでした。

途中出場の妹尾は、これとは別に惜しいミドルもあったし、よかったですよね。

試合としては、先制、中押し、そして止めのゴールが見れて満足しました。

レッズ戦の痛みを、少しは癒せた、と思います

今日も入れてホームは残り4試合。うち10月30日鳥取戦は行けないこと確定しているのに3試合観戦券買ってしまった。

トップチームがチャンピオンシップ進出実質無理な状況になったので、U23でガンバを充足しようという計画です。

Dscf60071
ガンバベストプレイヤー賞のインタヴューを受ける野田選手

Dscf60091
試合中2回傷んだ初瀬選手、まったく問題なさそうです。市丸・堂安選手ともども代表でもガンバ

| | コメント (0)

2016年9月25日 (日)

取り急ぎ観戦報告、ガンバ3-3FC東京。押され気味の試合だったけど、勝つチャンスはあったよ!

少年サッカーの大阪府大会の開会式も行われた吹田サッカースタジアムから帰ってまいりました。

今日はFC東京戦!

結果はガンバ大阪3-3FC東京でドロー

前半からえらい打ち合いになった試合でした。

13分。相手1点目大森のミスから失点。クリアーを相手にパスしちゃった。

何やってンねんコータローと思ってたら、2分後にミス帳消しのミドルでモリモリゴール。15分1-1

18分。アデの縦パスに猛然と藤春がエリア左を駆け上がり、中の長沢にラストパス。これを決めて逆転!!

ここから一方的にガンバのゴールショーを期待したのですが・・・・

あれれ、で2分後、エリア前で振られて、見事に決められた。2-2

これは、落ち着かない試合になるかとおもわれたが、

ここから押し込まれた試合に。相手の39番中島翔哉が躍動しとった。そんな中、井手口のボール奪取などから、カウンターでの活路を見出すガンバという展開。

後半もじりじりした展開で、カウンターからアデにも長沢にもキーパーと1対1の決定的チャンスが・・・・

あれを決めていれば・・・って何回思ったことか・・・

ついに90分、途中入った藤本が振り切られ左サイドからのクロスを途中出場の平山に決められ2-3

が、が、アディショナルタイム1分、米倉がゴール前まで持ち込み、混戦の中で耐えて先に触った倉田がヒールで中に入れたボールを誰が決めたかわからんかったが同点ゴール。3-3。あきからハルー!

盛り上がった中、最後の攻撃!いけー!

が実らず

3-3の痛い痛いドローでした。

勝つチャンスは何回もあり、負けるピンチも何回もあった、しんどい試合でしたが、勝ち切ってほしかったな。

あとね。最後の方、遠藤大先生のバックパス?のパスミスにはキモを冷やしました。アレ~、何んですか~

吹田スタジアムはコンコースにたくさんの液晶モニターが登場!

じわじわより良くなっていってますね

| | コメント (0)

2016年9月11日 (日)

取り急ぎ観戦報告、ガンバ2-1甲府

昨夜は、ホーム吹田サッカースタジアムでヴァンフォーレ甲府戦でした。

Dscf58891


結果は2-1でのガンバ大阪勝利!

私は吹田スタ初のゴール裏でした。

Dscf58901

昨日は、ファンクラブ優待の招待券を使って知り合いをお招きしました。

で、いつものバックスタンドの年間席は、招待者に座ってもらったんです。サッカーにさほど興味のない方にいきなりゴール裏は、ハードル高いかと・・・

それで、私はゴール裏です。といっても、え~歳した病み上がりの体には、試合中ズーット立っての応援はキツイので、中層の端の方で、すわってチャントを歌っておりました。

周りは、子供づれの方で全員座っておられたので、キックオフ前やゴールシーン、フニクリフニクラなど要所では立っていた自分は、目立ってたぐらいかと・・・。まぁ~我ながら丁度良いポジションの席を選んだなぁ~と自画自賛です。

でも、できれば、年パス者のファンクラブ招待は、持っているカテゴリーと同じ席をいただければ、招待した方をアテンドできやすいんですがね。ガンバさん。

(もちろん、チェンジシートサービスとかは知ってますけど、どうしても持っている席より、だいぶ後方になってしまうし、別途お金もかかるし・・・)

試合前はブルスパとミュージアムにまず行ってご案内。ミュージアムは興味持ってもらえましたね。各種トロフィーや選手の足は意外と小さいとかね。あと今年の天皇杯の優勝記念看板とか

そのあとスタグルへ!一緒に一通りのお店を回って特徴を説明しながら選んでもらいました。結果、フランエレガンとAT THE 21のお好み焼きとチャレンジブースのサーティーワンのアイスを選択してもらいました。

フランエレガンは初めて買ったんですが、とっても美味しいですね。ボリュームはそんなにないけど、人に喜んでもらえますわ~。さすが、VIPルームのフレンチ提供のお店だけありますね。

あと、吹田スタにお招きする時は、トイレの場所をご案内するのも必須ですね。ちょっと、初めての人にはわかりにくい場所ですから。

Dscf58871_2

ハンドソープがついに設置されてましたよ~!

Dscf5894_2_2

人気、実力が図抜けた選手がいると、人を誘うときはやっぱり誘いやすいですね。

Dscf58961

そうそう、マッチデープログラムを誘った人にお渡しするのも結構重要だったりして・・・

Dscf59101

試合前の整列からの、両チームキャプテンによる差別撲滅宣言でしたっけ。ヤットさんが、ヤットさんらしくペーパーを読んでました。

Dscf59121

キックオフ前、円陣が解けたところ

Dscf59131

この位置からだと、サイドの攻防もバッチリですね。バックスタンドからだと、近いサイドの端の攻防は見がたいんですよね。

ピッチが近いスタジアムのいたしかたない短所だそうです。(この写真の場合は、センターラインあたりなのでバックスタンドからでも問題ないですけどね)

見にくい場所のコーナーキックは、いつもはビジョンとピッチの両方に目を配ってみています。

試合は、5分に崩されて先制許す。

が、8分にコーナーキックから長沢選手のゴールですぐ同点。

相手に守備的にこられるんじゃないかなあと心配する間もなく、すぐに目覚めたガンバでした。

それにしても、長沢選手の覚醒スゴイです。

これで、いけいけなるかと思ったんですが、阿部選手の早い時間帯での負傷交代もあって、試合落ち着いてしまいましたね。

アベちゃん長引くことになると、ちょっと痛いですね。軽傷であることを願っているんですが・・・

Dscf59021

甲府の10番ドゥドゥですか、前半のうちは脅威でした。ガンバ守備陣もだんだん対応して、後半は孤立させてましたが、かなりいい選手だとみました。

3冠に貢献したパトリック選手がついにベンチ外になって、来季構想外の新聞記事が出たりしています。アデもレンタルだし、ちょっと目をつけてもいいかもしれません。

もちろん、パトの復調が一番いいんですが・・・。

あと、ホームゴール裏側のビジョン、見切れて時計表示が見えない。対角のビジョンにも時計がほしいなぁと、やはり思いました。

私は、たぶんそうなるだろうと予想してたから、自分の腕時計で試合時間を見当つけていましたが、普通はそこまで考えないから用意してなくて、経過時間わからないだろうと思った次第です。

1-1のまま後半戦に・・・

後半は、圧倒的に攻める時間が長くなったガンバで、カウンターで甲府という構図になりました。

後半は、開始しばらくして歌いだした「青と黒の誇り」のロングロング、ロ~ングチャント

♪今日も我等勝利を 信じ叫び歌うよ 青と黒の戦士 青と黒の誇り♪

♪今日も我等勝利を 信じ叫び歌うよ 青と黒の戦士 青と黒の誇り♪

ゴールを入れるまで続けるんじゃ~という状態。

20分以上続いたらしいです

結局、75分の長沢選手OUTの呉屋選手INの選手交代まで、延々と。

15分間ぐらいは、盛り上がっていたけど、最後の方はお経みたいになってきたと思う。

日本代表戦の同じチャントの繰り返しが、会場を単調にしがちなんと同様、やりすぎは、ダレるんと思う。

最後の方は歌うんやめちゃたよ。

ガンバは、たくさんチャントがあるし・・・雰囲気変えなぁ~。と個人的には思いました。

得点が、ついに入ったんは、その後の80分

Dscf5914_2

写真、ブレブレ

高い位置から見てると、ガンバの攻撃は、遠藤選手ではなく、今は倉田選手中心なんだということが、改めて感じました。

65分のシュートなんか、ほんま決まったと思ったよ。

倉田選手はゴール左サイドへ切り込んで、こぼれたボールが大森選手の足元へ。大森選手が倉田選手へ戻してのゴール!

ボールがゆっくりゴールへ流れこんでいく様を見ながら雄たけびあげることができましたね。

戻した大森選手いい判断でしたね。上から見る限り、大森選手にはゴールへ角度が相手ディフェンスに阻まれてほとんどないように見えましたからね。

Dscf59161

もう1点ほしいなあって、いう状況でしたが、最後は無理せずゲームを閉めて2-1の逆転勝利!

セカンドステージは勝ち点2差の3位。年間順位も3位の鹿島に勝ち点差6の4位に上がってきました。

セカンド優勝、年間3位が目指す位置といったところでしょうか

招待した人の感想は、また来てもいいよ~ということで引きはあったようです。

| | コメント (0)

2016年9月 6日 (火)

はじめドキドキ、中ワクワク、あとはノリノリ楽しかったルヴァンカップ準々決勝第2戦 ガンバ6-3広島

4日の夜は、年に1回あるかないかの楽しい試合でした。

最近、ちょっとダレてきていてブログも更新していないとき多々だったので、励みをガンバさんが下さったのでしょう。

なんかちょっといいことありそうな予感はあったんです。

あんまりつぶやかないんですが、おすすめなんかしてましたから・・・・

カップ戦は、リーグ戦と違って勝ち抜け目指してやるんで、ドローで意味ないときは、前がかりになってきますから。それで隙ができて、ゴールが増えるって時があります。

4日は、そんなケースだったんでしょうね。

Dscf58091


試合前のヤマザキナビスコカップ改め、ルヴァンカップのアンセム。聞けば、聞き覚えありました。なかなかいいんじゃない。

ナビスコは、決勝が、試合前のコレオと煽り映像が素敵なんで、そっちに目と耳がいってるんでアンセムまで気になってなかったんでしょうかね。

 

Dscf58201

試合前に注目していたのは、呉屋選手。一戦目で貴重な同点アウェイゴールを上げてくれました。4日の2戦目も途中出場でしたが、6点目の阿部ちゃんゴールのきっかけとなったパスは、相手ディフェンダーをかいくぐって見事でした。

Dscf58251

試合前サブ組の鳥かご練習。

パトどうしちまったんでしょうか?呉屋選手が輝きだしたんでなおさらです。

出番が18日のJ3鹿児島戦っていうこともあるやもしれません。

Dscf58371

いろいろあることはわかりますが、私はここでは拍手派です。選手オーダーで仙石さんがとちったんは初めて聞きました。でも、瞬時に訂正いれてたんはさすがです。それにしても昨日の佐藤寿人は、こわくなかったですね。

Dscf5842_2

客席もぼやけてお顔がわからなくて丁度いいのであえてのせた。

真っ暗でやるのは、やっぱりきれい!だいたいキックオフ15分前ぐらいですよ~!

真っ暗な中で照明落として選手紹介できるのも、今シーズン決まっているのはあと2回。(あとはデーゲームばっかり)

9月10日(土)19時キックオフのヴァンフォーレ甲府戦とルヴァンカップ準決勝第1戦10月5日(水)19時キックオフだけですよ!

チャンピオンシップもステージ優勝だけやったら、レギュレーション去年と変わって、少なくとも1回戦はホームスタジアムではできないしね

天皇杯を勝ち進んで準々決勝まで進んだら吹田スタでナイトゲームって可能性はなくはないけどね。天皇杯は主催が違うし暗転ショーはやらしてもらえないかもだし・・・ね。

Dscf58431

19番 大森晃太郎選手(モリモリ)

4点目のアシストは交代直前でした。わかってて仕掛けたな!

試合開始。カテ2、ど真ん中、前方での観戦です。

Dscf58541

前半29分・遠藤選手の直接フリーキック。惜しくも右枠外

この時間帯は0-1で負けていて、このままでは広島の勝ち抜けということでドギドキ

32分に追い付いて1-1。このままでは延長ということでドキドキ

Dscf58571
前半30分台だったかに目の前で藤春選手がハイボールを競ったあと後頭部を地面に強打。一時ピッチ外へ

大丈夫かハル!

このとき結構広島が攻めてたんだけど、寿人選手だと思うんやけど試合を切ってくれたんだよ。ありがとう

互いに拮抗してたんだけど、前半アディショナルタイムにこの日2点目を長沢選手が決めて2-1。

このままだと、ガンバ勝ち抜けということでワクワクでハーフタイム。

Dscf58601

ド真ん中はチアーガールも見やすい。ハーフタイム

後半52分広島にフリーキックを直接決められ2-2に。

このままだとアウェイゴール数で広島勝ち抜けということでドキドキ状態に後戻り

と思ったら、3分後55分遠藤選手の右コーナキックから丹羽がヘッドを決め3-2で、ガンバ勝ち抜け状態にワクワクに。

追い付かれてすぐに決めたンが大きかった。

この日は周りの人がノリが良かったんで1点目からハイッタッチでしたが、このあたりからの盛り上がりは・・・・

Dscf58651

4点目の大森アシストでアデミウソンが決めたんぐらいからは、みんな拍手しまくり、大声援のお祭り状態でした。

もちろん、広島が勝利のため、得点がほしくて前がかりになって、ミスした状況でもあったんえしょうが、得点まつりです。

ノリノリです!

Dscf58661

さらにアデの2点目に、呉屋選手のパスから抜け出しアベちゃんのゴール

ノリノリ状態は続いて、ガンバのパス回しにサポのオッーとの掛け声っていうのも何年ぶりかに聞きました。

Dscf58671

どこまでいくんかとおもいましたが、最終スコアは6-3

こんなスコア、久方ぶりです。

Dscf58761

あいさつにもうきうきです。

Dscf58771

長沢選手とともにヒローインタヴューを受けた丹羽選手は、優勝しましょうっと言ってくれました。

次のルヴァンカップ準決勝は、横浜Fマリノス戦です。

第1戦10月5日(水)午後7時 @吹田スタ

第2戦10月9日(日)午後2時 @日産スタ

勝ちましょう!

| | コメント (0)

2016年9月 3日 (土)

サッカーと音楽

またまたブログの更新さぼってしまいました。

ホーム神戸戦も現地観戦してましたが、負けてしまったんで後回にしてたら書かずじまいでした。

ちなみに明日4日のナビスコカップ改めルヴァンカップ準々決勝広島戦も見に行きますが、翌日仕事もありますし、書けるかどうか・・・・。心もとない。

さて、本題。

今日、なんかググっていたら、たまたまYou Tubeでラブ・アンリミテッドオーケストラの「愛のテーマ」に行き当たったんですよね。

これ!

この曲聞いたの10年ぶりぐらいでしょうか?それでも、聞いてたら、あっと言う間に、25年以上前の飛行機と初めての海外旅行が目の前に浮かんできて、外国に行きたくなりました。

私の初めての海外は、キャセイパシフック航空で香港経由でヨーロッパにいったものでした。

その時、機内に入ったときにこの曲が流れていて、すぐに、飛行機・海外と、この「愛のテーマ」は、私の中では分かちがたく結びついてしまいました。

なぜなのかよくわからないのですが、初めての海外旅行への興奮とフワフワした気持ちが、この軽やかな名曲と結びついたのでしょうか?

ANAやJALの方が、その後、はるかに多く乗っているのに、いまだに飛行機と海外をイメージするのは、キャセイのCMもなっていたこの曲!

いい音楽の力って強烈

って改めて思いました。

というこで、唐突ですが、音楽を聴いててサッカーが浮かんでくることってありますか?

サッカー見に行って、流れてきた曲に個人的な感情が入った時って、その後のリピートにかなり影響すると思いませんか?

私の場合は、まずこれかな!

FIFAのアンセム。

でも、イメージとしてはサッカー日本代表の曲として私の中では結びついています。

生で聞いたのは、国立でオシムの初戦を1回、長居で1回、そして今年のキリンカップの吹田スタジアムで1回の合計3回だけなんですけどね。

テレビで何回も聞いていることもあるのかもしれないですが、聞くとサッカーの決戦だぞ!と意識が自然と高まります。

生で聞いたことはないけど、ヨーロッパのチャンピオンズリーグのアンセムも耳に残りますね。なんか私の中ではハイネケンと結びついたりしてますけど・・・

そう思うと、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)のアンセムは何回も(少なくとも15回)生で聞いているはずなのに、全然印象に残っていません。

こんなところにも、ACLのプレゼンスが上がらない一因があるのかもしれません。

一応はっときます。こんなんやったんかいな・・・・。ほんま印象ない。

日本のJリーグのアンセムは、聞いたら思い出しました。

去年までの万博ではハーフタイムにJリーグスポンサー紹介の時に流れていましたね。(1分頃を聞いてみて!)吹田スタでは聞いてないような・・・

あんまりサッカーシーンとは結びついとらんなぁ

あッ、Jリーグ優勝の表彰式では使われていたかも・・・。

ナビスコカップもアンセムあるけど、記憶には残ってないなあ。

天皇杯のアンセムは、今年(2016年)の元旦、味の素スタジアムで見た優勝杯授与のシーンと私の中では分かちがたく結びついてますね。

あと、NHKで、このアンセム聞けば、天皇杯の季節だなあと、より一層注目するようになりますね。

正式には、「日本サッカーの歌」ですか。坂本龍一さんの作曲ということもあわせて今知りました。

高揚とはかなさが同居しているようないい曲ですね。

ガンバ大阪では、この曲が好きです、私は。

「奇蹟の絆」ガンバのオフシャルソングです。

万博で、勝利の後、出口に向かう時に流されていましたね。

ガンバ勝利と結びついていて、気にいっています。

あと美味G横丁でも流されたりしていましたっけ

吹田スタジアムでは、勝利の儀式がすべて終わったあとに、ほんのちょっとだけ流されています。

勝利の後の軽やかな足取りと結構合うリズムの良い曲なんで、ワンフレーズぐらい流せば良いのにって、いつも思っています。

ガンバサポでも「共に信じよう」から始まる2番は知っている人は少ないんじゃないかと思われる、曲でもあります。

で、最後に、・ガンバ大阪・2014年・降格圏から3冠・と結びついて、ガンバサポに好かれている曲です。

広沢タダシさんの「サフランの花火」

この動画作った方、有能でしたね。

Gステージでも、広沢さんの時は格別なものになります。

(そういや、9月4日に万博記念公園太陽の広場にライブかなんかで広沢さん来られるらしいです。ガンバとかぶる時間帯みたいだけど・・・)

歌詞と状況がシンクロして、今でも聞くと、じわじわきてしまいます。

さて、吹田サッカースタジアムとカンバは、どんな曲と結びついいていくのでしょうか?

楽しみです。

| | コメント (0)

2016年8月 7日 (日)

取り急ぎ観戦報告、ガンバ2-1鳥栖

広島戦は観戦したけどブログ書けませんでしたので、久方の観戦記です。

いや、昨夜のスタジアムは暑かったですね。温度より湿度が堪える・・・

広島戦もなかなかでしたが、昨夜の方が体感きつかったです。

Dscf55441

四隅の通行口のシャッターは試合中も開けてくれてるんですが、蒸し暑い!

試合前は、スタンド下の通風孔も開けているんで、風が通るんですが、試合中はたぶん閉めているんで、ほぼ無風。夏場は、ペットボトルの水分持参必須の吹田スタジアムです。

Dscf55471

ガンバがなぜか分が良くない鳥栖戦です。

鳥栖は、ハードウォーカーっていう印象と長いボールで豊田に点で合わせて得点と勝ち点をもぎりとる大物食いのイメージのチーム。

シーズン終盤で浦和など競合を食ってくれて、ガンバの優勝をアシストしてくれる頼れるチームの印象もあります。

Dscf55491

エントリーメンバー紹介から丹羽選手。

一番、鳥栖サポーターからブーイングがありました。(広島の清水選手に対するものと比べたら大したものではないですが・・・)あのブーイングの意味はなに?

後半痛恨のハンドでPK与えてしまいました。現地では、遠いところで相手の蹴ったボールも早かったんで何かよくわからんかったんです。

遠藤キャプテンが必死に抗議してたんで微妙なんかなぁ~と思ってましたが、録画スローみたら当たってました。よく見てたな、広瀬主審!

Dscf55501_5

マッチデープログラムの表紙にもなっていた金正也

鳥栖にレンタルで行ってたこともあるしね。シーズン前にはCB四番手と位置づけられていたと思うけど、もしかして一番試合出場しているCBちがうか~

効果的な縦パスを入れることができたら、もっと信頼も高くなるんやろうけど。

前半、遠藤選手からのメッセージパスを受けて前へ上がることもありました。

Dscf55511

J1スタメン初だったかな。1回カウンターでラインブレイクしてシュートまでいきました。

前線で動き直しを頻繁にしてましたが、ボールを引き出すことはできなかったですね。

Dscf55521

試合前練習に出てくる選手たち

Dscf55561
Dscf55581

サブメンバーの鳥かご練習

身長のあるFWパトリック選手と長沢選手二人ともサブなんで、どちらかは交代で入ってくると見てたんですが、長谷川監督は長沢選手をチョイス。

パトはハーフタイムの練習も途中で引き揚げたりしてたんで、フィジカルコンデションが上がっていないのかも。

Dscf55611

広島戦は、ここでもブーイングでしたが、さすがに拍手でした。

Dscf55601_3

サガン鳥栖サポーターも多かったですね。

Dscf55621

注目は豊田選手と鎌田選手かな。結構、キム・ミンヒョクと金民友の二人がかなめになっているかな、このチーム。

豊田選手は抑えることができていました。

Dscf55631

ムスタファ・エル・カビルって誰と思ったら、つい最近に移籍してきたんですね。後半に交代出場してくれて、ガンバ的にはありがたかったかも。

アディショナルタイムにカビルが勝手に自爆して傷んだところに鳥栖の隙が生まれましたね。直後の大森選手のクロスから長沢選手のヘッドの決勝点が生まれました。

試合終了後に抗議してイエローもらうおまけつき。

ガンバは相手のスキを突く攻撃ってしばしば見せるんですね。この試合でも前半アディショナルタイムに相手ファールのあと、鳥栖が抗議しようとしているところを遠藤選手の早いリスタートで惜しいチャンスをつくってました。

Dscf55701

宇佐美選手が抜けた今、攻撃で引っ張っているのは明らかに倉田選手ですね。

それと、この2試合アデミウソン選手がワントップに入ったときに攻撃が活性化するのは偶然なんでしょうか。

Dscf55711

開始時のフォーメンション

Dscf55751_2

もう決勝点のことも書いてしまっているけど、試合のキックオフ時の写真

誰もセンタサークルに入っていかなくてどうするの?ってみてたらアベちゃんがキックオフ!

Dscf55761

ハーフタイムには、ガンバボーイとともに黒いのが回ってました。誰っておもったら、仮面ライダーなんだってね。昔と相当変わってる。

ピンボケたんでのせないけど、試合前はスイタンがゲートでお迎えしてくれました。

Dscf55771


試合前半は、40分すぎるまでガンバにシュートがなくて、かなりイライラがつのる試合だったな。

59分にPKで点とられて、ゆりかごパフォゆっくりやられてから、急に尻に火が着いたように圧力かけだしたガンバでした。

アデの頭でのリフティングからの折り返しは見事でした。

あの得点前後の5分間の攻撃は迫力ありました。

Dscf55911

暑かったからか、その後いったん活動量落ちたんだが、1-1になってからの攻防は面白かったな。

時間がすぎるのが前半に比べて早かった。

面白いといえるんは、もちろん勝てたからこそなんですが。

最後のアディショナルタイムに長沢選手が決めた時ははじけました。

Dscf55851

試合終了後の選手あいさつ

このあと、遠藤キャプテンがリードするクラップ(アイスランド風の儀式)(トントン・ウツー)があって、

さらにナイター照明を落として青色LEDをひらひらさせての万歳三唱。

ガンバ勝利したら、帰路なんか気にしないで、見ないと損ですよ~

Dscf55901

さらにヒーローインタビュー後の長沢選手があいさつに回ってきて

ゴール裏とオイオイオイの勝利の儀式があって~

さらに勝利時のチャント「We are GAMBA OSAKA」を歌って

(いつまでもずっと)いつまでもずっと

(愛し続けるさ)愛し続けるさ

(この世界)この世界

(終わるまで)終わるまで

We are GAMBA OSAKA!

We are GAMBA OSAKA!

We are GAMBA OSAKA!


ガンバ大阪と吹田スタジアムを満喫して帰りました。

| | コメント (0)

2016年7月29日 (金)

明日はホームvs広島戦。BS1も生中継あるよ!

明日はホーム、市立吹田サッカースタジアムで午後7時キックオフの試合があります。

ガンバ大阪vsサンフレッチェ広島

セカンド順位では、ガンバ7位に対して広島が6位

年間でもガンバ7位で広島4位

とガンバより上位のチームとの対戦です。

勝たないとセカンド優勝、そしてチャンピオンシップ出場が厳しくなってきます。

来季ACL出場を賭けて、勝利あるのみ!!

明日の試合はNHKのBS1で生中継もありますよ~!

| | コメント (0)

2016年7月17日 (日)

取り急ぎ観戦報告、バーポストに当てるゲームとしてもガンバ2-2福岡のドロー

来年元旦の天皇杯決勝戦会場に決まった吹田サッカースタジアムから帰ってまいりました。

ガンバの新スタジアムは、次々大試合の会場に選ばれているのにね。

肝心のガンバがこれでは・・・・

試合結果は、ガンバ大阪0-0アビスパ福岡

サッカーはゴールを入れる数を競う競技ですが、もしバーとポストに当てる競技なら、1-2で今日は負けていました。(訂正。ガンバも24分の阿部ちゃんの右ポストともうひとつ前半40分過ぎに攻め続けたときにパトの右ポスト叩くのもありましたね。だから2-2でこれもドローだね)

まあ、ポゼッションを競う競技なら、今日はかなり勝ってるな。

特に前半は、圧倒していたのに、きれいに崩し切ろうとしすぎなのか、最後の精度なのか、なかなかゴールが決まらない。

でも、そのうち決まりそうなぐらい圧倒してて、申し訳ないですが最下位の福岡との力の差は歴然、ってな感じでみていました。

が、31分早い攻めからアビスパの城後にクロスバーを叩くシュートを打たれて、それからだんだん福岡にもチャンスがおとずれるようになってきて・・・

後半も攻めの姿勢は見られたガンバで、交代カードも攻めでしたが結局は決めきれず。

スコアレスドロー

今日はどのチームも日程的に厳しい試合で、上位がすべてドローでしたので、勝ち点差を詰める絶好の機会だったのに、ガンバも付き合ってのドロー。

相手が相手だけに、このドローは痛すぎます。

しかも得点なし

ゴール裏、今季一番と思える大ブーイングでした。

かなりゆっくり目にスタを後にしたんですが、ゴール裏は、かなりの人数が残っていましたよ。

居残りそうな匂いがぷんぷん

明日の祝日がファン感なんですがね~。気分が乗りにくいですね!

| | コメント (0)

2016年7月 9日 (土)

取り急ぎ観戦報告、ガンバ3-1仙台。パトリックに初ゴール!

吹田スタから帰ってまいりました。

今日は試合前に前から食べたかったスタグルのAT THE 21のお好み焼きを購入。結構やわらかめのお好み焼きですな。おいしく頂戴しました。

ちょっと観客も少ないこともあってか、キックオフ1時間前ぐらいで10人ぐらい並んだだけで買えました。

試合は前半14分遠藤選手のフリーキックを米倉選手が頭であわせて先制。その後もしばらく責め立てるシーンが続きましたが、決めきれず1-0で折り返し。

後半は、早いうちにハモンロペスのヘッドでおいつかれてしまった。このシーン東口選手とれると思ったんだけどな・・・。試合後スタで流れたダイジェストみてたらたファンブルしてたんだね。ちょっとミスっぽいです。

これで、拮抗した流れになった試合の流れでしたが、78分に藤春選手の機を見た素早いスローインから倉田選手が縦に突破。ゴールラインを割るかと思われたボールを体で止め残してところがキモだったでしょうか。

ここから少し中に戻ってから、一瞬間をおいての倉田の柔らかい浮かしたクロス。

これを65分から交代出場してたパトリックがついに頭で決めゴール。今シーズン初のゴールにほっとしたというか、うれしかったというか。

その前の入ってすぐの66分の抜け出してキーパーと一対一になっても決められなかった時には、今日もあかんって思ってしまった。ごめんなさい。

今日は、2枚目の選手交代が、ちょっととまどってたな。最初、遠藤選手と井手口選手の交代の表示が出たと思って、遠藤選手もキャプテンマークを倉田選手に渡したりしてたんやけど、そのうち取りやめて、結局、大森選手との交代になったりしてた。

三枚目の倉田選手OUTのジェソクINも今までなかった交代カードの切り方やった。

これは、守りきるぞってことやったと思うけど、かなり守備的になって危うかったなあ。

なんとかロスタイムにパトリックが今日の2点目を決めて勝利決着したんでよかったけど・・・

ということで勝ち点3をゲット。吹田スタジアムで土曜日に初めて勝ったんかな。

あと、ゴール裏のアイスランドチームの手拍子、とっても良かったです。

吹田スタジアムになって感じるんやけど、「WE are WITH YOU」とかあと何やったか今思い出せないんやけど、ドラムの入らないチャントが、このスタジアムには、声が反響して、ええ具合だとバックスタンドから聞いていて思いますね。

| | コメント (0)

2016年7月 3日 (日)

取り急ぎ観戦報告、耐えきれずドロー ガンバU23 1-1長野

蒸し暑かった吹田サッカースタジアムからJA長野さんのネクタリンをお土産に家に帰りつきました。

AC長野パルセイロのサポさんたくさん吹田スタに来てくださっていましたね。

J2に昇格したい感にあふれた応援をされていたように思います。

長野県は、サッカー好きな人が多いのでしょうか?それとも松本山雅への対抗心がサポを育んでいるのでしょうか?

さて試合は、前半8分、真ん中から藤本淳吾選手が放ったミドルのコントロールショットがゴール左上隅に決まり先制。

打った時、当たり損ねの失敗シュートと思ったのは内緒ということで・・・・

キーパーが届かず、ゴールにふわっと吸い込まれていったときは驚いてしまった。そんな人が多かったのかもしれない。一瞬間があいてから、立ち上がっていた人多かったもんね。

前半こそ、五分五分に戦っていたガンバですが、長沢選手がいるにもかかわらず、どうも空中戦が部が悪い試合だったですね。たぶん、長沢選手まだ本調子じゃないな。

で、呉屋選手とのFWコンビも、ちとかみ合わず。

後半になると、SH妹尾選手・SB初瀬選手とCB嫁坂選手のガンバ左サイドを徹底して狙われだし、相手の右からクロスを上げられまくり。

後半の中盤までは、それでも、妹尾選手がカウンターで切り込んでの惜しいシュートとかあったのですが、最後10分は押し込まれまくり。

長野のロングスロー反則やわ~。サイドに逃げても、全部FKみたいになってしまうもんね。

危ない場面を藤ヶ谷ゴールキーパーのファインセーブとかでしのいでいて、アディショナルタイムのゴールもオフサイドで難を逃れてました。

が、最後のワンプレイでロングスローからついに決壊。

ゴールを長野にもぎ取られてしまいましたね。

あれだけ攻められぱなっしで、交代で前に入った一美選手と呉屋選手ところに入らない、収まらないでは厳しいですね。

結果、勝ち点2がこぼれて、1-1のドローです。

采配的には、守備が効いていたオ・ジョソク選手の右と初瀬選手の左のサイドバックを、最後逆にすることできんかったんかな~と思いますが、結果論ですかね。

結論、長野パルセイロはしぶとかった。U23は若さが悪い方にでましたね。

アンダー代表やらトップチームとかに選手を取られて、U23もベストメンバーを組めない状況で、なかなか勝てていないですが、ホームゲームは引き続き見に行こうと思っています。

そういや、次は7月10日(日)17時キックオフでアウェイ・キンチョーでU23の大阪ダービーです。

確か前売り料金800円でしたかね。チケット買っていかなくっちゃ!

| | コメント (0)

2016年6月26日 (日)

取り急ぎ観戦報告1st17節、宇佐美ラスト・vs名古屋戦&お別れセレモニー

昨夜は、ドイツ・アウクスブルクへ移籍する宇佐美貴史選手のラストマッチ、1st最終節の名古屋グランパス戦@吹田サッカースタジアムへ行ってきました。

ガンバ戦では、初めての雨の吹田スタジアムでした。

家から通常は、所要時間25分の自転車で行くところ、雨でひよってしまい、定期を持っている阪急バスを選択。千里中央経由で樫切山方面にバスで行くという、路線バスの旅を決行。

しかし、阪急山田駅付近手前から交通渋滞につかまってしまい、千里中央から1時間バスに乗ってもノロノロで時間の余裕がなくなってしまった。

結局、目的地だった「山田樫切山」のバス停までいかず、途中で降りて、歩いて山田高校の急坂を上がって新スタに行くことになってしまいました。

まぁ、キックオフ20分前につけたのでよかったけど・・・。このルートは、雨の日はダメですね。

(ちなみ、JR茨木経由の路線バスルートも名神茨木IC付近からイオンモール茨木にかけての交通渋滞で先日のG・U23戦に行く時、ひどい目にあった)

まあ、そんなことはおいといて、試合です。

Dscf52191

ちょっとブレたが、スタメン紹介。選手の写真が流れていくときに、なんとか宇佐美選手をとらえられた。

試合前から、ガンバゴール裏のテンションは、浦和戦に続いて高かった。

Dscf52211

パトリックのワントップの4-2-3-1の布陣

Dscf52231

雨がそぼ降る中の選手入場。ガンバホームでは初の雨天試合。雨は、断続的に降ったりやんだりの状況。で、バックスタンドは、前から4列目までビチョ濡れ。5列目から7列目までそこそこ濡れ。8列目から10列目まで吹き込んだらちょっと濡れる時もありってな感じでした。

Dscf52281

キックオフ!

Dscf52311

前半開始すぐの3分にクロスのこぼれ球を、真ん中から川又選手に決められ先制を許す。

すぐに遠藤選手がバックパスを奪い取り、ビッグチャンスを迎えたが、シュートをスライディングでクリアされたり惜しい場面はあった。ちょっと、奪った時にボールが左に流れてシュートの角度がつきすぎてしまったんだよな

この後も優勢ながら決められず、まずいなぁと感じていた前半も押し詰まった45分、米倉選手のクロスからの流れで、阿部選手が決めて、ようやく同点。

後半は、早いうちに宇佐美選手のフリーキックから金選手がヘッドで決めて勝ち越し。

が、67分、またまた川又選手がクロスから見事にヘッドで合わされ2-2。もう完全にCBが競り負けてた。

Dscf52351

試合中は普段写真とらないんだが、後半一時的に宇佐美選手が右に位置どった時があって、最後と思うと、ちょっとデジカメで追っていて取れた。クロスを上げた瞬間

宇佐美自身にもゴール決めれるとこあったよね、この試合。特に後半の真正面からの枠外になったシュートの場面とか

Dscf52361

87分の今野選手のゴール後、集う選手たち。時間も時間だし勝ったと思ったよ!

Dscf52381

2-3が、ラストスコアだと思ったんだが・・・

Dscf52781
湘南戦の教訓がいかせず。またもや試合押し詰まったところで2分後に失点って、どうなってんだよ

Dscf52401

試合終了。同点だけど、選手も負けたような気分でしょう。

Dscf52411

喜ぶグランパスサポを背景に、あいさつに回るガンバの選手

Dscf52421_4

バックスタンド中央での選手あいさつ

Dscf52461

ゴール裏へのあいさつ。宇佐美ラストだがブーイング。まぁ、そうでしょうね。いつもながら、ガンバボーイの敗戦時のお辞儀の深いこと。

なお、グランパスサポは拍手でした。

選手場内あいさつの後、宇佐美選手も含めて、全選手ピッチから退場後、セレモニーへ

Dscf52481

Dscf52581

場内暗転後、スポットライトに照らされた、ピッチ中央で宇佐美選手のあいさつ

宇佐美選手 お別れセレモニー

「またいつか…」の夢に宇佐美号泣…G大阪お別れセレモニー

『ガンバ大阪ファンでは永遠にあり続ける』というところに、サポとしては、応援しつづけるよ~って応えたくなります。

宇佐美選手が言葉につまったり、涙したりで、想いのつもった時間でした。

また、この暗転演出は素晴らしかった。ピンスポットもできるんや~と改めて吹田スタの底力を感じました。

Dscf52591

その後、メインスタンドアウェイ寄りから、場内を一周。グランパスサポもここまでは、かなり残っていました。

ガンバサポとは、スタンドのきわをハイタッチしながら回ったので、最前列にいる人にしか見えなかったと思う。私のところからも近づくにつれ全く見えなかった。

Dscf52601

ゴール裏の電工掲示板には、ツィッターで募った応援エールが流れ

Dscf52621

ヴィジョンでは、サポーターや各選手の送る言葉が映像とともに映る。

二川選手がヴィジョンに映ると場内に大きなどよめきがながれた。みんな二川選手も好きで見たいんだよね。

Dscf52691

ゴール裏で、マイクを持ってしゃべる宇佐美選手。だんだん、ほぐれていって、笑顔や冗談も

この時、宇佐美チャントは、何回リピートしたか。クイズにできそうや

Dscf52671

Dscf52701

Dscf52711

ゴール裏のコアと一緒に記念写真

Dscf52721

さらに、ピッチにでてゴール裏全体と記念写真

Dscf52731

サポからプレゼントされた弾幕とともに

Dscf52741


メインスタンドまで戻ったタイミングで遠藤キャプテン・長谷川監督(ブーイングややあり)の激励がビジョンに映り

Dscf52771

特に親しい、大森・金・岩下選手の花束贈呈(岩下選手は、花束で頭はたいてましたが・・・)があり、

その後、選手全員からの水まき胴上げがあり、

宇佐美選手からの終了宣言でセレモニー終了となりました。

サポ・選手、そして何よりも宇佐美選手本人のガンバ愛にあふれたセレモニーでしたね。

終了したのは、21時45分にはなっていたでしょうか。

かなり遅くなりましたが、下層階は、ほとんどといえるぐらいの多くのガンバサポが、そしてグランパスサポも少しでしたが最後まで残っていました。

残っていた人が一気に帰りだしたもんだから、スタゲートを出るためのスタ内渋滞が激しかった場内でした~。

今日一日は、セレモニーの余韻を楽しみます。

ガンバれ宇佐美!

| | コメント (0)

2016年6月16日 (木)

取り急ぎ観戦報告、ガンバ1-0レッズ。いやー気持ちよかった!~

昨夜は、市立吹田サッカースタジアムへ仕事帰りに行ってきました。

浦和レッズに1-0での完封勝利!

前半8分の宇佐美選手のゴールを守り切っての勝利

いやー気持ちよかった!ですねー

ラストのアディショナルタイム

「戦士たちよ!」のチャントに合わせて、スタジアム中の手拍子が、どんどん力強くなって、どんどん音量が大きくなっていく様は、快感でした。

大団円に向かっていく感じ、たまんない!

久しぶりにスタジアムの一体感を感じました。吹田スタでは初めてだな!

万博よりも倍ぐらいの音量増しで、響き渡って迫力ありますね

今後も、何回もこんな体験をこのスタジアムでできること期待して足を運びますよ!

追記1・前半の藤春選手のサイドの看板激突、真ん前で、ぶつかった音、ハンパなくて、ビックリした。よう、あの後よく試合出場できたな~

追記2・個人的トッピック。前半、クリアボールが飛んできた。片手にデジカメもっていたんでキャッチできなくて、はたき落としたら、変なところに飛んでいってしまった。結構痛かった。観戦中は両手開けていないといかんなぁ

| | コメント (0)

2016年6月11日 (土)

取り急ぎ観戦報告、vs湘南戦。宇佐美の吹スタ初ゴールも、スーパーミドル3発に撃沈の気分

ガンバ大阪vs湘南ベルマーレ戦のあった市立吹田サッカースタジアムから帰ってまいりました。

正午ごろまで曇り空だった北摂は、午後2時キックオフ時点では陽が照りだし、バックスタンド下層は暑かったです。年に2・3度ある日陰のメインスタンドがうらやましい試合でした。

吹田スタジアムは屋根があるため、アウェイゴール裏も直射日光が入りません(天井のガラス越しには入ることもある)し、上層階全部も日陰です。

ホームゴール裏前方は日当たり良好ですが、自由席ですから、後方に席を選べば屋根の恩恵を受けることができます。

基本日光から逃げ場のないのは、バックスタンド下層の前方から中間だけで、頭から湯気上げながら試合を見てました。

代表ウィークの中断開けの試合ですが、ガンバの選手コンディションどうだったんでしょうかね。阿部選手は、どこにいったんでしょう。

試合は前半10分。相手のクロスを藤春選手がヘッドでクリアしたボールをダイレクトでミドルボレーで叩き込まれて失点。

いきなり重い感じになってしまったんですが、前半アディショナルタイムのラストプレイだったフリーキックからの流れで今野選手が押し込み同点。

1-1でハーフタイムへ

後半59分、「ゴール決めろ!」のチャントの中、宇佐美選手の左CKから岩下選手がヘッドで決め2-1と逆転成功。

チャントと現実がマッチングして素晴らしい瞬間でした。

※ゴール決めろ しびれさせろ ガンバ大阪~

この時やったね、確か。丹羽選手のおこさん誕生を祝うゆりかごパフォーマンスは!遠藤選手がセンターサークルで相手選手のリ・スタート阻止のお留守番役してました。

だが、10分後の68分、後半から交代出場の湘南の下田選手にエリア外左からスーパーミドルを決められ2-2に追いつかれた。

それでもガンバは、82分大森選手が自陣から上げたハイボールにパトリック選手とエリア外に飛び出した相手キーパーが競り合い、結果真上に上がったボールが落ちてきたところを宇佐美選手がダイレクトのループシュートで無人のゴールに決め再度3-2と勝ち越し。

宇佐美選手の吹田スタ初ゴールで盛り上がりは最高潮に!スタジアム内に宇佐美チャントが鳴り響いた。

カッコよいスーパーなゴールではないけど、冷静な判断が光ったゴールでした。こんな形のゴールは、初めて見た!

これで勝ったと思ったよ~。湘南サポの声も小さくなったし・・・

ところが、2分後また下田選手に強烈ミドルをエリア左45度から決められあっけなく3-3の同点

湘南サポ、狂喜乱舞で息吹き返してしまった

ここからガンバ怒涛の攻めを見せるもタイムアップ

普通あんなにミドル決まらんで~。一発なら偶然とも思えるが3発となると、ガンバディフェンスの寄せが甘いのとマークがはずれているんでしょうね。決められたミドル以外にもコースが空いてたミドルあったからね。

おそらく「ミドルを打て!」ってスカウティング済みだったんではないでしょうか

それに対して、ガンバは左サイドの宇佐美選手を頼った攻撃が多いこと。まあ、うちのエースやからって面はあるんやけど、移籍してしまうんでしょ。

ネクストエース候補のアデミウソンがボール入ったところでロスト多いように思うんで心配してしまいます。

ホームで3点とって勝利にならないのは、湘南さんには悪いんやけどベルマーレの順位を考えると痛いなぁ。撃沈され負けてしまった気分です。

でも、そんなことを引きずってはいけません。週明けのミッドウィーク15日・水曜日はホーム浦和レッズ戦です。

| | コメント (0)

吹田サッカースタジアム初の日本代表戦に行ってきた

6月7日(火)にキリンカップ2016@吹スタに行ってきました。

 

仕事があったので、3位決定戦のデンマークvsブルガリア戦は間に合わず。

 

午後7時半キックオフの日本vsボスニア・ヘルツェゴビナに間に合うよう午後6時30分頃に吹田スタジアムに着きました。

 

Dscf50101

スタジアムのホームゴール裏側の外フェンスには選手バナーが並んでいた。

 

宇佐美選手!フラッシュ炊かなかったで暗い

 

Dscf50091

今回は招集されていない藤春選手がいた。

 

Dscf50121_4

東口選手も撮ったんだけど、ブレてたんでのせられん。かわりにアモーレを

 

Dscf50131

ゲート2付近の外にあったキリンカップのバナー。市立吹田サッカースタジアム初の日本代表戦ということでスタ外から非日常感があふれていた。

 

Dscf50171

今日の席からの1枚。下から2番目のお値段カテゴリーのアウェイゴール裏側指定席。でも、コストパフォーマンス抜群の上席でした。次回からも代表戦などガンバ以外の試合なら、この席の販売があれば狙います。

 

Dscf50201

日本代表の練習が始まりました。

 

Dscf50151


自席から見た試合前のメインスタンドアウェイ寄り。10列目ぐらいまでカッパを着た人がいました。当日の雨は、最大一時間雨量3ミリ程度で北東の風3メートル程度。ゲート4からゲート2への風。メインスタンドへ寄り雨が吹き込み易い状況でした。

 

 

Dscf50141

自席から見たバックスタンドのアウェイ寄り。こちらは、7列目ぐらいまでかな。カッパは

Dscf50221

バックスタンドアウェイ寄りのVIPルームの一室が、なんか放送用みたいになってました。後日、テレビ放送を録画でみて、ここが、松木さんとか解説者用だったんだと判明

 

Dscf50231

アップの最後に円陣を組む日本代表

 

Dscf50271

日本代表vsボスニア・ヘルツェゴビナ代表

 

Dscf50331

選手紹介はキャプテン長谷部選手で代表いたします!

 

Dscf50431_2

ハリルホジッチ監督。前半で柏木選手を下げた采配がよくわからんかった。パスの出し手がおらんようになってしまったからね。

Dscf50451

選手入場直前。この時は、ウルトラスに対しても特段の感情はもってなかったんだけど・・・。

Dscf50491


ちょっとピンボケやけど選手入場。

なんか、雰囲気がガンバの試合とは全然違う。

よく言えば華やか、悪く言えば浮ついた感じ。

スタジアム内のキャー、ワーの度合いが、違うnだな。どこかのコンサートののりかな

 

Dscf50531

キックオフ直前。キックオフは新ルール適用だったんで、宇佐美選手が一人でボールを後ろに下げました。吹スタ初の日本代表戦のキックオフは宇佐美選手です。

Dscf50581

先制点をとって戻っていく代表選手。ゴールを決めた13番清武選手がアシストの11番宇佐美選手にタッチしにいく様子が写っている。

得点シーンの長友選手のフリーランを生かした宇佐美選手の中へのドリブルは、目の前で見れて圧巻だった。

この日の宇佐美選手は、前半は、得点シーン以外にも左サイド制圧していてキレてたなぁ~。目の前の攻防なので、よく見えて大変おもしろかった。



Dscf50601

先制したものの、すぐにロングボール一本で前線にボールを送られ失点。1-0の時間はわずかでした。

Dscf50671

最終スコアは、日本1-2ボスニア・ヘルツェゴビナで敗戦

後半の2失点目は、選手交代直後のフリーキックから交代選手に裏抜けされ崩されの失点。あれはいただけないなあ。集中力切れた一瞬をつかれたなぁ。

試合の最後15分は、スタジアムのルールを破って午後9時以降も太鼓をたたき続けたウルトラスが、いつ止めるか気になって、試合見ることに集中できひんかった。

負けたことより、このルール破りが、後味の悪さを感じる試合になりました。残念です。

Dscf50681


試合終了後の様子。ボスニア・ヘルツェゴビナの選手はホントに喜んでいたな。カンピオーネ歌ったりしていたしね。

試合終了前や直後に席をたつ観客の多いこと!吹田スタの帰路混雑が過剰に伝わっているかもしれません。

Dscf50721

Dscf50731

キラキラきれいだったね。

ボスニア・ヘルツェゴビナの選手もこの後、場内にあいさつして回っていて暖かい拍手をもらっていました。それに応えて着ていたユニフォーム脱ぎバックスタンドに投げ入れる選手も二人ほどいたかな。いいシーンでした。観客席がホントに近い吹田スタならでは場面だったんではないかと思います。

最後は日本代表選手が場内を一周

Dscf50751_3

Dscf50761_3

Dscf50781


Dscf50821

Dscf50831

出場はしなかった本田選手も大きな声援を浴びていました。ガンバのジュニアユースにもいたことあるしね。


選手がホームゴール裏に向かう姿をみながらスタジアムをゲート3から脱出。試合終了からすでに15分ぐらいはたっていたので、試合終了時にでた人の波は終わっていたので、全く混雑なくスムーズにスタを出れました。

公園敷地も、ゲート1に近い、公園出口(推奨ルート上ではない)が、これまでになく車道の一部も使って大きく開けていたのでそこからあっという間に脱出。(この試合だけの扱いかもしれませんが、この公園出口を、本格的に運用するならいろいろアレンジして使えます。でも、スタ直下からシャトルバスを出すなら出口を広く開けることは難しいので、今後の推移を注視していきます。)

モノレール公園東口方面(茨木への臨時バス乗り場方面)へ周回道路の歩道を北上。周回道路への流入道路の横断歩道も8人(いつもは2・3人)ぐらいの交通整理員をだしていたのでスムースに安全に横断。(この横断歩道がボトルネックなんやけど、夜間やから車の流入量が少ないのを見越して、このルートを開放したのかもしれません。)

結構多くの人がこのルートを使ってましたが、ガンバの試合の時より、流れ良く公園東口駅から帰宅しました。





 




| | コメント (0)

2016年6月 4日 (土)

吹田スタジアムからの帰路が楽になるちょっとした情報

昨日(6月3日)のキリンカップ@豊田スタでのブルガリア戦は、7-2とテレビで見ててもゴールラッシュで面白かったです。

次戦の市立吹田サッカースタジアム(以降「吹田スタ」)での初日本代表戦(6月7日【火】)が迫ってまいりました。

吹田スタの評判は、観戦環境抜群!日本一!でも、アクセスが・・・(;ω;)って感想が多いように思います。

観戦環境はホント最高だと思います。

私は吹田スタのバックスタンド下層階前方に席を確保していることもあって、ボールを蹴る音、選手の声が聞こえてくる環境に行くたび、いいなぁ~って痺れています。

アクセスについては問題あるなぁ~って思うことはあるんですが、慣れてきて、観客の入りを見ながら状況に合わせて、ちょっとゆっくり目にスタを出たり、ルートを変えたりして、自分なりの帰宅方法を使っています。近くに住んでいるので自転車で行くことも多いし、行き来を工夫していて今はあまりストレス感じていません。

ただ、アクセス面の問題の多くは、メイン輸送がモノレールだったり、スタの立地だったり、スタ周辺の道幅だったりといった物理的な制約が多いので、すぐには解消できないことが多いかなあって思ってます。

ガンバも大阪府や吹田市等と協議して徐々にはより良い状況を整備してくれることを信じてます。(吹田へのバスの実証実験が湘南戦から始まります)

が、すぐに土地勘のない方々もたくさんくるであろう日本代表戦です。

満員のほぼ4万人が一時に帰路へ

しかも午後7時30分キックオフのナイトゲーム。(7時30分は初)

7日は降水確率40%(4日現在)の曇り予報。(今まで吹田スタで雨の試合がなかったので、経験がない)

※5日時点で60%に降水確率あがってしまいました。雨の吹田スタの注意点を書き加えます。

1、靴はすべりにくいものでお越しください。

  吹田スタの入退場の階段は、コスト削減のため金属製。滑り止め加工はされてますが、濡れると滑りやすいです。靴の裏がすべりにくいスニーカー等でお越しください。革靴とかヒールとかは避けましょう。階段で転げたらシャレになりません。

2、下層階1~16列目ぐらいの方はポンチョをお持ちください。

吹田スタは全席屋根があります。が、雨に風はつきもの。下層階、前方の席は、雨が吹き込みます。なお、下層階は全部で24列あります。

先日のアウェイFC東京戦時に弱い雨天の中、吹田スタでパブリックビューイングが行われました。その時はメインスタンドとホームゴール裏の7列目くらいまで雨が吹き込みました。

ホーム川崎フロンターレ戦のとき一瞬だけ(1分ほど)霧雨が降りました。その時バックスタンドの下層階16列目にいたんですが、ほんの少し霧雨が流れ込んできました。

5月14日に吹田スタのスタジアムツアー(有料)に参加したのですが、その時見た、スタの説明パワーポイントの中に、日照と降雨の最大入り込み線が入った設計図がありまして、それが前から3分の2ぐらいの客席までかかっていました。

以上が、16列目ぐらいまでポンチョをの根拠です。なお16列目までビチョビチョになるくらい吹き込むのは、相当の風の時だとは思います。(通常の雨・風なら10列目ぐらいまでかな)

3、帰りの混雑がひどくなる可能性が高い。

傘さしている人が多くなれば、通行の支障になりますから

以上、追加でした。

夜暗いなか土地勘ない人が多くて、終電も気になる人がいて、天気が微妙。

となれば、運営だいじょうぶかって、ちゃんと無事済んでくれよなって、変な願いがわいてきます。

わずかずつですが、3年間にわたって寄附してきた思い入れのあるスタジアムですから、「頼むでホント」って、ちょっとわが子を思う親みたいな心情があります。

ガンバサポとして今できることは、帰りは混雑するから時間を充分みといてやってお知らせすることと、帰路関係の情報をお出しして、初めてこられる方のいらいらを軽減することかなって思うので、それが目的の今回のエントリーです。

帰路の選択については、先行記事がありますので、勝手ながらそちらへのリンクを貼っておきます。

一番楽にかつ安全に使える吹田スタジアムからの帰宅ルート

 

私は、日本代表戦当日の帰路誘導予想と混雑ポイントを攻めたいと思います。

 

混雑は間違いなくあるでしょう。吹田スタジアムは、観客2万5千人超えたらカナリの混雑になります。でも、どこのスタだって観客4万だったら帰路は混雑しますよね。普通10分の距離が3倍の30分ってなことは当たり前に!

 

で吹田スタの場合は、最寄り駅のモノレールの万博記念公園駅まで公式ホームページで15分の距離が、最大1時間ぐらいになって、あとモノレールに乗る待ち時間が最大30分ぐらい、それから最初にスタジアム内から外にでるのに地味に時間がかかって15分ぐらいかな、で、計最大2時間弱

 

やっぱり、ちょっと大変かな・・・・

 

それでも、どんなルートに案内されるかとか、どこで混雑するかが事前にわかっていれれば、不安感やイライラ感がましになるのではないかと・・・

 

下の画像はガンバ大阪公式ホームページの「スタジアム」のページの「試合後のお帰り道のご案内」から引用したもの

 

20160403_1


これは、ガンバのホームゲームでの帰路導線です。

 

代表戦では、違う可能性はありますが、満員のスタジアムであえて初めての導線を使うとも思えないので、まずこの導線ではないでしょうか。

 

もしガンバのホームゲームと同じだとするとスタジアムの出口の割り振りは、

 

ゲート1(GATE1)から退出 メインスタンド下層階、上層階・ホームゴール裏(北)下層階、上層階

 

ゲート3(GATE3)から退出 バックスタンド下層階、上層階・アウェイゴール裏(南)下層階、上層階(カテゴリー5)

 

となります。

 

吹田スタにゲートは4つありますが、北東と南西にある対角線上の2つ(ゲート1とゲート3)だけ開けます。

 

スタ内渋滞が発生するんで、文句もでてると思うですが、ガンバは、ここを譲ってません。

 

理由を勝手に想像するには、吹田サッカースタジアムは4万スタのわりには狭い敷地に建っているんで、一気に人を外にだすと、敷地のバッファが足りなくて、人だまり作ってしまうんで、安全面を考えているんだろうと思います。

 

現地で見てもらったらわかりますが、スタ北側(ホームゴール裏側)のアメフト場とゲート4の直下の間なんてわずかしかありません。スタの工事中には通行止めの時があったぐらい近いです。

 

また、ゲート2の直下あたりにも、万博記念公園駅に向かう人だまりが毎試合できています。そこでゲート2を開けたら、何が起こるかなんとなく想像できます。

 

なおスタ退出ルートですが、上層階の方は、いったん外階段を3階まで降りて、スタジアム内にもう一度入りコンコースを回って所定ゲートから出るよう、一部座席の方は誘導はされますんで、遠回りになりますが、怒らんでください。(;;;´Д`) 

遠回りついでにチケットチェックなくなった下層階に入って、前方から記念写真を撮っていかれる方をお見受けしたりします。何回か撮影役に回ったことがあります。

全般的にいって上層階の方は、下層階の方よりスタジアム脱出に時間がかかります。

 

それから下層と上層の真ん中(4階)にあるVIP層は、経験ないんでわかりません。入口は専用入口があるんですがね。

 

なお、ガンバのホームゲームでは販売されていない席であるカテゴリー5・V層の席の方の出口は、ゲート3のはずです。(ここは出口のありか確認済み)

 

で、次はスタを出てすぐスタジアム直下の誘導です。

 

以下の図は、公式図に誘導方向の矢印➡(青と黒)などを加えてみたものです。

 

Photo_3

図を見ていただければ一目瞭然ですが、ゲート3から出た観客は、吹田スタの周りを反時計周りにほぼ一周して、最寄り駅のモノーレール万博記念公園駅への道をたどることになります。

 

ガンバホームゲームでは、アウェイの洗礼がここで表れますからね。

でも私もバックスタンド民ですので、ゲート3が出口です。ゲート3の洗礼に、急ぐときは悩む時もあります(ρ_;)。
万博記念公園駅へ向かう観客にとって、ゲート3からのスタ退出は、ゲート1からの人に比べてかなりのハンデです。対策は、試合終了前により早く出るしかないでしょう。
 

自転車の方にとっては、ゲート3のすぐ東(右手側)が駐輪場ですので、最良の出口となります。

 

逆に自転車組のゲート1から出られる方は、駐輪場まで、人の流れに逆らって、ゲート3付近まで来ないといけないので、大変なことと思います。

 

次にゲート1からの退場ですが、スタ入場時と出口も扉は一緒なんですが、階段は入場時と違って北側の階段を下りることとなります。

 

夜なんで、意識していないと方向感覚間違えるかもしれないです。注意です。

 

モノレール万博記念公園駅に向かわれる方は、地上へ降りたところで、階段を下りる方向と真反対(360度回って)の方向の南側(地図の下側)へ進んでください。

 

階段降りたところで、北側(左手側・黒い➡の方向・地図の上方向)に進む人の流れもありますが、それは、JR茨木方面への臨時バス乗り場とモノレール公園東口駅(万博記念陸上競技場だった時の最寄り駅・支線「彩都線」の駅)へ向かう人の流れとなります。間違いやすいんで注意してください。

 

階段降りた直後に、いきなりルート判断迫られる上、ゲート3から来る人の流れもあって、人の流れが交錯して混雑するポイントなんで要注意です。

 

でも、間違っても後から修正できるんで大丈夫です。かと言って、この方面から万博記念公園駅を目指すのはおすすめはしません。理由はのちほど記します。

 

ゲート3から誘導に従ってきた人で、JR茨木方面・公園東口駅へ向かう人も北側(右側・黒い➡の方向。地図上方向)に進んでください。ゲート3から来た人にとっては進む方向は同じ北側でも、進行方向を手で方向を表すと右手方向になります。

 

万博記念公園駅に向かう人は、メインスタンドに沿って南下(地図の下方向)して行きます。

 

 

ゲート2の直下あたりで、方向を西(地図の左)に変え、万博記念公園駅への道へ入っていきます。

 

 

ここの道へ入るところが、最大の混雑ポイントです。

 

 

道自体は幅10メートル弱はあって、通常時なら十分な幅なんですが、4万人をさばくとなると狭い!

 

 

アウェイの方の吹田スタ観戦記などで、吹田スタの階段から見下ろす、あふれんばかり帰路の人だまりの写真とかみたことありませんか?

 

 

あれが、ここのポイントです。

 

 

アウェイ側なんでガンバサポにはあの構図の写真撮りにくいんですよねって、いうのはどうでもいいか・・・

 

ここは、一つ我慢して待ってください。ここが渋滞の山場です。

 

 

道に入ってしまえば、ノロノロながら流れると思っていただければいいです。

 

帰り路は、上り坂はさほどありませんので、長い下り坂に注意してください。

 

 

街路灯は一定の間隔であるんですが、混雑で足元が見えにくいので転ばないように注意です。ちっちゃいライトなんか手元にあるといいかもです。

 

 

万博記念公園駅につけば、駅への登りスロープで改札制限のため渋滞列があるはずです。

 

これで、吹田スタから万博記念公園駅のメインルートは終了です。

次は、JR茨木方面・公園東口駅方面ルートです。

Img_homestadium_return_mapteire

JR茨木方面・公園東口駅方面ルートの混雑ポイントは、上のルート図の茶色の丸○の部分です。
 
吹田スタから北(地図の上)へ公園内を歩いて、左(西)に折れ公園の敷地を出るところが混雑ポイントです。
 
ここは、道路をまたぐ歩道橋なんです。ごく普通の歩道橋!ただしスロープ状で自転車も通れます。道幅、2メートルぐらいかな~。3メートルはないと思う。
 
そこまでの道は幅10メートル以上ありそうな道とそれに沿うような小道の2本。
 
それが、一気に細くなる。
 
周りは公園で街頭ほとんどないので暗い。
 
混雑起こるのが当たり前の場所です。
 
過去ここを使った時の出口での混雑も相当なものでした。辛抱強く順番を待ってくださいね。ここを超えたら、人は流れます。
 
どのくらい時間がかかるかは、最近ここのポイントは避けていて、帰りには通ってないので正直わかりません。
 
グーグルストーリートビューでその歩道橋です。右の木々が公園で、陸橋のスロープの途中(スロープのコンクリートから橋げたに変わるあたり)に公園への出入口があります。
しかも、この歩道橋、自転車の帰路推奨にも指定されてます。
 
が、自転車を押してここを通っておられる方を見ては、私はいつも気の毒になります。ひどく混雑する上、周りの歩行者からの「こんな狭いところ自転車で通るなよ!」という非難の視線を浴びながら、ほうほうほうの体で通っているという感じです。
(ここ避けているのに見ているのは、どういことかというと別ルート使っているんですわ)
 
追記:6月11日の湘南戦後、公園内から現地に行ってみました。出口手前の野球場のところに、歩行者と自転車の待機だまりをつくって、別々に歩道橋を通行するように改善されていました。
 
 
JR茨木駅でレンタサイクルを借りて自然なルートをとれば、帰り道はここを通ることになりますが、私はここは、強くやめときなはれと言いたいです。

 

 
慣れない人がこのルートを夜間混雑時に初めて通るのはちょっと危険だと個人的に思います。
(通行運用が改善されていますので、前記を撤回します。ただ自転車の南ルートは枝分から道が何本かあるのでわかりにくいのでご注意ください。最終的には同じところにいけますが ・・・)
自転車で帰るなら、吹田スタから南(地図の下)へ向かう自転車推奨ルートがまだましです。そのルートから自転車専用出口で府道に出て周回道路に入りなおして帰路に着く方が、遠回りですが確実だと思います。
 
自転車の場合は、この南ルートでも黒丸○の地点で、人と自転車の分離ができてなくて、ちょっとした混乱が起こります。初めてだと混み具合に尻込みすると思いますが、道幅がそこそこあるので、自転車を押しながら順番を辛抱強く待って、道の一番左端を進むとなんとか行けます。
 
吹田スタからの自転車での脱出はちょっと慣れが必要です。ですから、満員の吹スタ&ナイトゲームでの初レンタサイクルはオススメできません。
 
もとに戻って、JR茨木方面・公園東口駅ルートの徒歩での歩道橋混雑ポイントですが、わかりにくいので、上空からの映像もつけときます。

右端の木々が公園です。右側の道路が万博の周回道路への流入路で、この道路だけを歩道橋で渡って左側の道路の右にある歩道を北に(画面の上の方に)に行けば、公園東口駅や万博記念陸上競技場からのJR茨木駅への臨時バス発着場へいけます。

 

もし万博記念公園駅へ向かうつもりで、誤ってこの道に来た場合は、この細い歩道橋にたどり着いた時点で道を誤ったことがわかると思います。

 

その場合は、この歩道橋で2つの道を両方とも渡り、西に向かう(画面の左に向かう)道を高速道路やモノレール沿いに真っすぐいけば、万博記念公園駅に向かうことができます。

 

ちなみに宇野辺駅方面へは、歩道橋を渡らずに、はじめのストリートビューの車道の横の歩道を下っていきます。

 

このルートは、この歩道橋が完全にボトルネックです。もし幅広いものに架け替えられたら、万博記念公園駅・公園東口駅、宇野辺駅にバリアフリーでいけるルートなんで、将来的に吹田スタへのメインルートに変わりうるポテンシャルを秘めていると個人的に見ています。

 

ここの歩道橋の混雑がひどいので、現時点では、北(JR茨木方面・公園東口駅)へ向かう徒歩の人だけが、使ってください。

 

万博記念公園駅への人は、南まわりのメインルートを使ってください。

 

この歩道橋の架け替えに大阪府(たぶん主管は吹田市じゃなくて大阪府?)が乗り気でないのなら、ガンバ主導で寄附募ってくれたらいいのになぁ~。

 

参考になりましたでしょうか?

| | コメント (0)

2016年5月22日 (日)

取り急ぎ観戦報告ガンバ大阪U23・第10節SC相模原戦。もしかして歴史的一戦だったのか!?

相模原戦があった万博から帰ってまいりました。

 

先に結果を書いときます。

 

ガンバ大阪U23 0 - 1 SC相模原

 

じゃ、何が表題の歴史的一戦?

 

ヒント:写真をよ~くみてください。どれかの写真にヒントがあります。

 

Dscf49551

 

ガンバ大阪U23 vs SC相模原

 

 
Dscf49421
SC相模原のゴール裏
Dscf49431
SC相模原のキーパー練習に向かうGK。川口能活選手や~!

 

 
Dscf49451
こちらはガンバのキーパー練習。藤ヶ谷選手
Dscf49461
ガンバの選手のアップ
Dscf49471
アップする審判団
Dscf49501
練習から引き上げるガンバの選手たち

Dscf49511
アップから引き上げる相模原の選手
Dscf49541
今日も活躍、散水車


どう、おわかりになりました?分かった!鋭いですね。

 

わからなくても、大丈夫!

 

写真続けます。

 

Dscf49561

Dscf49571
川口選手のコールには大きな拍手がメインスタンドから

 

Dscf49601


Dscf49621

西野選手がどうもピリットしないから心配

 

今日は金正也選手とのCBコンビ

 

Dscf49641
初瀬選手は縦の推進力があるのがいいなあ

Dscf49661

U23でのお気に入り。妹尾(せのお)選手!

 

 

 

いよいよフェアープレー旗に続き、審判団・選手入場です。

 

Dscf49691

 

おわかりになりましたか?

Dscf49711

これなら、どうだ!


Dscf49791


ふむふむ~。分かっていただけるでしょうか。選手じゃないよ。ゴールラインに目を光らせる赤い人!

試合終了。ガンバU23 0-1相模原

 

Dscf49811

試合終了。審判団退場です。

ひとり、ふたり、さんにん、よにん、ごにん!ろくにん!

この試合追加審判を入れて日本初の6審制だったのです。

それが歴史的なところでした。

まぁ~、この試合きわどいシュートとかはなくて、6審で良かったと思うようなシーンは全然なかったんですが・・・

ゴールだけを見るのに二人審判追加って、判断機会の回数からは人材がもったいないような気もするんですが・・・。でも、1回でもあったら最ももめるのが、インゴールかどうかの得点の判断だからね。

 

Dscf49581

かなりピンボケですが、日本初の6審ということで、J3の試合とは思えない、豪華審判団だったんですよ。

J1を裁ける主審の名前がJ3の試合に3人も・・・

嫁坂選手のイエロー2枚での退場も文句はございません。J3を見慣れてくるとトンデモ審判がいるのわかってきたからなぁ。

J1級主審はなんやかんや言っても判断にぶれが少ないし、やっぱりおおむね納得できるよなぁ。見てて余計なストレスを感じない試合でした。

追加審判を導入するとは聞いていたけど、初の試行試合をみれるとは、ちょっとビックリでした。


| | コメント (0)

2016年5月14日 (土)

取り急ぎ観戦報告vsジュビロ戦。勝利と勝利の儀式が嬉しい!

昨夜は金曜ナイトマッチのvsジュビロ岩田戦@吹田スタへ行ってきました。

先週、ガンバ大阪U23が万博で勝利しましたんで、万博の神様の嫉妬も和らいで、そろそろトップチームの吹田サッカースタジアムでの勝利がみれるんじゃないかって思ってましたが・・・

試合序盤、磐田のFKからの直接ゴール。東口選手のキャッチミスでのゴール。「あれ~、サイドネット。えっ~はいっちゃたか~。まさか~」って感じ。上手の手から水が漏っちゃいました。

まさかまさかで、嫌な感じがスタジアムに漂いましたね。

それからは、ガンバのバックパスや最終ラインでのボール回しで、ガンバゴール裏から自然発生的な結構大きなブーイング。

それが「まずいんじゃない」って雰囲気をスタジアム内にさらにかもし出し・・・。

こころなしか、選手も顔がこおばっているようにみえました。

ホントに選手必死のパッチだったと思います。それが、また無理してミスパスを生んだりしてて・・・。ちょっと悪循環を感じていました。

それから時間が流れ、ブーイングもおさまった前半終了間際にようやく起死回生のゴールが生まれました。

それがアデミウソン選手のテクニックがいきたゴール。

これがこの試合の勝利への道しるべ。

そして、もしかしたら今シーズンの長谷川ガンバの生死分けたゴールかもしれませんよ~。

ゴールが、前半終了までに取れて1-1の同点に追いついたのはホント大きかったですね。

スタの雰囲気も格段によくなったし、選手に笑顔もみれてハーフタイムに入れたし。

そして決勝点の2点目は66分、パトリック選手のフリックから、遠藤選手がド真ん中でフリーに。キーパーとの1対1を今度は決めて、勝ち越し!

ゴールのあとの遠藤選手の煽り。あんな派手な身振りでサポを盛り上げようとする遠藤選手、私ははじめてみました。

試合後のコメントをみていると、サポのフラストレーション解消に対するパフォーマンスだったようで、キャプテンいろいろ考えているんだな~

試合、最終盤は、このまま2-1で終わってくれ~って祈るような気持で見てました。

選手は、そんな時も果敢に攻めてましたね。終了間際のCK2本も、コーナーでの時間稼ぎではなく、通常のCKを蹴ってゴール狙ってましたんで、ゴールと勝利への強い意欲を感じました。

勝利の瞬間は、ただただ嬉しかった!

勝利後は、大宮戦では、躊躇して行わなかったワニナレナニワが復活。

吹田サッカースタジアム初のワニナレナニワはセンターサークルに近いところで執り行われました。

やっぱり、これが勝利後のルーティーンになってるんだから、やらないとね!

選手のゴール裏への挨拶も、グッグッ~ト前にでてあいさつ

そして、ウイニングガンバは、LED照明を落としての暗転演出で!あれは、やっぱりキレイだよね。こちらは、ナイトゲーム限定の新勝利の儀式!

勝利と勝利後の儀式があたり前だけどやっぱり満足度をあげますよね

最高の週末だ!

| | コメント (0)

«未勝利のままACL終了。メルボルン2-1ガンバ