2017年5月29日 (月)

取り急ぎ観戦報告、U23大阪ダービー0-0

昨日は、U23の大阪ダービーを見に吹田スタジアムへ行ってきました。

昨年は、見に行けなかったU23大阪ダービーですが、メンバー表みたら、堂安、市丸、初瀬のU20ワールドカップ組がスタメンに名前を連ねていて、高木選手が途中出場で決勝点を取っているんですよね。

昨日のスタジアムでも、振り返り映像がビジョンで流されていました。そういやあの時は、OA枠の岩下選手の開始早々の一発レッドが話題でしたね。

今年のU23は、トップとの完全分離とかで、ユースを多数入れてメンバー的に苦しい状況。

互いにU23だったら昇格降格関係ないからいいということか、最下位続くのは見苦しいということか、ついにOA枠を使ってきました。

人が足りないセンターバックに金正也選手。(でもペ・スヨンはどこいったんだ?)

そしてパトリックの復帰戦という、来場者配慮を用意してくれました。

ツートップが、呉屋選手とパトとなると、少しは期待はもてるかという試合前。

で、試合開始

トップと二列目の関係性は?

パトがしきりに二列目ポジションを前目に指示しているんだけど、上がってこない二列目。

基本、パトと呉屋の連携でなんとかしようとしてましたね。

パトは、調整中ッてな感じで、前半で交代でした。

前半から惜しい場面はあるガンバだが、最後が決まらない。

食野に妹尾、決めてくれよ~。2回づつ決定的ながあったけど決めきれない。

ここの精度の問題が、今年のU23の絶対的課題だよな。

あと一緒のピッチでみると、金選手や呉屋選手、パトとかとの違いが良く見えてきますね。

一つは、フィティフィティのボールの奪取力。これは、フィジカルもあるだろうから仕方がない面もあるだろうけど。やっぱ、このレベルだとパト段違い。

もう一つが、ボールを持ったときの判断。

トップ選手って、余裕がある時は、ボールを少し長く持って、相手を食いつかせてからパスだして、出した先に相手選手がいないようにして余裕を持たせてるんだよな。

これが、まだユース子たち若手は、常にパスのリズムがいつも一緒で、パスだすのが、コンマ何秒か早すぎる感じ

早いもんだから、受け手の回りに相手選手がいて、次のパスだす余裕がなくて、次のパスが、また早くなってミスパス。あちゃ・・・

そんな感じのミスが見てて多いよ!

試合は、終始優勢にすすめるも、得点はとれず、スコアレスドロー決着。

育成のU23とあって、どちらのサポーターからもブーイングはなしの、もやもやした終戦でした。

OAもしくは、市丸選手や高木選手といったトップチームのベンチに入れない選手をU23で使った方が、U23の選手たちにとっても、学ぶところがあるんじゃないか、そんなことを思った、U23大阪ダービーでした。

| | コメント (0)

2017年5月26日 (金)

明日27日午前10時、大阪ダービーチケット一般販売開始、その状況予想

大阪ダービーのチケットが、ファンクラブ先行販売で売れまくっているみたいなので、27日の一般販売を待っている、ガンバが好きの人のためにチケットの状況をまとめてみました。

明日、5月27日午前10時から吹田スタジアムでの大阪ダービーを含めた4試合のチケットが一般販売されます。

明治安田生命J1 第13鹿島戦~第22節 磐田戦一般販売のお知らせ(ガンバ公式ニュース)

7月29日(土)の大阪ダービーのチケットは、ガンバ大阪ファンクラブに入っている人が買える、チケットの先行販売で、下層は、アウェイ席を除いて、すべての席が売り切れている状況です。

7/29(土)明治安田生命J1 第19節C大阪戦 一部席種完売のお知らせ(再掲出) (ガンバ公式ニュース)

残っている席の上層のカテゴリー4・5・6もかなり売れているようです。

G大阪、ホームの大阪ダービーは完売必至 関係者「こんなに売れ行きがいいのは初めて」(サンスポ)

記事によると、25日の時点で約28,000枚売れているとのことですね。

吹田スタジアムは、定員は約40,000人(39,694人)。

ですが、緩衝帯などがありますので、実際には、安全を考慮するとチケット発券できるのは、おおよそ36,000枚だと、今年のサポーターミーティングで聞ききました。

アウェイの自由席と指定席は、足してざっと4,000枚(今回は、アウェイ全面開放やからね)(ここも、27日販売開始)

ということは、

チケット発券予定数-既発券数-アウェイ席=残チケット席数(一般販売の一般的な席)

36,000枚-28,000枚-4,000枚=4,000枚

予想販売一般席4,000枚(あくまで私の予想です)

アウェイ席をあわせても8,000枚

これは、きっと分の単位で売りきれてしまうレベルですね。きっと

ファンクラブに入ってなくて、27日の販売開始を待っているガンバファンの方は、10時ちょうどに、パソコンなり、コンビニなりにログインを整えていた方が良さそうです。というか、チケット手に入れる絶対条件じゃないかな。

ちなみ、ファンクラブ先行販売をしているJリーグチケットは、26日の23:59分まで販売しています。

ファンクラブの人しか購入はできませんが、残席状況は誰でもみれるので、どこのカテゴリーが残っている席数が多いか確認して、作戦たてるのが良いように思います。(アウェイ自由席を除いて、残っている席は、すべて指定席です。)

この下のアドレスに入って、「座席指定で購入」を選んで「エリア選択」→「ブロック選択」をすると残っている席が見れます。(26日23:59分までだと思う)

https://www.jleague-ticket.jp/sales/perform/1705218/005/001(Jリーグチケット)

付け加えとくと、明日の一般販売では、Jリーグチケットでも、最初の一時間は「座席指定で購入」の機能は、使えないので悪しからず。

チケット選択でカテゴリーだけ選んで、コンピューターが指定してきた席を、買う方式ですね。

座席指定できる午前11時まで一時間待っていたら売り切れてしまいますね。きっと

細かい数は、違っているかもしれませんが、おおよその状況はあっていると思いますので、ご参考になればうれしいです。

購入できることを、お祈りしています。

そして、ガンバ大阪U23vsセレッソ大阪U23のU23大阪ダービーが、5月28日午後2時キックオフで、吹田スタジアムでありますから。こちらにも、どうぞお越しくださいね。

5/28(日)明治安田生命J3 第10節C大23戦試合情報(ガンバ大阪公式ニュース)

 

追記:ファンクラブ先行販売で私がチケットを買ったときは、開始直後にパソコンでJリーグチケットを使ったんですが、回線混雑で、パソコン固まったり、Jリーグチケットそのものに入れなかったり、苦戦しました。購入できるまで、30分ぐらいかかりました。

追記(26日:23時45分):Jリーグチケットの状況みたら、ファンクラブ先行販売でさらに売れていますね。カテ4と5は、ほどんど無いに等しいぐらいしか残ってないですね。カテ6でも1,000席ないかも。もしかしたら、アウェイ自由席狭めたりするかもですね。

| | コメント (0)

2017年5月21日 (日)

取り急ぎ観戦報告、ガンバ首位となった鳥栖戦3-0

昨日(5月20日)は、朝から頼まれたダービーのチケット手配が、ちょっと大変でした。トラフィック集中したんでしょうね。Jリーグチケット、途中まで行って真っ白になったりして、思ってた席とれなかった~。なんとか別カテゴリーで用意できましたけどね。

ちなみ、ダービーのチケットは、フアンクラブ先行販売で売り切れてしまう勢いですね。

一般販売を待っている方は、チケットとれたらラッキーぐらいで思っていた方が良いかもしれません。

セレサポの方、アウェイ席は、ファンクラブ先行販売では売ってませんのでご安心を。

そんなこんなで久々に年間パスを持っている有難さを感じながら鳥栖戦を見に吹田サッカースタジアムに向かいました。

指定席なんですが、昨日は早目に行って、場外イベントを楽しんでから、午後4時25分に先行入場終了間際にスタジアムへIN。

バックスタンドは、直射日光あたりまくりで暑かった!!

ので、自席が日陰になった5時30分までは、コンコースから前座の少年サッカーみたり、スタジアム内を行ったり来たり。

暑いのでなんか冷たいものを食べたくなって選んだのがコレ!

Dscf72681

フランエレガンさんのいちごパフェ、650円也。

甘すぎず美味しかった!

男一人で、階段に座ってパフェ食している図は、ちょっと変とは思うけど、でもおいしい

甘味系は、少ない吹田スタのスタグルですけど、バックスタンドのフランエレガンは、何か一品、スイーツを提供されていることが多いので、スイーツを考えてらっしゃる方は、要注意のお店です。

吹田スタVIP席用のフレンチ提供店でもあるので、お店の筆頭グルメのチキンコンフィ始め、お味は、どのメニューも、だいたい満足できるものと思いますよ。

ただ、このお店にボリュームを求めてはいけません。

Dscf72731_2

5時30分になって日陰になってので自席に戻る

なお、当然、下層階の下の方から順々に日陰になっていくので、屋根に太陽がさえぎられて、バックスタンドの全部の席が日陰になったのは、午後6時ぐらいでしょうか。

これから夏場はナイトゲームなんで、早めに来られるバックスタンド観戦者向けプチ情報です。

Dscf72951

少し見慣れてきた、弾幕・ゲーフラ・旗のないゴール裏です。

新しいコールリーダーになって試行錯誤されているみたいですね。チャント選択が、だいぶ変わってます。

チャントの「ネロブル」なんて、ホント久方ぶりに聞いたような気がします。アイーダの「凱旋行進曲」を使ったやつです。全然違和感なく、歌いだせるゴール裏のみなさん、ホントすごいです。

ちなみ歌詞は、

「アーレー フォルツァ・ガンバ フォルツァ・ガンバ
フォルツァ・ネロブル ネロブル ネロブル ネロブル」

っていうのです。 

「胸に光る星をみろ」を確か2回聞けたのもうれしかったな。

一方で、ドラムが2台あったのかな。ちょっとズレちゃってて、1台が、合いの手みたいになっていたのは、聞いてて「ウ~ン」ってなるので、あわせてくださいね。

総評、聞いていて、まだまだこれからだろうっていうところもあるけど、新鮮でよかったですよ

Dscf72801

キーパー練習中の東口選手

Dscf73001

アップの選手登場

Dscf73041

ここでの主役は、戻ってきた呉屋選手。コールにもひときわ大きな拍手を受けていた。

Dscf73071

このボールを待ち構える足の開き具合が呉屋!

Dscf72981

今日の審判団さん

Dscf73091

Dscf73131

スタメン紹介。薄暮の中なんで、青色LEDの煌めくキレイな演出は9月までお預けです。ですから、青をきらめかせるためには、勝利後しかない!

Dscf73161

入場後の写真撮影時のガンバスタメン選手

Dscf73171

キックオフ直前の円陣が解けたところ

キックオフ!

Dscf73181

キックオフ時の両チームメンバー

鳥栖は前半のうちにFW小野の交代は、アクシデントでしょうね。途中入ってきたイボルボって巨体で背高くてガンバ苦手なタイプだったんで、一概に有利になったて思わなかったけどね。

エントリー選手紹介から、この試合のゴールの2選手。Dscf72871

Dscf72901

この2点のそれぞれのアシストクロスの三浦選手とジェソク選手もよかったです。1点目の三浦は、あそこまで前線に上がったんは、初めて見たけど、それからのクロスが得点アシストって、とっても良いですね。

お見事ドンピシャなクロスだったけど、清水ではサイドバックやってたんだそうですね。経験生きたね。さらに、この試合もあった、対角フィードも魅せるしね。ほんとガンバに来てくれてありがとうです。

で、1点目のゴールのフニクリフニクラをやってて、それが終わるとと同時に2点目のゴール

そして、そこで倉田チャントという流れは、スタジアムほんと盛り上がりましたね。

倉田選手のは、よく抑えて打てたね、あのボレー!

Dscf73211

ハーフタイム。ぼんち揚げをもらって喜ぶガンバボーイ

Dscf7324_2

茨木市民デーということで茨木童子も来場

Dscf73261

ハーフタイム中のアデ

後半開始前、遅れてる赤﨑選手を待つ

Dscf73271

後半は、終了間際に長沢選手に今日2点目が生まれ

3-0での快勝!

結果的に首位にたてました。

首位をもぎ取ったという感じではなく、首位がこぼれてきたという感じですね。今のところは

Dscf73311

試合後、整列

Dscf73301

観客21,366人は、気候の良い時期としては、少ないかなぁ。メインスタンドのカテゴリー1、だいぶ空席あったからね。試合内容に比してもったいない。ガンバ好きにとっては、おもしろい試合やったからね。

Dscf73321

ヒーローインタビューの長沢選手

Dscf73331

勝利後あいさつ

Dscf73341

で、このあと、照明を落として選手にスポットライトあててのガンバクラップ

撮ってるけどブレブレなんで載せれない(´;ω;`)ウゥゥ

Dscf73401

J1の次回ホーム戦は1か月後。あいちゃうなぁ。鹿島さんのACLの都合で13節を7月5日にスキップするからね。

ACLをまけちゃったんで仕方ない。

でも、5月28日(日)に吹田スタ14時キックオフでU23の大阪ダービーありますよ。

チケット買いました。(3試合観戦券、使用不可)

Dscf73431


最後に、得点とっていないけど、超ガンバって効いていたを思う選手を!

Dscf72931

| | コメント (0)

2017年5月 5日 (金)

取り急ぎ観戦報告、試行錯誤中のガンバドローで暫定3位

シーズン前半、唯一のホームデーゲームvs清水エスパルス戦があった吹田サッカースタジアムから帰ってまいりました。

午前中は曇り空だった北摂も、天気予報どおり昼からは快晴。

開場時は日陰だったバックスタンド前列は、美味G・againの串カツを食べ終えた午後0時30分頃からは、お天道様直撃。

試合終了時までに、2本用意していたペットボトルが空になりました。

暑かった。(湿度が低かったから、まだ耐えられたけど・・・)

今日勝てば、なんか良くわからないけど首位。けど、結果は勝ちきれませんでした。

1-1のドロー

勝ちきれないドローですが、東口のファインセーブもあり、負けなくて助かったドローという面もある試合結果です。

今節もヤットさんがサブに入るスタメン。

このメンバーだと早い攻撃が特徴ですね。

三浦弦太選手の対角フィードが決まっているうちの早い段階に攻め切って、得点までほしかった、試合の流れでした。

でも決めきれずスコアレスで前半終了

今のガンバの攻撃のギアになっているのは、倉田選手だと思うですが、倉田選手って、ドリブル突破とかで、ホントにいいアクセントをつけてくれる選手だと思うんですが、反面、時々というか、1試合1回は、自陣でボールを持った時に逡巡してボールを持ち過ぎで、怖い位置で相手に寄せられてロストというプレイがあって気になって仕方がありません。

今日もあったけど、アレなんとかならないんだろうかね。

私の中では、怖いものNo.1が金選手の最終ラインでのポカ

第2位が、倉田選手の判断ミスのボールロストです。

金選手のは、インシデントだったのが、ついにACLのアデレートユナイテッド戦でアクシデントになってしまいました。

なんとか対処できないもんでしょうかね、倉田選手。

それはさておき、後半開始早々にゴール前で相手をフリーにして先制を許す。

負けている状況だから、流れを変える交代で、2枚替えで泉澤選手とともにヤットさん投入。

交代から1分後に、堂安、倉田、井手口、倉田とつないで、倉田選手のゴール。

ワンツーを捌いた、井手口選手、ズレてたボールをよくつないでくれました。

選手交代で、ガンバの攻撃の質とリズムが明らかに変わりましたね。それまでと別チームかと思うぐらいに。

ロングボール押し込んでサイドからクロスだけでなく、中からショートパスつなげるようになりましたね。

前回ホーム戦で、遠藤保仁選手の時代が終わったと感じた旨のことを書きましたが、何が何でも遠藤選手を中心に据えたチームづくりは、終わったという意味で、こんな感じのヤットさんの使い方は大歓迎です。

交代からしばらくの押せ押せムードの中で、もう一本ゴールを取れないところが今のガンバの実力といったところでしょうか

チームづくりが試行錯誤中、それが今現在のガンバ

これで現状暫定3位は、良しかな

| | コメント (0)

2017年4月25日 (火)

取り急ぎ観戦報告、時代が終わったと感じた・・・。

ACLのグループステージ5節があった吹田サッカースタジアムから帰ってきました。

結果3-3のドローです。

ACLは、なんだかまだわずかな勝ち抜けの可能性はあるみたいですが・・・。

今日の試合を持って、一つの時代が終わったことを如実に感じました。

PK職人が、PKを枠外にはずした時に・・・

これまでも、パスがずれること多くなってきたなぁ~とか、保持しているボールを奪われることが多くなったとか、衰えをうすうす感じてはいたのですがね。

自他ともに認める得意なところで、信じられないミスが出た。

今日ので、ヤットさんの時代は終わったんだと・・・

瞬間的にそう思いました。

まだまだ試合には、出続けることでしょう。

そして、出れば応援し続けるでしょう。

でも、時代は終わった。そう感じてしまった試合でした。

| | コメント (0)

2017年4月22日 (土)

取り急ぎ観戦報告、爆勝も、気を引き締めるべき大宮戦。6-0

昨夜は、吹田スタジアムの大宮アルディージャ戦にいってきました。

結果は、6-0の”夢スコ”を超える”無慈悲”なスコアでの爆勝でした。

前節、アウェイ大阪ダービーでナチスを連想させるフラッグ掲揚があり、その仮措置としてフラッグ・ゲーフラ・弾幕のない吹田スタジアムでした。

Dscf70561

ビジョンに写された説明とお詫び文は、3枚になっていて、これははじめの一枚

Dscf71031

試合終了時のゴール裏。いつもと違う若い方がコールをとっていました。

今日になって、ガンバの緊急記者会見の内容が記事になっていて、団体名はわかっていて、60~70人を入場禁止にしているようです。

G大阪 ナチス酷似旗問題で社長が緊急会見 入場禁止サポ60〜70人に(スポニチ)

以前に警告を受けていた上で、やってしまったようですし、処分は必須ですね。

今後だされる正式処分を受けてガンバ関係全体で出直していくしかないです。

私は、ハーケンクロイツの形やナチス親衛隊という言葉は知っていますが、親衛隊旗(SS旗)がどんなものかは、今回のニュースを見るまで正直全く知らなかったです。

またSS旗に似たSh旗やShのワッペンの存在も今回のことでネットを見るまで知りませんでした。

今回の団体を含むサポ団体とは、知己はないですが、もし、そのマークのワッペンなんかを渡されていたら、知らなくて付けてしまっていたかもしれません。

試合やスタジアムが放送などで世界発信される中で、無知も怖いものだと思いました。

内容は、全く違いますが、自分の乳児にハチミツ与えて、我が子がボツヌリス菌感染して死んでしまったという、最近のニュースと同じように、「無知は罪なり」。でも、無知を知ることから始まるとも自戒を新たにしました。

Dscf70591

前置きが、長くなってしまいましたが、試合。

Dscf70791


大きくターンオーバーし、4バックの4-4-2で始まったガンバ

結果は、6-0の”夢スコ”を超える”無慈悲”なスコアでの勝利でした。

口火を切ったのは、前半16分の井手口選手の強烈ミドル!

この時は、ちょうど私の観戦位置からゴールへの一直線上に井手口選手がいました。

コースが開いていたのが見えたんで、”撃て!”叫んでしまいました。と同時に、実際井手口がシュートを打って決まるという体験!ができました。快感~でした。

Dscf70801


確か井手口選手、J1ホーム戦の初ゴールでしょ!

今まで全部アウェイ戦でのゴールだったんで、生ゴールお初です。

J通算2万1ゴール目、おめでとうございます。

続きまして、41分エリア内で完全ドフリーになった泉澤選手の狙いすましたゴール!これは、泉澤の選手のガンバ初ゴールであり、ガンバ大阪J1通算1400点目の記念ゴール

Dscf70861

Dscf70841

前半終わった時点で2-0でした。

2-0は危険なスコアってよくいうけど、昨日は危険なんて全く思わなかったです。

というのも、前線からの赤﨑・泉澤・藤本選手の早くて厳しい連動したプレスが良く効いていて、中盤でも井手口が刈るんで、大宮の攻撃を追い込んでいいて、守備が崩れそうになかったから。

Dscf70671

あと2点ぐらいはいけるんじゃないって、そんな感じでした。

で、後半54分、藤本選手のミドルをキーパーが弾いたところを詰めた倉田選手がゴール!3-0

Dscf70901


62分堂安選手が、右45度からミドルを決め、J1初ゴール!4-0

Dscf70661_2

Dscf70941_2


65分には、エリア左からの井手口選手の柔らかいクロスに三浦選手がヘッドで、これもJ1初ゴール!5-0

Dscf70961_2

Dscf70971_3


そして、とどめは、相手ディフェンスが処理をもたついているボールを堂安選手がかっさらってゴール!6-0

Dscf71011_2

他にも、赤﨑選手がキーパーとの一対一を交わしたあと、流し込もうとした惜しいのもありました。

Dscf71051_2

ヒーローインタビューを受ける堂安選手。J1初ゴールを含む2ゴールで才能の片りんを見せてくれました。一方で、守備は、赤崎・泉澤選手の早くて厳しいプレスと同時に見てしまうと緩いと言わざるを得ない。

Dscf71071_2

井手口選手は4バックが似合うのか?今日は光っていました。

Dscf71101_2

藤本選手については、この試合で始めてできるって思える内容だったと思います。見た試合の中で最高のパフォーマンスでした。

金正也選手は、一試合につき一回はキモを冷やすことが最早デフォルト。この試合では、最後尾(キーパー除く)で、ボールも持ったままスリップ。お尻をついたまま相手FWと対峙。どうなることかと思いました。

Dscf71111_2

さすがに選手の表情も柔らかい!

ということで6-0の爆勝でした。

が、一方で大宮が悪すぎたのもまた事実。

バックラインが崩壊していて、エリア内外で、フリーで打たせてもらえるチャンスが何回もあった。そんなことは普通では、そうないこと・・・

だから、勝って兜の緒を締めよ!

気を引き締めないとね、選手もサポも!

次の試合はすぐ!

4月25日(火)午後7時キックオフ @吹田スタ ACLvsアデレートユナイテッド戦です。

 

 

| | コメント (0)

2017年4月17日 (月)

取り急ぎ観戦報告、ダービー勝たねばならぬ試合で、ドローで御の字とはこれいかに

昨日は、サポが生み出す良い盛り上がりが高揚感を生み出しそこそこ見やすいけど、ピッチからは遠く吹田スタとは比べるまでもないヤンマースタジアム長居へ行ってきました。(3年前、長居スゴイとか言ってたの忘れてる)

Dscf70201

大阪ダービーの結果は、2-2のドロー

ダービーは勝ってなんぼの試合ですので、不満です。

が、34試合の中の1試合としては、ドローで御の字の試合内容でした。

いろんなところに不満と御の字という互いに相反する気持ちが交錯する原因がありそうです。

Dscf70231

まず、①選手のけがによる選手層の薄さ

今のガンバでの唯一得点が見込まれ、攻撃を引っ張れるアデミウソンの欠場。

攻守のかなめ今野選手の不在。

ファビオの負傷交代。

欠けると同等の替えのいない選手が欠けてしまってました。試合前・試合中のネガティブ要素が高い試合でした。

代わりに入った選手は、頑張ってはくれていましたが、ACLプレイオフのためガンバの始動が早く、選手を固定して仕上げた弊害がもろにでてきている今の時期です。御の字と思う要因です。

一方で、それ以外の選手にも次々と負傷情報(三浦・米倉・野田等)が出てくるチーム状況は、サッカーのピリオダイゼーションを司っているはずのフィジカルコーチが、ちゃんと選手コンディションを把握できているのか気になります。

また、破壊力のあるFWのピースが、足りないことはシーズン前からわかってたことで、大事なダービーでその欠点が、もろに出ました。ここの不満は、当然フロントの強化部へ行きますよね

Dscf70261

②試合中の選手の頑張り

倉田選手を筆頭に、藤春選手、三浦選手あたりが頑張って、劣勢の試合をドローに持ち込んでくれました

攻撃に関しては、この試合に関しては、これっといった決まった崩しをだせなかったんじゃないかと思います。

実際、得点は、崩したものではなくて、スローインとコーナーキックの流れから、選手の個人能力でとった2点ですしね。

一方で、途中出場の堂安選手はどう~したんじゃ。適正ポジションではないことはわかっているけど、攻撃牽引のための交代のはずが、失点原因になるとは・・・。

あのポジションでの交代は、最近続いていたし、カットインや裏抜けからのクロスを今まで上げてたのに・・・それさえできない低パフォーマンス。

ユースからの選手だけにダービーの重要性は、十分わかっているはず、なのにあの低調ぶりは、ちょっと信じられなかったです。期待しているだけに、かなり残念でした。

Dscf70311

③戦術

3バックは、遠藤選手の攻撃時のパフォーマンスを高めつつ、かつ守備時の弱点を軽減するためアンカーにおけるよう採用しているのだと思ってました。

守備時、今野ボランチの守備能力1・5人分で、遠藤選手の守備0・6人分のところ、二人であわせて2.1人として、プラスにもっていき、攻撃時には、プラス面を出すイメージでしょうか?

今野選手がいない今、代わりをできるのは井手口選手。でも1.5人分まではいかなくて1.3人分ぐらい。そこで出した答えが井手口アンカーなんかなぁ~

でも、それじゃ―前目でボールを刈れないから、押し込まれるのは・・・

条件がそろわないときに、大先生にこだわるのは、難しくなってきているように思います。

ここは、長谷川監督の力量が問われているんでしょうね。

Dscf70341

ということで、アウェイ・大阪ダービーは2-2で終了しました。

なんか、このチーム状況で、リーグ5位にいるのが不思議です。

Dscf70431

次の7月29日(土)ホーム大阪ダービーでは、圧勝できるよう応援しましょう!

次戦は、4月15日(金)19時キックオフ @吹田スタのvs大宮アルディージャ戦です。

| | コメント (0)

2017年4月15日 (土)

取り急ぎ観戦報告、ガンバU23、今節もゴール奪えず0-2&明さんのプレイ見れた!!

じわじわと観客動員数が落ちているU23の試合があった吹田サッカースタジアムから帰ってまいりました。

無理もない、ガンバ大阪U23は、4節終わって、まだ無得点。

今二つぐらいの状況だったのですが・・・

Dscf69741

5節パルセイロ戦は、試合開始直後のシュートのバー跳ね返りのボール処理を誤って失点。

あちゃーですわ

ガンバの選手とパルセイロの選手を体の線を比べると、鉛筆とマジックの太さの違いくらいに感じる。

そのことは、体のできた大人と平均18・19歳ぐらいの選手では仕方がないんですが・・・

フィジカルで劣るガンバのパスの精度が落ちると勝てないですね。

攻めに転じたときに、相手陣内に深く入るにつれミスがでる。

もたしてもらえるエリアではオッ~と観客が唸るプレイもでるのだが、深く入るとミス連発。

たぶん体あてられてコントロール狂っているのと、焦りかな?

リトリートして守備からカウンターというサッカーでなく、なんとかポゼッションしてパスをつないで崩そうとしているんで、パス精度のミスは厳しいですね。

トップ帯同の選手を調整目的でもいいから、いくらか回さないとこのままじゃ勝負にならないかなぁ~って感じです。

そんな試合でしたので、今日は、どちらかというとこの選手みてた方が長かったかも・・・

Dscf69731
いわずと知れた、元ガンバ戦士、明神智和選手。

Dscf69771

スタメンでしたから、ちょっとうれしかったり・・・・

今日は、中盤のつぶし役というよりは、ボール捌いていた印象でした。

明さんが、潰すまでもなかったんか?!

Dscf70031
試合後、勝利のダンスを踊る長野パルセイロの選手。

キャプテン明さんは右から二人目だったよ、確か

パルセイロの応援、よかったよ

Dscf70021

ガンバの選手のあいさつ。モチベがちょっと心配

Dscf69981

得点結果は、このままです。

明日は、大阪ダービー!!気持ち切り替えます

最後に一枚

Dscf7007_2

| | コメント (0)

2017年4月 8日 (土)

取り急ぎ観戦報告、水煙たちこめる吹スタにガンバも霞(かす)むvs広島戦

ラッキーで行けるようになったvs広島戦

昨夜、行ってきました。

諸事情でキックオフ15分前にようやく着いた吹田サッカースタジアムは、細かい雨が降り、LED照明に水煙たなびき、一面もやっていました。

ゲームが進むにつれ、吹田スタのもやはとれていきましたが、ガンバは・・・

どんどん、もやって霞んでいきました。

バイタルにボールが入らないんだものね。

井手口が、プレイのあと自分で首降っているのが目についた試合でした。

♪「守るも攻めるも頼れる男」♪が、いないのがやっぱり痛いか

先制されたあと、後半62分にオ・ジェソクの変わって同じ右WBに入ったのは、堂安律。

見ている目の前で、何回か清水航平相手に仕掛けてました。清水にちと汚いたファウルで止められたら、あとでエリア内で競り合った時にやり返してましたね。ありゃ、意地の張り合いだな~。気の強さはあるようです。

そんなんが、何気なく見えてくるのが、近さが売りの吹田スタジアム

堂安に関しては、ゴールなり、アシストなり、早く結果が欲しいですね。

ガンバ大阪0-1サンフレチェ広島

次のJ1リーグは、16日(日)のアウェイ・大阪ダービー

チケット確保済み。行きますよ~

追記:吹田市のネーミングライツの意見募集の様式、配ってたんかどうかわからなかったよ

| | コメント (0)

2017年4月 4日 (火)

スタジアムにお金が回るように!ガンバサポの意見を吹田市に!! -市立吹田サッカースタジアムにおけるネーミングライツの導入に係る意見募集について―

吹田市が、4月16日(日)までの期間で、「市立吹田サッカースタジアムにおけるネーミングライツの導入に係る意見募集について」として吹田市民他に意見募集をしています。

これは、吹田市に直接意見やアピールができる、絶好のチャンスです。

多くのガンバサポが意見すべきものだを思います。

なぜなら、ガンバサポにとってネーミングライツ関しての一番の要点は、ネーミングライツの可否ではなく、ネーミングライツで入った収入(お金)の何パーセントが吹田スタジアムに使われるかだからです。

吹田スタジアムは、毎年の固定資産税を払い続ける力が、ガンバにはないことが主な理由で、出来上がった後に吹田市に寄贈されています。

だから、「市立」であり、またネーミングライツ収入もガンバではなく吹田市に入ります。そして吹田市が、そのお金を吹田スタジアムに回すかどうかはわからないのです

どうなるかわからないから、たくさん意見を送った方良いと思うのです。

真偽は定かではありませんが、新スタが建った頃には、ネーミングライツ収入は、全額、吹田市の自主財源とすべきものだなんていう主張が市関係者の一部にあるやとのうわさが伝わってきたりしました。(さすがに、そこまでの意見は、今は無いと思いたいですが・・・)

でも、吹田スタジアムは、将来の大規模修繕の費用まで、吹田市は一切ださないことになっています。ガンバが修繕の費用を積み立てていかなければならないのです。

それなのに、吹田スタジアムが生み出すネーミングライツ収入の多くが、吹田市の他の事業に使われ、吹田スタジアムに回ってくるのが少なかったら、どう思います。ガンバサポの皆さん。

そもそも、吹田スタジアムは、ガンバサポを中心に多くの民間の人々のお金によって建ったスタです。

ネーミングライツ収入が、吹田スタジアム(修繕費用積み立て等)に使われるように、主張しても、全然おかしくないと思いませんか?

遅れていたネーミングライツが、進みだしているのは、収入分割割り合いについての吹田市とガンバの話しが水面下で進んできているのかもしれません。

が、それはそれとして、今回は、意見を言える数すくない場だと思います。

是非、ガンバサポとして、スタ建設にお金を出したものとして、「ネーミングライツを導入し、そのお金を吹田スタジアムにとの意見を吹田市に伝えましょう!

なお、設問を見るとぱっと見、市民に対しての意見募集ですが、属性の選択項目には市外というのもあるので、吹田市民以外でも問題ないようです。

また、意見は、電子メールが使えます!(あと郵送・FAX・直接持参)

様式は、吹田市のホームページからとりだせます。

ぜひ、意見をつたえましょう!そして周りの人にも広めてね!

以下、吹田市のホームページから転載しておきます。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

市立吹田サッカースタジアムにおけるネーミングライツの導入に係る意見募集について

 

 

   吹田市では、ネーミングライツの導入についての基本的な考え方を示した「吹田市ネーミングライツ導入に関する基本方針」を定めています。

   現在、市立吹田サッカースタジアムを対象として、ネーミングライツの導入について検討を進めており、導入に当たり市民の皆さんのご意見を募集します。

 

   ネーミングライツとは、スポンサーとなる団体が対価を支払って市の施設などに愛称を付けることができる権利で、市の新たな財源を確保するとともに、民間団体などとの協働により施設の魅力向上や地域の活性化を図ろうとするものです。

   他の地方公共団体の事例(資料1) (PDFファイル; 49KB)では、施設などの名称に、企業名、商品名などのブランド名が付けられています。

   なお、ネーミングライツ導入後は、市は愛称を積極的に使用しますが、条例で定めている正式名称は変更しません。

 

ネーミングライツ導入の具体的効果

     ○自主財源の確保により、施設の設備等の改修や充実を図ることができる。

     ○スポンサーとのタイアップにより、施設の知名度が向上し、利用者の増加が期待できる。

     ○スポンサーによる新たなサービスの提供やイベント等の開催が期待できる

 

 

 

以下の要領で、意見募集を行います

 

   1  意見募集期間

       ・平成29年(2017年)4月3日(月曜日)~4月16日(日曜日)必着

 

   2  意見提出方法

       ・別紙の「市立吹田サッカースタジアムネーミングライツの導入に係る意見記入用紙」 (PDFファイル; 73KB)を「3 」に

          記載の提出先に直接持参、郵送、ファックス、又は、電子メールにより提出してください。

        (直接提出の場合、土・日・祝日を除く平日の9時~17時30分に受け付けいたします。なお、口頭又は電話では受け付けてお

           りません。)

 

   3  意見提出先

          〒564-8550(住所の記載不要)

             吹田市 都市魅力部 文化スポーツ推進室(市役所低層棟3階・313番窓口)

                FAX 06-6368-9908

                メールアドレス spo-suishin@city.suita.osaka.jp(※件名に「ネーミングライツ意見」と記入してください。)

 

   4  関連資料(資料1)

       ・ネーミングライツの主な導入事例(J1リーグ所属チームのホームスタジアム) (PDFファイル; 49KB)

 

   5  その他意見記入用紙や関連資料は次の場所でも配布しています。

       (1) 吹田市役所 低層棟3階 文化スポーツ推進室(313番、生涯スポーツの推進・スポーツ施設の管理)

       (2) 同高層棟1階 市民総務室(133番、情報公開・閲覧)前 パブリックコメント専用ラック

       (3) 出張所(千里、山田、千里丘)

            ※(1)~(3)での配布は、土・日・祝日を除く平日の9時~17時30分です。

 

       (4) 市立吹田サッカースタジアム

            ※スタジアムでの配布は、4/7・4/15のJリーグ試合開催時のみスタジアム内にて配布いたしますので、観戦チケットの無

               い方につきましては、ホームページよりダウンロードするか、他の施設でお願いいたします。

 

       (5) 吹田市立総合運動場、吹田市立武道館、吹田市民体育館(片山・北千里・山田・南吹田・目俵)

            吹田市立片山市民プール、吹田市立スポーツグラウンド(中の島、桃山台、山田、南正雀)

           ※スポーツ施設ごとに開場時間が異なりますので、事前にホームページ等で開館(場)時間を御確認ください。

 

必要なものをダウンロードしてください。

 

     「市立吹田サッカースタジアムにおけるネーミングライツ導入に係る意見募集について」 (PDFファイル; 131KB)

 

     「資料1・ネーミングライツの主な導入事例(J1リーグ所属のホームスタジアム)」 (PDFファイル; 49KB)

 

     「市立吹田サッカースタジアムネーミングライツの導入に係る意見記入用紙」 (PDFファイル; 73KB)

 

     「市立吹田サッカースタジアムネーミングライツの導入に係る意見記入用紙」 (MS-Excelファイル; 41KB)

 

 

ご提出いただいた意見記入用紙は返却いたしませんので、あらかじめご了承ください。

本案件は、「吹田市民の意見の提出に関する条例」の対象ではありませんが、広く市民の皆さんの御意見をお伺いするために、意見を募集するものです。

 

 

| | コメント (0)

2017年3月22日 (水)

当ブログのプレゼント企画、中止のお知らせ。ごめんなさい。m(__)m

2月下旬から、ブログ下部で予告していました当ブログのプレゼント企画ですが、誠にすいません、中止させていただくことになりました。

期待していてくださった皆様、裏切ってしまって本当にごめんなさい。

事情を説明いたします。

4月の吹田スタジアムでのJ1・ACLグループリーグの3試合が平日開催ということは、みなさまご存じだと思います。

当初、どうしてもこの3試合は、観戦にいけそうにありませんでした。もちろん仕事でです。

そこで、年間パス分のチケットをプレゼントとして応募者に差し上げて、プログ記事を私に代わり書いていただくことを考えていたのです。

お渡しする方法は、記事にもしましたガンバの「チケット譲渡byワンタッチパス」を使ってです。

お譲りするためには、どんな情報がいるのか、また間違いなくお渡しできるか確認するため、自分に譲ってみたりして機能の確認までしていました。

ただ、3試合とも観戦できないのか、無理をして1試合は自分で観戦に行けて2試合が行けないのか、そのあたりが確定できなくて、ズルズルと本発表を延ばしていました。

ところが、今日、驚天動地の出来事が起こりました。

まさかまさかの4月人事異動

ビックリ仰天、ガンバの神様のなせる業

該当日の夜の勤務が無くなって、すべての試合、私が観戦できるようになりました。

という事情によりプレゼント企画の中止にいたりました。

お騒がせして、本当にすいませんでしたm(__)m

ごめんなさい、5月以降は、しばらく年間パス分の平日開催がないので、この企画お蔵入りです。

申し訳ございませんでした。お許しください。

 

※3月の平日開催どうしたんやと思われるでしょう。それは、それは、ガンバ観戦のために無理に無理を重ねてたのです。それだけに、4月は無理が効かなくなってたんですね。そしたら、まさかまさかの天裕です。

| | コメント (0)

2017年3月20日 (月)

取り急ぎ観戦報告、G大阪U23 0-1相模原・9対11の方が攻めが面白い!?

ガンバ大阪U23のホームゲームがあった吹田サッカースタジアムから帰ってきました。

試合結果、ガンバ大阪U23 0-1 SC相模原

敗戦です。

前半の13分、相手に正面からコントロールショットを決められ失点。

ガンバは、パスの呼吸があわずロストが多く、みていて焦れてしまう展開。

後半に入るところで、サイドバックの白井に替えて、FW登録の食野を投入。

ところが後半、開始すぐに、一枚黄紙をもらっている野田が、相手陣内でレイトチャージをして2枚イエローで退場。

たぶん前半から相模原に球際でやられていたんで、後半、厳しくいこうとしてたんだと思うんだが、不必要だったな。

これで中原をセンターバックに下げることになった。

そうこうしているうちに今度は、ぺ・スヨンが57分と66分にイエローをもらい退場。

一枚目は、イエローでしょうけど、2枚目は、あれなんで~。(正直なんのイエローかスタジアムではわからなかった。ジャンプしただけやで。)

(試合最後の方の、ガンバ攻撃時の相模原の選手が後ろから足にいってのけぞって倒れたタックルにイエローでないんだもんな~。基準が全然わかりません。J3みると、J1ましだなぁ~って思う、いらぬ修行になります。)

センターバックが二人とも欠けるという緊急事態

サブにもセンターバック要員いなんだもんな~

でも、ガンバ目線でみると一人欠けた頃からが、開き直った攻撃でおもしろかった。

なんでか、中盤にボールが入るようになり、早いパスワークで崩すこと、崩すこと。(ユースからやってる食野が入ってコンビネーションがあったということがあるのかもしれない)

特に左サイドから持ち上がり崩すことが多かった。

結局、最後まで得点にはいたらなかったけど、可能性は感じました。

後半は布陣もめまぐるしく変わった感じ。背番号と名前がまだ覚えきれていないこともあって、誰がどこにいるのか把握しきれなかった。

最後には、途中投入された妹尾がワントップやっていたりして本来のポジションではない選手、結構いたんじゃない?

まだまだ粗削りなんで、相手の様子を伺うことなく、自分たちの攻撃を貫いてしまった方が良いのかな?

そんなことを感じた、若きガンバ大阪でした。

 

追記:今日の主審、Jリーグで初めて笛を吹く人だったみたいですね。リーグも初主審な人に酷なことするね~。ガンバのU23の観客って、通常J1の試合を見ている人なんで、観客自体がそれなりの判断基準もっていたりしますからね。

さらに、吹田スタジアムは、ピッチと観客近いから、下手すると主審と選手の距離より、選手と前列の観客の距離の方が、近いことがありますから、下手なジャッジ下すと、間違いがわかりますからね。いろいろ、主審見えてなかったね。

リーグも考えてね。あんまり下手な主審続くと、観客動員にまで影響すると思うから・・・

追記2:ガンバU23の次の試合センターバックどうするの?非常事態やね。

1.トップチームから借りる。 2.ユースから借りる。 3.コンバートする。 さて、どれになるでしょうか?

ちなみに次戦は、3月25日のアウェイ鹿児島戦。

J1お休み中につき、トップチームから借りて、オーバーエイジ出場に一票。丹羽・金でいかがでしょうか。

| | コメント (2)

2017年3月19日 (日)

取り急ぎ観戦報告、J1初出場「田尻健、オレ!」vs浦和戦

ホームタウンに住んでいるとガンバの選手のプライベートが聞こえてきたりすることがある。

「○○選手は、○○に住んでいるよね。」とか

「友達が高校時代、〇〇選手とつきあっていたよ~」とか、自分は、ガンバが好きって言っていると、別にガンバのファンでもない人から、そんな話題が出てきたりするのだ。

そして、私の場合、自分自身が、直に幼い時を知っている選手がいる。

その一人が田尻健選手だ。

15年ほど前まで住んでいた家では、毎日、田尻家の足音を聞いて暮らしていた。

比喩じゃなくて、文字通り、直接、音が聞こえていた。

幼き田尻健くんの足音も混ざっていたはずだ。

その頃、私はガンバを見ていない。

昔の家から、あまり離れていない今の家に引っ越したのち、ガンバを見るようになった。

6年前、ガンバユースからプロになった田尻選手の名前を見つけた時、本当にビックリした。

えェ~、あの子が、ガンバのゴールキーパーとしてプロに~って!

ここまで縁が近いと、応援しない方が不自然だ。

プロか~スゴイなあって思ったが、一方で、J3で出場はできても、J1への壁は厚くてもどかしい。

ガンバには、代表クラスの東口選手がいて、セカンドには盤石のセカンドキーパー藤ヶ谷選手がいる。

今年になって鈴木選手が移籍してきて、田尻選手は4番手に後退したとみられていた。

さらに、後ろには、林選手やユースに逸材って噂のある谷選手が控える。

どうみても厳しい位置だ。

その田尻選手に、東口選手の骨折、そして藤ヶ谷選手の負傷退場で、突然、降ってわいたように、J1出場がおとずれた。

Dscf68781

1-0で勝っている状況での、浦和レッズ戦、まさに大舞台。

もう、そこから試合は、どうでもよくなって、田尻君、いや田尻選手をみつめていた。

田尻選手の動き、ライナー性のパントキック、キャッチング、飛距離を出したパントッキック、1対1でのセービング、高い弧を描いたキック。

そしてPK。

止めたらヒーロー

右はあってる~、が決められた~

しばらく伏せたまま立ち上がらない。

ハラハラドキドキだった田尻選手を見つめた20分

試合が終わり、あいさつ時、一人深々と長い時間のお辞儀。そして悔し涙。

それを見ていたら、なんだが涙がでてきた。

Dscf68901_3

この試合を糧に、難しい状況には変わりないけど、今までどおり地道に練習を積み重ねて、なんとか試合出場を重ねていって欲しい。

そう切に願う。

今がチャンスだ!田尻健オレ!

Dscf68341_2

追記:高村美砂さんの試合後インタビュー記事に田尻選手のコメントがあるので、リンク。<ガンバ大阪>宿敵・浦和戦はリードを守りきれず、ドロー

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

お知らせ:

このブログ・初企画!!(プレゼント企画中止になりました。詳しくはこちら

ガンバがお好きな方にちょっとしたプレゼントを考えています。

内容は、今のところヒ・ミ・ツheart04

(変なものじゃないよ)

(もう少し先に発表できると思う・・・たぶん・ガンバの補強と同じで期日がはっきりしなくてゴメンなさい)

ご興味のある方は、お手数ですが、できれば私のツイッター、アカウント「FPパパ」@fppapasan をフォローしておいてください。

お願いいたします。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

| | コメント (0)

2017年3月17日 (金)

「使ってますか?ガンバのチケット譲渡機能!」

時々繰り出す、当ブログのガンバ大阪・豆知識シリーズ(そんなんあったんか・・・知らんでェ~)エントリーです。

今回は、チケット譲渡機能についてです。(なんでやねん、急に・・・)

ガンバ大阪の年間パス(紙タイプは除く)には、行けない試合のチケットを簡単に友人や知人に譲り渡す機能が特典としてついています。

その名も「チケット譲渡byワンタッチパス

友人や知人にQRチケットとして、チケットを簡単に譲り渡せます。

20170309_2

ガンバ大阪の公式ホームページのトップから→ファンクラブ→(年間パス)チケット譲渡byワンタッチパスで簡単に案内にだどりつけます。

でここから(青↑から)、譲渡機能をつかうべく、一度ログインしてみました。

①私の場合はパソコンから
20170309_22

 

②ワンタッチパスの通常のログイン画面

IDとパスワードを入れてログイン

(ガンバ大阪のファンクラブ会員なら年間パスもってなくてもワンタッチパスシステムはログインできるはず)20170309_3

③ログインしたら「シーズンシート譲渡」をクリック

20170225_23_2

すると試合の一覧が出てくるので

④譲渡したい試合の譲渡ボタンをクリック

ここでは仮にサンフレチェ広島戦を譲ることにして←の譲渡ボタンをクリック(見切れていて申し訳けないです)

20170225_24

 

⑤次に出てきた画面で

仮りに譲る相手の自宅のPCかスマホにチケット情報を電子メール送信するとしてやってみましょう。

PC/スマホ(自宅)の横にチェックを入れ

電子メールアドレスを入力

確定ボタンを押す

これだけです。

20170225_25

注意点としては、相手がガンバからの電子メールを迷惑メールとして受け取れない可能性があることが書かれてました。

そういう場合は、いったん年間パス保持者のメルアドに送信して、それを転送してくださいと案内されてますね。

あと年間パス保持者の観戦履歴にはならないのと観戦ポイントもつかないとされています。

もうひとつ「各試合開催日の前日正午までにお手続きを完了してください」となっています。

で、もらう方には、こんなメールが届きます。

※自分にゆずったことにして送ってみた、ほんものの電子メールの文面をリンク先アドレスとかを改変して画像化してみました。

0001

もらった方は、リンク先のページから、ログインしてQRコードをもらい、そのQR画像をスマホ等でもっていくか、あるいは印刷して吹田サッカースタジアムへ行けばチケットとして入場できるようになっています。

なお、リンク先のページは、ワンタッチパスシステムなんで、ガンバ大阪ファンクラブに加入している人は、登録済みなはずですが、そうじゃない人は登録(無料)が必要なようです。

こんなシステムです。

おわかりになりましたでしょうか?

もうすぐ使ってみたいと思っています!

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

お知らせ:

このブログ・初企画!!(プレゼント企画中止になりました。詳しくはこちら

ガンバがお好きな方にちょっとしたプレゼントを考えています。

内容は、今のところヒ・ミ・ツheart04

(変なものじゃないよ)

(もう少し先に発表できると思う・・・たぶん・ガンバの補強と同じで期日がはっきりしなくてゴメンなさい)

ご興味のある方は、お手数ですが、できれば私のツイッター、アカウント「FPパパ」@fppapasan をフォローしておいてください。

お願いいたします。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

| | コメント (0)

2017年3月16日 (木)

取り急ぎ観戦報告、ACLホームvs江蘇蘇寧戦、負けちゃダメ

昨夜は、江蘇蘇寧戦が行われた吹田サッカースタジアムに行ってまいりました。

結果は、ガンバ大阪0-1江蘇蘇寧で、ACL1勝2敗です。

チェジュ戦が完敗も完敗、ヒドイ負け方だっただけに、昨日はよりメンバーが強いししゃーないか~となってしまうた試合後のスタジアムの雰囲気でしたが、ホーム2連敗はダメですよ~

相手の江蘇蘇寧がガッチリブロックを作ってきて、ブロック外を回す時間が長いガンバでした。まぁ、むやみに入れて相手にボールを渡すのは脅威だったから仕方がないっていえば、仕方がないとは思うんですがね。

取られた1点は、前半の終了間際の時間帯。

あの時間帯ガンバが攻撃の糸口をみつけだしていたんで、もったいなかったな。

ゴールの起点となったのが、初先発キーパー鈴木がフィティフィティのパントキックをセンターライン右に上げて相手にとられたところから・・・

あの時、初瀬が自陣中盤の右でフリーで開いて待っていたんだよね。鈴木も一瞬見たと思う。

でも早い攻めをと思ってか、フィティフィティのボールを蹴ちゃったんだよな

たらればやけど、安全に初瀬に渡していたらと思うと・・・

ちょっともったいなかった。高い授業料ということですね。

後半、初瀬に変わって、初瀬の位置に堂安が入って、攻撃にスイッチが入りました。

あそこからガンバに惜しいシーンが連続して、その惜しいシーンのあとに肝を冷やす相手カウンターがさく裂したりしましたが、結局ノーゴール。

ホームで痛い痛い敗戦となりました。

残り2チームの試合結果をチェックできていませんので、現時点の順位を把握できていませんが、厳しい状況でしょうね。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

お知らせ:

このブログ・初企画!!(プレゼント企画中止になりました。詳しくはこちら

ガンバがお好きな方にちょっとしたプレゼントを考えています。

内容は、今のところヒ・ミ・ツheart04

(変なものじゃないよ)

(もう少し先に発表できると思う・・・たぶん・ガンバの補強と同じで期日がはっきりしなくてゴメンなさい)

ご興味のある方は、お手数ですが、できれば私のツイッター、アカウント「FPパパ」@fppapasan をフォローしておいてください。

お願いいたします。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

| | コメント (0)

2017年3月12日 (日)

取り急ぎ観戦報告、G大阪U23開幕戦0-2・今年もメンバーで勝ったり負けたりするのか?

U23の開幕戦のあった吹田サッカースタジアムから帰ってまいりました。

3試合観戦券を2セット購入。U23もホーム戦は、できるだけ見るつもりです。

試合結果は、残念ながら2日続けての勝利とはならずでした。

ガンバ大阪U23 0-2 ガイナーレ鳥取

Dscf67481

うろ覚えで申し訳ないのですが、昨年のJ3リーグの総括で、”堂安律に振り回されたJ3”みたいな事を解説で聞いた覚え(宇都宮さんだったかな~)があるのです。

内容のかなめは、ガンバ大阪のU23チームの出来が、堂安律選手がいる時と、代表やJ1帯同で抜ける時の差が大きくて、いるいないで優勝争いの相手チームの勝ち点に影響を与えたという趣旨だったと記憶しています。

それでいうと、今日はいないときです。

スターティングメンバーにユースの2種登録選手が4人先発。

Dscf67741

J3といえどもプロリーグ

昨年のU23を見ててもユース選手が多いときは、厳しい結果になりやすい。

で、今日も案の定の結果。

出だしは快調だったんです。

コンサドーレから来た中原選手が舵取り役で押し込む時間も前半はかなりあったんですが、エリア内の最後の精度が足らない感じ。

時間がたつにつれ、前へ運べてもシュートにいたらない。そこシュートって思うシーンでパス選択や、スルーしてしまったりでチグハグ。

後半に入ると、じわじわと押し込まれる時間が長くなって、後半63分、ガンバの右サイドを破られ決壊。

その後は、得点のより欲しくなったガンバが、無駄にボールを早く前に送ろうとしてロストというシーンが目立ってきました。

たぶん、経験値なんだろうね。

一人、中盤にオーバーエイジやったり、違うを生み出す経験値豊かな選手がいるとだいぶ違うんでしょうけど、今日は最後まで修正できず仕舞いでした。

今はトップが連戦中なんで、初瀬、堂安、市丸選手をはじめ高木、平尾選手らトップ帯同と思われる選手は、ベンチにも入っていません。

また、トップとU23を今年は分離方針であると聞いています。

が、試合勘もあるでしょうから、J1の試合間隔途切れるときは、高木、平尾はもちろん、堂安・市丸選手あたりも、U23でも使われることでしょう。

今年も、U23は、その時々のメンバーでかなり試合の勝敗が、左右されそうな予感です。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

お知らせ:

このブログ・初企画!!lプレゼント企画中止になりました。詳しくはこちら

ガンバがお好きな方にちょっとしたプレゼントを考えています。

内容は、今のところヒ・ミ・ツheart04

(変なものじゃないよ)

(もう少し先に発表できると思う・・・たぶん・ガンバの補強と同じで期日がはっきりしなくてゴメンなさい)

ご興味のある方は、お手数ですが、できれば私のツイッター、アカウント「FPパパ」@fppapasan をフォローしておいてください。

お願いいたします。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

| | コメント (0)

取り急ぎ観戦報告、NEW大阪スタイルホームお披露目だ!楽しいぞ!

昨夜は、FC東京戦とフィールドプロジェクションマッピングの行われた吹田サッカースタジアムへ行ってまいりました。

結果、ガンバ大阪3-0 FC東京の完封、快勝、いや~楽しかったです。もちろん試合が、です。

試合直前、選手紹介時のプロジェクションマッピング

下がその時の、自席からの写真です。

直接、芝の上に映写されている部分です。ガンバのエンブレムわかるかな~

Dscf67071

センターサークルには白い円形のシートがひかれていて、選手映像が写っていたんだ思うんですが、私の席からは角度がなさすぎて、何が写っているのか全然わかりませんでした。

その教訓をもとに試合後の本番は、かなり後ろ席(17・18列ぐらい)に移動して見ましたよ~。本番は、まま見れたかなって感じです。

たぶん、たぶんですけど、キレイに見るには、VIP層や上層席がベストポジションです。

試合に戻ります。

今回の可変変則3バックシステム楽しいですぞ~。

ACLチェジュ戦では酷評してましたが、手のひら返しです。

柏戦は、もしかして柏弱かった~との思いもありましたが、ホームで、FC東京相手に直接目でみて、これは見ていて楽しい~って思いました。

守備は、ガツガツ球際に強く、攻撃は、早くて波状攻撃ができる。

通常、右から、三浦・ファビオ・金の3バックで、攻撃時はどうも4バックに変わり、三浦がサイドバックの役割にでるのかなぁ

で、守備時は高い位置で刈ろうとしつつ、ダメなら初瀬と藤春の2WBが下りてきて5バックを形成すると

違っているかもしれませんが、そんな感じかなぁ

システムどうのこうのよりも、攻撃的なイケイケなガンバが見れた。いつ以来かな~

しかも、FC東京も激しくきていてシュートを打ってくるのを気迫あふれた守備をみせつつ、東口がビッグセーブ連発で、PKまで止めて完封!

最高じゃないですか~

ガンバ大阪・NEW大阪スタイルですね

楽しいゾ!

Dscf67151_3

プロジェクションマッピングの話題もあるのにかかわらず観客が24,292人と少ないのは、ここ数年のガンバの試合がエキサイティングでなかったんが、大きな要因だと思うんですね。

今日の試合は、ターニングポイントになりそうな予感

ガンバの試合、楽しいから見にきてね!一緒にいこうよ!って、言えそうです。

Dscf67161


追記:勝ってるからこそ一言。主審さん、イエローを含め判定基準ふらつきすぎじゃない。見ていてフラストレーション溜まったな~。私の見る目がないのはわかってるけどなぁ~、判定解説を聞きたいな

 

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

お知らせ:

このブログ・初企画!!(プレゼント企画中止になりました。詳しくはこちら

ガンバがお好きな方にちょっとしたプレゼントを考えています。

内容は、今のところヒ・ミ・ツheart04

(変なものじゃないよ)

(もう少し先に発表できると思う・・・たぶん・ガンバの補強と同じで期限がはっきりしなくてゴメンなさい)

ご興味のある方は、お手数ですが、できれば私のツイッター、アカウント「FPパパ」@fppapasan をフォローしておいてください。

お願いいたします。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

| | コメント (0)

2017年3月 9日 (木)

11日はFC東京戦、ホームでも大阪スタイルを!

5日のアウェイ、柏レイソル戦。

継続して3バックって聞いた時は、正直どうなることやら・・・と思ってました。

また、守備的な試合内容になるんではないかとね。

長谷川監督、ほんとうに申し訳けございませんでした。m(__)m

すんばらしい、試合内容でしたね

お見それいたしました。

で、11日は、今度はホーム吹田スタジアムでFC東京戦です。

見たいですぞ!柏戦みたいな内容の試合を、ホームで!

選手のターンオーバーするなら、この試合かなぁ~って気もするんですが、間が中5日なんで、スタメンは変えなくてもいける気もするし・・・

どうなるんでしょうか?

とにかく勝った後に、試合後の初プロジェクション・マッピングを見たいです

監督・コーチ、そして何より選手のみなさん、よろしくお願いします。

このFC東京戦からは、観戦者の体力も試される、吹田スタジアム「怒涛のホーム5連戦」です。

3月11日(土)  19時キックオフ vsFC東京戦(J1・3節)

3月12日(日)  14時キックオフ vsガイナーレ鳥取戦(J3・開幕戦)

3月15日(水)  19時キックオフ vs江蘇蘇寧戦(ACL・MD3)

3月19日(日)  17時キックオフ vs浦和レッズ戦(J1・4節)

3月20日(月・祝)14時キックオフ vsSC相模原戦(J3・2節)

私も全部見るつもりで予定しているんですけど、体もつかな~とうれしい悲鳴です。

ちなみにガンバのオフィシャルチケットサイト(Jリーグチケット)では、「ガンバ大阪 怒涛の5連戦チケット」もまだ販売しているようですね。(9日・午前9時半現在)

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

お知らせ:

このブログ・初企画!!(プレゼント企画中止になりました。詳しくはこちら

ガンバがお好きな方にちょっとしたプレゼントを考えています。

内容は、今のところヒ・ミ・ツheart04

(変なものじゃないよ)

(もう少し先に発表できると思う・・・たぶん・ガンバの補強と同じで期限がはっきりしなくてゴメンなさい)

ご興味のある方は、お手数ですが、できれば私のツイッター、アカウント「FPパパ」@fppapasan をフォローしておいてください。

お願いいたします。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

| | コメント (0)

2017年3月 1日 (水)

取り急ぎ観戦報告、ACLホーム戦、大阪スタイルはどこへいった!

2012年以降は、時々、ひどい試合を生観戦してきました。

が、今日ほど、酷い試合は数少ない。

もしかしたら、ワーストかもしれない。

自分が思う、ガンバ大阪のスタイルと相いれない試合でした。

ホームで互角とみられる相手に対して、あそこまで守備的な試合をするか~

もちろん、勝つために選んだ3バックだったんでしょう。

けど、明らかに失敗しているとわかったら、慣れないシステムなんだし、前半のうちに次善の策をすぐに発動できるぐらい準備しといてくれよ~

この試合は、明らかに監督の失敗、失策ですね。

溜息がでます。

今日よかったことと言えば、コールリーダーのチャントのチョイスかな~。

ゴール裏をはじめ、観客のフラストレーションが最高に溜まった後半のなかばに、「ゴール決めろ」のチャントを連打

試合中にブーイングだらけになるのを救ってくれました!

| | コメント (0)

2017年2月27日 (月)

取り急ぎ観戦報告、開幕戦ドロー発進・ガンバ1-1甲府

開幕戦の吹田サッカースタジアムに行ってきました。

再入場が可能になった、スタジアム周辺は、サウスショップの周辺の公園で子どもが賑やかに遊んでいたり、その周りで座って歓談している人がいたり、少しだけ万博時代の和やかな風景がありましたね。

美味G横丁ができてからの万博時代の場外の縁日感が好きだったんで、ちょっと嬉しいです。

ノースフェイスの試合前一発目のチャントは確か今野選手の新チャント。コーヒールンバの調べがスタジアムに響いてました。

今年の開幕戦は、試合前に特にイベントなく始まりました。(ガンバチアとキッズによるビッグエンブレム披露はあったよ)

選手入場時、バックミュージックなくなり、サポのアカペラチャント「We are with you」のみというシンプルなものに変更されていましたね。

一瞬、音響機材の故障かと思ってしまった。

相手が少ない甲府サポだから大丈夫だったけど、アウェイサポが大人数の時に、ドラムつきでチャントかぶさられたら、ちょっと厳しいかもしれない・・・

試合は、最初から最後まで、ガンバのボール保持、対して甲府はファイブバックで守り重視。

いつ甲府の堅守をガンバが崩し切るかというゲーム展開だったけど、崩しきれずスコアレスでハーフタイムへ

早いこと1点とれば、大量得点もあり得るかな、でもカウンターから相手の得点されると厳しいぞ、と思ってたら、後者になってしまった。

ガンバの攻めの最後のところの精度やアイデアが・・・

試合が押し詰まってきてから、ガンバのCKが増えてきて、そのボールに対して競り勝っていることが多く、それが最大の攻撃になっていた。

が、得点は取れずアディショナルタイムへ

ヤットが最後尾になって、主に右から放りこむことが多くなって、カウンターがこわいこわい

でも、最後にとった、右45度からのFK。ヤットのキックから、ゴール前混戦からの、今野選手のヘッドで同点。ゴチャゴチャしていて、ビジョンでスロー見るまでだれが叩き込んだかわからんかった。

これで試合終了

家本主審がファウルを流し気味で、CKやFKも少なくて、途切れることが少なくて、とっても集中して見れた試合でした。

試合後、ツイッターのぞいたら、DAZNさん最初からずっと止まってたようで、ガンバサポの嘆きがあふれてました。

できるだけ、生観戦にいきましょって、メッセージか?Jリーグ

それはともかく、開幕戦で21,284人はヤバイぞ、ガンバ

サポミで示された、今年の平均観客数目標は、27,500人

お祭り感のある、初戦でマイナス6,000人は、かなりキツイぞ

予算をみても収支に余裕があるわけでもなく、観客動員が少なければ、稼ぎいいといわれるVIP席も売りにくいだろうし、ますます循環が良くなくなると思う。

春休み期間に入っていく大学生など若い層をなんとか取り込んでよ。手はあるはずだよね。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

お知らせ:

このブログ・初企画!!(プレゼント企画中止になりました。詳しくはこちら

ガンバがお好きな方にちょっとしたプレゼントを考えています。

内容は、今のところヒ・ミ・ツheart04

(3月ごろ発表できると思う・・・たぶん・ガンバの補強と同じで期限がはっきりしなくてゴメンなさい)

ご興味のある方は、お手数ですが、私のツイッター、アカウント「FPパパ」@fppapasan をフォローしておいてください。

お願いいたします。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

| | コメント (0)

2017年2月23日 (木)

ACLグループステージ第一戦、アウェイ、vsアデレート・ユナイテッド勝利!

昨夜は、ガンバのアデレート・ユナイテッド戦を前半30分ぐらいから見てました。

仕事を超早い目に終わらせて、ダッシュで帰宅。でも18時キックオフはキツイよなぁ~。

試合以前に、会場のハインドマシュウスタジアムは、ガンバが2008年にACLを優勝した場でもあるし、アデレート・ユナイテッドは今季、豪州のリーグで最下位との情報もあったんで、勝てるかな~なんて思ってました。

結果的に0-3での完封勝利でしたけど、試合内容としては、どうなんでしょうかね?

簡単に勝ったわけではないように見てました。

最初の30分がどうだったんだかわかりませんが、見た以降では、ガンバ結構押し込まれてたなぁ~。

守備が固くて、中にはボールを簡単には入れさせてなかったんで、相手にボールを持たせていたという見方もできるんでしょうけどね。

ガンバは、カウンター発動が、攻撃の主軸の試合だったと思います。

最終ラインの跳ね返しがいいんで、守備は固くなっているのは、間違いないんだが、もうちょっと攻撃に迫力がほしいなぁ~

でも、今年は、アウェイチケット代のために買わないと決めたユニフォームを、今日から販売の「ACLユニ」を買ってもいいかなぁと揺らぐ、私なのでした。

さあ、次は明治安田生命J1リーグ開幕戦

2月26日(日)午後5時キックオフ・ガンバ大阪vsヴァンフォーレ甲府 @吹田サッカースタジアム

参戦です。

チケットまだあるようですよ~!

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

お知らせ:

このブログ・初企画!!(プレゼント企画中止になりました。詳しくはこちら

ガンバがお好きな方に条件付きプレゼントを考えています。

内容は、今のところヒ・ミ・ツheart04

(3月ごろ発表できると思う・・・たぶん・ガンバの補強と同じで期限がはっきりしなくてゴメンなさい)

ご興味のある方は、お手数ですが、私のツイッター、アカウント「FPパパ」@fppapasan をフォローしておいてください。

お願いいたします。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

 

| | コメント (0)

2017年2月11日 (土)

遅ればせながら観戦報告、ACLプレイオフ、ガンバ3-0JDT @吹田スタ

2月7日(火)にAFCチャンピオンズリーグの本戦出場を賭けたプレイオフを見に吹田スタジアムに行ってきました。

その前に、2月4日(土)にサポーターミティングにも出席したんでちょっだけ・・・

会場は、吹田スタジアムの通常は入ることのできない2階の大き目の部屋。外からブルスパジオに行く階段を上って、そこから女性用手洗いの先の奥の大き目の部屋。

スタジアムツアーで、最初に座学で説明を受ける部屋でした。

1列に横15席が20列ちょっと用意されていたでしょうか。私は、かなり前の方に座っていたので、始まるときに、後方まで埋まっていたかどうかわかりませんが、前へ前へと案内していたんで、そこそこは集まっていたと思います。

300人ぐらいだったんかな?

会場は固い雰囲気で始まり山内社長さんは、明らかに緊張してはったよう。「ドライブをかける」というフレーズが印象に残っています。

2016       

収入

券売     1390

グッズ     583

スポンサー 3143

収入合計  5116

支出     5094

 

2017年予算

券売     1390

グッズ     650

スポンサー 3410

収入合計  5450

支出     5436

券売の2016と2017が同じなのは、理由を言ってはったけど、忘れてもうた。

 

平均観客   15,999(15年) 25,342(16年)) 17年目標27,500

 年パス    7,565(15年)  8,555(16年) 17年目標10,000

ファンクラブ 23,649(15年) 33,339(16年) 17年目標40,000

「観客動員にドライブをかける」って感じですね。新スタ効果は、2年目は薄れるんが普通なんで、目標を達成できるよう方法を考えてもらいたいと思いますね。

集客に対しても、できることであれば、サポートするんでサポも巻き込むようなムーブメントをつくってほしいですね。

2番手、梶井強化部長は、明らかにFW獲得を狙っていることがわかるプレゼン。外国人FW補強で交渉していることを強く印象づけました。これにより、会場の雰囲気が和みました。

チョメチョメ選手と個人名はサポミではだされませんでしたが、翌日「ドウグラス」獲得を狙っていることがスポーツ紙で報道されましたね。

その後の進展は、わかりませんが、サポミでも”簡単ではない”ようなことも、言われてましたんで、信じて待つしかありませんね。

 

三番手が、アカデミーを担当している二宮部長。

プレゼンでは、さらっと流しはりましたが、ユースの提携先の高校が追手門から向陽台高校(学校法人早稲田大阪学園)戻ることが一番大きな変化かな。

個人的な感想としては、大学とはうまくいっているが、高校とはそうでもなかったんやなと・・・

まあ、ガンバ自体が新たなアカデミーの寮の建設の話しをしだした時から決まっていたんでしょうと勝手にヨミとりました。

 

で、最後に一番、聞きやすかった伊藤営業部長のお話。でも、ここは社長さんの話しと重なるんで割愛。

吹田スタジアムの実質満員が36,000人というのが一番記憶に刻みこまれています。

万博の時は21,000人に対して実質19,000人で満員で、それを超えてくるとクレームの嵐ということも言ってはった。

2万人は、何度か万博のバックスタンドで体感していて、係員による超席詰め(長イスの一席分のラインを無視して詰める)をして、その上、最上段に立ち見客一杯で達成するんで、感覚的には納得。

吹田スタの約4万の定員から、緩衝帯やらVIP席や障がい者席の空きやらを引き、ガンバにクレームなく見れるんが、36,000人ということでしょうね。

ちょっとだけのはずが・・・

主客転倒になるかも・・・(疲れてきた・・・)

本題、ガンバ大阪vsジョホール・ダルル・タクジム

2月7日(火)19時キックオフ・気温4.6℃・観客8,149人

Dscf65741

ヒートテックの2枚重ねの上にフリース2枚重ね、レプリカユニ、さらにダウンの完全武装での観戦でした。

風がなかったんが幸いでした。

ゴール裏は下層だけの開放で、結構埋まってました。8,149人の半分ぐらいがゴール裏だったのでしょうか。

今野選手のチャントをはじめ、新チャントも早くも馴染んでいました。昨シーズンは「WE are with you」チャント最初の試合はグダグダだったもんね。

この試合、コアサポ度が高いこともあるんでしょう。

タオマフをぐるぐる回すチャントができています。

私は、バックスタンドの真ん中近くのC10ブロックの前から5列目観戦

今回の年パス者へのチケット優待販売は、個別の席選択はできなくて、カテゴリー選択したら出てくる席を粛々と買う方式だったためか、バックスタンドは、真ん中の2ブロックだけが、ほぼ満席で、あとはガラガラ。

ガンバさん、こんな空いている時こそ、好きな席を選択させてよ!前が好きな人もいれば、少し高い視点の後ろがいい人もいるんだし。

顧客満足度高めてよ!と一言申します。

まぁ、私は前目が良かったんで、いいんだけどね

Dscf65731

マレーシアのジョホール・ダルル・タクジム(JDT)サポ

思ってたより、多くのサポが来阪。試合中、上半身裸のサポの多いこと。

そして「We Will Rock You」のチャントというか、原曲そのもの?が良かった

Dscf65761

キックオフ(以下、順不動で感想を)

今年のACLユニは、青い!思っていたんより青い!

ナイトゲームの暗転とLEDブレス演出は同じ。LEDブレス、持ってない人結構いた。初めての人は、やっぱり暗転に驚くみたいで、JDTサポから歓声が上がる。でもガンバサポは、もう慣れたもんです。

今シーズンの選手紹介動画は、画面3分割で、動きは少ない

試合は、JDTの当たり、結構キツイ。あぁ~ACLだと思う。

接触プレイのたんびに審判がどちらのチームにもファウルをとって試合が止まる。もうちょっと、流せないものかと思う。(試合が進むにつれ馴染んだけど)

今ちゃんと井手口が、相手ボールを刈るんだけど、正当に獲ったと思ってもファウルとなることがしばしばある。

ファウルのあとの試合再開がだんだんとガンバはクイックになる。

ガンバのディフェンスラインがだんだんと高くなる。と、おもっていたら、ファビオがセンターラインを越えて持ち上がり、オォッーと思う。

DF三浦が、結構長いボールを縦に入れる

ファビオがミスしたあと、挽回の自作自演を演出する

オ・ジェソクがルーズボールを取りにいったところ、相手のレイトタックルを受ける。遠いサイドにもかかわらず、ガツンと音が聞こえてきたから、とっても心配したけど、大丈夫そう

藤春が何度も相手深くに入ろうと動く。流れから右足で左45度からシュートを打つが右にそれていきサイドラインを割る。どんだけ曲がるねん。

藤春が相手の2番(だったと思う)としばしば、小競り合いをする。イエロー心配したが、大丈夫

何度も試みていた左サイドを崩しての、クロスからの得点が立て続け。(1点目は真ん中から左に振ってからだけど)

前半は、1回だけ、ガンバの右側から縦に突破され危なかったが、相手のファウルで難を逃れる。その後、三浦を中心にコミニュケーションを図っている。

Dscf65801
ガンバ2-0JDTでハーフタイムへ

JDTは後半も繋ぐサッカーで放り込みはなし。で、完全にガンバが対応し危なげない戦いとなる。

興味は、次の1点をいつ入れるかだけど、なかなか得点にいたらない。

シーズン初戦にして、ガンバのボール回しに合わせてサポからオゥ、コールが出た。

藤春が絶好の位置でパスを受けるが、決めきれない。

後半3度目のコーナーキックでついに得点する。三浦、高ッ~!さすが、エンドー!

センターバック二人が左右ワイドに広がっているのに、遠藤大先生が、だれもいない真ん中にバックパスを出し、相手ボールになりかけ、相手を引き倒しイエローをもらう。何やってるん、エンドー!

81分に遠藤OUT・泉澤INの交代したあと、組み立てが今一つになった。交代そのものは、いい交代やと思うんだがね

Dscf65831

最終スコア3-0

Dscf65901
勝利インタヴューは遠藤選手。シーズン初戦でキャプテンが選ばれたんか?

Dscf65911

あいさつ時の井手口選手と話す堂安選手

アディショナルタイムの惜しいのを入れられたら良かったんだけど、堂安!

今シーズンは出てきてもらわなければ、選手層的にも厳しいからね。

Dscf65951
ファビオと三浦のCBコンビは期待してもよさそう

初戦としては、新加入選手の活躍もたっぷり見れたし、スコアも完封勝利で、内容も危なげなく、気持ちが高まる内容でした。

Dscf65981

2月22日にACLのアウェイ・アデレード戦を挟みますが、次のホーム戦は明治安田生命J1リーグ・開幕のヴァンフォレー甲府戦です。

| | コメント (0)

2017年1月15日 (日)

ショック「AOQLO PEOPLE -ガンバ大阪系ウェブログを繋ぐリンクリスト-」が2月25日で閉鎖だそうです。

遅まきながら、みなさま、今年もよろしくお願いいたします。

私の今年のサッカー観戦は、元日の天皇杯決勝観戦から始まりました。

試合そのものは、接戦で楽しみましたが、吹田スタジアムでガンバがいない戦いは、物足りなさも大いに感じたところです。

初めてのコンフォート席(バックスタンド側のVIP席)は、快適でした。選手個人やプレイがはっきり識別できる程度には見え、かつ全体が俯瞰的に観戦できる環境は、なかなか優れものでした。

寒さ対策が不十分だった連れは、時々エアコンの効いたバックスペースの部屋観戦に切り替えながらみてました。

また部屋には、モニターがあって、リプレイ映像が流れたりするんで、4列ある席の最後列4列目だった私は、セットプレイの後は、後ろの部屋内モニターを振り返り見したりして、細かいところを確認しながら試合を見てました。

あとお弁当・ドリンク・パンフレットと南駐車場の駐車券(1件につき1枚のみ)がついてました。

同じVIPフロワーのラウンジ席とは、入退場も別で、専用ゲートでスムースにスタジアム出入りができました。

この試合は、VIPフロアーも満席だったので、男性用用便器が3個しかないお手洗いが、ハーフタイムには長蛇の列になってしまったのが、唯一のマイナス点かな(バックスタンドで普段使っているトイレよりも時間かかったと思う。)

結論、一人8,000円(あとチケット郵送料やシステム利用料で1,000円弱必要だったけど)は、コストパフォーマンスが高く感じお得感一杯でした。。

まあ、ガンバのリーグ戦の時は、一番安いプランで、20人で410,400円で販売してた席だからね。

対価格比、安く感じてあたり前かもしれません。

さて、今日(1月15日)は、カンバの2017年シーズン始動日です。

さきほど、会見のネット配信が終わりました。

が、その前に昨日、とっても惜しい、残念なお知らせを見ました。

以下引用(最後の3行に注目)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

AOQLO PEOPLE  -ガンバ大阪系ウェブログを繋ぐリンクリスト-

AOQLO PEOPLEとは?

AOQLO PEOPLEは、2004年8月1日にスタートした、ガンバ大阪を応援する人たちのウェブログを繋げるリンクリストです。
サッカー記事の割合に関わらず、ガンバ大阪を主に応援している方が書かれているウェブログなら参加できます。
ただし、他チームがメインだけれどガンバも取り上げているから、という場合は
残念ですがお断りさせていただく場合があります。ご了承ください。
参加ご希望の方は、AOQLO PEOPLE専用掲示板へ書き込みいただくか、管理担当タカギ(ユ)までメールにてお問い合わせください。
ガンバ/サッカー専門ブログでなくても受け付けています。管理人からリンクのお願いをする場合もあります(詳細はこちら)

お知らせ(2017年1月14日)

AOQLOPEOPLEは2017年2月25日に閉鎖いたします(詳細はこちら)
長年のご愛顧、まことにありがとうございました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆(引用終わり)

私は、2009年ごろから、毎試合後に、または、ガンバに事あるごとに、このサイトに何回も、何日もアクセスして、登録ブログを見て楽しんできました。

このポータルサイトがあったから、ガンバ大阪のことをより深く知ったり、より好きになれたことか!

まさか、このサイトがなくなる日が来るなんて想像さえしていなかったです。

「AOQLO PEOPLE」  という、この無形財産が無くなることは、本当に残念です。

なんだろう、とっても喪失感があります。

私のブログは、別の「さっかりん」というサイトにどなたかの推薦で登録していただき、最初はとまどいながらも、登録されたからにはと、それを励みにやってきました。

ある程度、ブログ内容に自分が納得できた時に、「AOQLO PEOPLE」 に掲載登録をしようと思っていましたが、その時はなくなりました。

私自身にとっては、目標がなくなったという意味でも残念です。

管理人さんの大変さは、なんとなく想像できても、実際のご苦労は、やってらしゃる本人さんにしかわからないでしょう。

アフェリエイトとかもないようですし、費用的にも、きっと持ち出しでしょうから、ガンバへの熱意とか、好きという気持ちで、運営されてきたサイトだと思います。

管理人さんの面識はありませんが、ツィッターでフォローしていたんで、ご事情も察せられますし、個人でやっておられるサイトの閉鎖はやむ負えない決断なのだと思います。

でも、本当に残念です。

管理人さん、お疲れさまでした。そして本当にありがとうございました。あとひと月よろしくお願いします。

感謝して、感謝して、感謝しても足りないなぁ。

リーグ開幕の日が来てほしいような、来てほしくないような2017シーズンです。

 

追記・「AOQLO PEOPLE」に登録されている個人ブログの多くは、「ブログ村」か「さっかりん」に重ねて登録されていることが多いかと思いますが、もし登録のないブログで読みたいものがあれば、「さっかりん」の場合、他薦の登録依頼ができます。(登録されたあと、個人ブログの管理人さんが、登録削除依頼もだせます。)

選手等の公式の場合は、どうなんでしょうかね。といっても、いまやブログは、ヤットさんぐらいしかやってないかな。

| | コメント (0)

2016年12月30日 (金)

オー ミア・ガンバ大阪、2016年まとめ

12月24日の天皇杯準決勝の敗退をもって、ガンバ大阪の2016年シーズンは終了しました。

よって、私のガンバ大阪観戦も今年分は、終了。

忘れないうちに、今シーズンをまとめておきたいと思います。

思えば2016年は、元日に2015シーズン最終戦・天皇杯決勝を味の素スタジアムで見ることから始まりました。

決勝戦の生観戦は、万博でJ2優勝が決まった試合も見ておらず、全くの初めてでした。

優勝を生で見届けたのは、初めてで、感極まったのを昨日のごとく良く覚えております。

チケットがなかなか手に入らず、無理に無理を重ねて、見に行った味の素スタジアム。

パトリックのゴールで先制し、パトリックの追加点の決勝ゴールで優勝した試合でした。

でもあんまり試合内容は、覚えていません。

良く覚えているのは、とてもよい天気で、初日の出が綺麗だったことだったり、

行きの新幹線を品川で降りた時、ガンバサポさんと「来年の天皇杯決勝は吹田スタってニュースで出ていましたね」と話したことだったり、

スタジアムから見た富士山、そして圧倒的なレッズの応援だったり、

アルビレックス新潟ユニの年配観戦者が近くにおられたことだったり、

優勝杯を掲げる直前、ヤットさんが、明神選手の「17」番ユニを着てて背中を指さしたことだったり、

カンピオーネチャントを歌ったことだったり、

帰りの味の素スタジアムから飛田給までの道が、超混雑して大変だったことだったり、

そんなことですね。

どれもがとってもいい経験でした。

前置きが長くなってしまいました。

 

それでは、まとめです。

まずが、2016年の生観戦試合数!

トップチーム公式戦、24試合。吹田スタ23試合・埼玉スタ1試合。

10勝・8敗・6引き分けでした。

吹田スタ23試合(10勝・7敗・6分)・埼玉スタ1試合(1敗)。

内訳

J1リーグ、8勝5敗4分

ACLグループステージ、2敗1分

ルヴァンカップ、1勝1敗1分(うち1敗は埼玉スタ・決勝)

天皇杯、1勝

 

その他として、

プレ・シーズン・マッチ(パナソニックカップ)1勝(吹田スタこけら落とし)

J3リーグ

2勝3敗4分(吹田スタ3試合・万博6試合)

 

トップもU23も負けたり・引き分けたりした試合の多かったこと・・・

吹田スタジアム初年度でしたが、かなり残念な結果でした。

吹田スタのチケット代が値上がりしたこともあって、ホーム重視で、アウェイは全くいけませんでした。

その中で印象に残ったこと・・・

 

ベストゲーム

ルヴァンカップ準々決勝第2戦 vs広島戦・スコア6-3(9月4日)

勝ち抜け状況がめまぐるしく変わりながら、打ち合い上等の展開になり、後半はゴールラッシュ。単純に楽しかった!

もし生観戦してたら、J1最終節川崎戦になっていたでしょう。

 

ベストゴール

J1リーグ・1st3節 vs大宮戦(2-1)(3月11日)の2点目阿部選手のゴール!!

左サイドを完璧に崩したゴール。遠藤選手の裏抜けスルーパスを藤春選手が走り込み受けてのマイナスクロスを阿部選手のゴール

 

ワーストゲーム

ACL・グループステージ4節 vs上海上港戦(0-2)(4月6日)

何もできませんでした。何もさせてもらえませんでした。

 

吹田スタジアムのスゴさを感じたで賞

J1リーグ1st10節 vs浦和レッズ戦(1-0)(6月15日)

試合ラスト2分のガンバ大阪に対する応援!!

ゴール裏だけでなく、メイン・バックも手拍子に加わり、スタジアムが一体となった応援が素晴らしかった!

こんなところでしょうか!?

次に、このブログでの2016年、読者が多かった記事をご紹介。

上位、3本は、試合のことじゃなくて、吹田サッカースタジアムについてのエントリーでした。

一位・吹田スタジアムからの帰路が楽になるちょっとした情報 (2016年6月4日)(約3,000PV)※1

二位・駐車場の完全予約制は新スタジアムが建設できた要件の一つ。できるだけモノレール・バスで新スタへ (2016年1月29日)(約1,700PV)

三位・なんとかして、吹田サッカースタジアム帰路、自転車編(約1,500PV)

四位が、初めて追加審判を入れたガンバ大阪U23のvs相模原戦の試合のことを書いたエントリーで年間650PVでしたので、上位3つが圧倒的でした。

一位のエントリーなんか、最近になって「吹田スタジアム」でググルとトップページに出てきて、書いた本人が驚くとともに、吹田スタの帰路アクセスについて、気にしている人が多いことを改めて感じています。

ガンバさん、改めてスタジアムアクセスの本気の対策をお願いしたいと思います!

 

さてさて、昨日の天皇杯準決勝の結果を持ちまして、ガンバ大阪の2017シーズンのプレイオフからのACL参戦がきまりました。

2017年2月7日(火)が初戦となります。

それに伴い、始動日が1月15日となることもリリースされています。

いつになく移籍で出ていく選手が多いことが、心配されますが、ガンバロスの期間は短くてすみそうです。

新年も、試合そのものより、引き続き、試合周辺のことを主に綴っていこうと思います。

できましたら、よろしくお付き合いください。

みなさま良いお年をお迎えください。

※1・天皇杯決勝で吹田サッカースタジアムに起こしの方へ

クラブワールドカップでは、吹田スタジアムのゲート3からの退出方法が、ガンバ主催ゲームとは違っていました。

ゲート3から、時計周りにゲート2の方向に、人を誘導していました。ついては、天皇杯決勝開催時の退出時にも、この方法を導入する可能性があります。アウェイ側(南側・右側)、バックスタンドの観客の方は、お気をつけください。その時の係員の誘導に従ってください。

| | コメント (0)

2016年12月18日 (日)

とりあえず観戦報告、クラブワールドカップ@吹田スタ。世界初ビデオ判定などいろいろあった!

12月14日(水)にクラブワールドカップ、5位6位決定戦と準決勝の2試合を見に吹田サッカースタジアムに行ってきました。

JFAかFIFAかわからないけど、観客の需要予測誤ったかなぁ~。チケット販売初日にホーム側ゴール裏買ったのにV層の端だなあっ~と思ってたけど、真ん中ガラガラ(というより2試合とも人いなかった)だった。(´;ω;`)ウゥゥ

到着した吹田スタジアムの周辺は、11日に比べてフォーリナーさらに多し。

緑のユニが多かったから南米、コロンビアのアトレティコ・ナシオナルのサポさんですね。

Dscf64681jpg

さて1試合目は、全北現代(韓国)vsマメロディ・サンダウンズ(南アフリカ)16時30分キックオフ

Dscf64691

この時点でマメロディ・サンダウンズが吹田スタジアム記録達成。

ホームとアウェイ側の両方で試合したことのある初チーム!

Dscf64761

試合開始時はガラガラだったな。公式観客者数は5,938人。平日昼間やけど、もうちょっと入ってほしかったな

全北現代は、鹿島の後半の戦い方を参考にしたなぁって思った試合。

サンダウンズの縦に長めのボールでサイド深くに足の速いFWを走らせて最終ラインを突破する戦法を前半から出させなかった。

試合を支配した全北が18分キム・ボギョンのゴールで先制。

29分にも全北、そして41分のオウンゴールで3-0になった時点で決まってしまったかな。

後半、サウンダウンズがエリア内右45度から打ったミドルのファインゴールで一矢報いたが、それまで。

最終スコアは全北現代4-1マメロディ・サンダウンズ

ちょっと大味の試合でした。

歴史的な試合となった2試合目は19時30分キックオフ

アトレティコ・ナシオナル(コロンビア)vs鹿島アントラーズ

Dscf64831
ホームゴール裏東よりからバックスタンドにかけて終結したアトレティコ・ナシオナルサポ。

試合前、場所柄、お好み焼きの「at・the21」や「フラン・エレガン」に列をなしてました、アトレティコさぽさん。

あそこの2店だったら吹田スタ内でも味は高品質保証(私、贔屓の2店)できるから、喜んでもらえたんじゃないかな

コンコースでは、日本人との記念写真撮影会があちこちに。ガンバの試合では見慣れない国際試合ならでは光景だった。

Dscf64881

アトレティコ・ナシオナルのアップ

Dscf64931

FIFAアンセムが鳴り出すとやっぱり盛り上がる

試合前には、シャペコンセの選手・関係者に対する黙とう。アトレティコ・ナシオナルはある意味、当事者ですからね。

攻めるアトレティコ・ナシオナルに守る鹿島の構図かなって試合前思っていたんですが、序盤から鹿島にも決定的チャンスがあった。

これは、面白い試合になりそうって見ていて、だんだんアトレティコの攻めが多くなってきている中で起こった。

この試合のターニングポイントはなんといってもこれでしょう

Dscf65011

32分ごろ、ボールがメイン側中央ややアウェイ寄りでサイドを割って、選手がスローインをしようとしたところで、主審が試合を止めた。

なんだろうと思ってみていたら、主審の手が四角「□」を描いたから、私はビデオ判定だとは分かったが、いったいどのシーンが対象???となったよ!

(事前にこの大会ではビデオ判定が初導入されるということは知っていた。)

対象となったFKからのゴール前競り合いのシーンって、かなり前のプレイだったからね。

私の頭の中の短期記憶では、このシーン流されてしまって、覚えてなかった。

それほど惜しいシーンでもなかったし、主審も選手たちも当然のように試合続けていた場面だったからね。

主審の判定後、会場内にも対象シーンのリプレイがビジョンで流されたけど、こんな前のプレイをビデオ判定するのか~っていうのが、その時思ったこと。

もう一つは、判定時間は1分超ぐらいとおもうけど、時間がかかるな~、流れが切れるなぁって思った。

24分のアトレティコのシュートがクロスバーを叩き、その跳ね返りのボールのシュートを鹿島デフェンダー(昌子)が跳ね返したあたりから会場内が異様な盛り上がりを見せていたんですが、この中断で流れが完全にぶち切られた。

負傷とか、レッドカード退場とかでも中断ってあるけど、あれは試合の流れの中で起こるからあんまり違和感ないんだけど、今回は、プレイをさかのぼっての中断で違和感ありありだった。

サッカーの大きな魅力のひとつが攻守の切り替えの速さだと思っているんで、それをぶち切る要素が増えるのは、あまり望ましいものではないということを体験したね。

もちろんジャッジ的には正しいとは思っている。またビデオ判定(VAR)が、今回を持って不要だとも思っていない。

でも試合を生で見た感想は上のとおりだ。

たぶん、フリーキックの直後に主審主導で試合が止められていたら、全然違った印象になったと思う、

運用を改善する余地は大ありです!

Dscf65031

FIFA主催大会史上初、ビデオ判定による獲得PK!主審ビクトル・カッサイ(ハンガリー)・得点土居聖真 (日本) 33' 場所・市立吹田サッカースタジアム

世界に吹田サッカースタジアムの名前を発信しましたね。ホントに!

前半のうちに取り返そうと前半の最後は、アトレティコが攻めてきましたね。

でも取れなかった。

後半に入ってますます圧力かけてくるけど、時間がたつにつれパスミスが増えてくるアトレティコ。南米王者にしても、こうなるんだ~って見ながら思ってました。

83分、アウェイ、ゴール前でキーパーともつれたな~と思ったら、ゆっくりボールがゴールに流れ込んいきました。

リプレイで鹿島の遠藤選手がヒールで流し込んでいるのを見て、鹿島勝ったなと思った次第。

最後にもう一点鹿島がとり、アトレティコ・ナシオナル0-3鹿島アントラーズ

で試合終了でした。

Dscf6506_2

鹿島がクラブワールドカップ史上初の日本クラブの決勝進出となりました。

なお、9時を超える試合でしたが、鳴り物鳴りやまず、その点が実にもったいない試合でもありました。

| | コメント (0)

2016年12月13日 (火)

とりあえず観戦報告、クラブワールドカップ@吹田スタ。本家、人力アントラーズを次こそ見せてくれ!

12月11日の日曜日、クラブワールドカップの試合を見に吹田サッカースタジアムに行ってきました。

ゲート3からのスタジアム周りの帰路が、ガンバ戦とどうも違った運営のような吹田スタジアムでした。

午後4時からの試合に吹田スタジアムについたのは午後3時頃。

自転車を元ガンバクラブハウスの駐輪場に置く。ガンバの試合と違って駐輪場ガラガラ。客層の違いを感じました。遠くから来られている方多いんだろうなぁ。

メイン側に回ると、スタジアム外テントでトロフィーエキジビションをやっていたので見る。

Dscf64291

各大陸王者のユニフォームとトロフィー+CWCのトロフィーが展示。

CLと南米は、トロフィーはなかったかな。

アントラーズユニとJのトロフィーも。

ちょっと並んで入場したけど、無料で写真撮影もOKなので、見る価値ありですね。

もう一度バックスタンド側の指定入場ゲートのゲート4まで行くと、予想はしていたけど、そこそこの入場列。

カバン等のチェックにプラスして金属探知機でのボディチェック。

身につけている金属製品をビニール袋に入れるように、アナウンスしていたんで、ネックレスとか指輪なんかひっかかるんでしょうかね?

私は、持ち込み水分も、水筒と紙パック飲料にしてたんで、な~んもひっかからなかったんで早かったけど、結構ペットボトルで引っかかっていたりしたかなぁ。

入場してから、手洗いで、寒さ対策でさらに着こんで、指定の席についたんはキックオフ15分前でした。

選手紹介が結構あっさりとした天皇杯みたいな紹介でちょっと拍子抜け。

特段セレモニーもなく、いきなりFIFAアンセムでのレフリィー・選手入場でした。

全北現代(アジア王者)vsクラブ・アメリカ(北中米カリブ王者)

Dscf64361


シャペコエンセのスタッフ・選手に黙とうをしてからのキックオフ

Dscf64371

試合内容は、私のいつものブログ仕様で割愛

一言だけ書いておくと、テクニック&フィジカルのクラブ・アメリカに対して組織の全北現代という様相の試合でとても見ごたえがあったですね。

劣勢だった全北現代が先制したんで、余計おもしろい試合展開になりました。

Dscf64431

結果は、全北現代1 - 2クラブ・アメリカ

Dscf64461

敗れた全北現代のサポーターへのあいさつ

勝利したクラブ・アメリカが、横浜でCLチャンピオンのレアル・マドリーと対戦です。

第2試合まで約1時間半。

夕食のためにスタグルへ

店にいつもの看板がなくて、どこも一緒(のようにみえる)赤い看板に赤いメニュー表示。

どうもスポンサーに配慮したCWC特製仕様。

見た限りでは、いつものお店なんだけど、字は小さいし、店名はないしで、覚えている店配配置を思い出して選択。

CWC仕様、これ吹田スタに慣れてないと、とっても選ぶの困るゾ!

混む前にということで、安定の箕面フレンチ「フラン・エレガン」さんのチキン・コンフィー。だけでは、量が足りないので、初めての「チキンコンフィ&洋風キノコの炊き込みご飯(¥1,000)」を選択。

めっちゃ美味し!

「フラン・エレガン」は、ほかのスタ店より、店構えは小さ目やし、値段は高めですけど、どれもとっても美味しいです。

吹田スタのVIPルームのお食事提供店でもあります。

買って自席に戻ろうと思っていたら、ホームゴール裏が、ボンボコ、ボンボコとアフリカン・サウンズあふれていて、とっても賑やか!

Dscf6447_2

アフリカ王者のマメロウズ・サンダウンズ(南アフリカ)のサポ

次の試合マメロウズ・サンダウンズのサポーター100人いるかいないかが、盛り上がったいたのでした。

実は、一試合目の最後の方から既に太鼓の音が響いていたので、いかにも待ちきれないって感じだったんですよね。

周囲は撮影会場と化していたので、あちこちに映像があがっているんじゃないかな。

彼らは、試合直前には、場内にウェーブを起こそうと奮闘。

10回ぐらいは右に左にトライしたあげく、遂には周りちらばり、日本人観客に指導を入れて、本当に場内をめぐるウェーブを起こしたんは感動モノでした。

Dscf64481

2試合目 マメロディ・サンダウンズ(アフリカ王者) vs 鹿島アントラーズ(開催国王者)

Dscf64551

これも詳しい試合内容は割愛

前半は、FWの速さを生かしたマメロディ・サンダウンズの一方的な試合。鹿島はGK曽ヶ端が大活躍しなければどうなったことやら。

でも前半をスコアレスでしのげた。

後半は、すぐに攻守が入れ替わったことが感じれる状況。これだけ、前後半で変わることも珍しい。

63分ついに鹿島が先制。この時、場内がホーム側ゴール裏も含めて大歓声になったんは、ちょっと驚いたな。

鹿島が先制したあとは、マメロディ・サンダウンズは、長旅の疲れがでたのか一気にモチベーションが下がったか、運動量も落ちて、FWまでボールが渡らなくなってしまった。

こうなると私の興味は21時以降鳴り物禁止になったあとの鹿島アントラーズの応援がどうなるか。

吹田スタジアムは21時以降鳴り物禁止で、この試合19時30分キックオフなので、21時を超えることは確定試合。

ツイッターでつい先日「人力アントラーズ*1」なる動画を知って、もう面白くて、ある面感動して、本家アントラーズが、鳴り物なしで、どうなるかメッチャ興味を持ってしまったんですよね。

ホームゴール裏(ちなみ鹿島はアウェイ側)でも、21時過ぎたら「ダン・ドン、ダン・ドン」って拍子とっている人がいたから、相応に「人力アントラーズ」浸透しているんだと・・・

結果、鹿島サポさんは、選手コールを中心の応援に切り替えていました。

「鹿島アントラーズ」コールもあったかな。

口ドラムは、とっても難しいだろうけど、14日の試合「ロール3」を期待してしまう自分がいます。

それはそれとして、声だけの応援って、結構いいもんです

その前に、吹田スタジアムのローカルルールを守ってくれた、鹿島アントラーズサポさんと、アフリカから参戦のマメロウズ・サンタウンズサポさんには大変感謝します。

Dscf64611

マメロディ・サンダウンズ 0-2鹿島アントラーズ

鹿島アントラーズは大変勝負強かった!

この結果12月14日(水)の市立吹田サッカースタジアムでのクラブワールドカップの試合は、以下のようになりました。

5位・6位決定戦 16:30KO 全北現代vsマメロディ・サンダウンズ

準決勝   19:30KO アトレティコ・ナシオナル(南米王者)vs鹿島アントラーズ

この日も一番安い価格帯のホームゴール裏・V層で観戦予定です。

ちなみに、今現在(13日10時30分)チケットは絶賛販売中のようです。

 

 

 

*1:人力アントラーズ 今年の3月に公開された1分ほどユーチューブ動画をみるとわかります。ググると一番上にきっとでてきます。

鳴り物禁止の武蔵野陸上公園でホンダロックサポ等が鹿島アントラーズのチャント「ロール」を口ドラムで再現したものです。 その再現度がスゴイです。

【追加】貼っときます。

| | コメント (0)

2016年11月13日 (日)

取り急ぎ観戦報告・ガンバ大阪U23 2-2秋田(ホーム最終戦)

J3リーグのホーム最終戦セレモニーのあった吹田スタジアムから帰ってまいりました。

Dscf63451_5

今シーズン初参入したJ3リーグ。

ガンバ大阪U23の試合観戦は、今日で9試合目

で、みた中で今日が一番U23らしい試合でしたね。

まずもってメンバーが、サブも含めてオーバーエイジが小椋選手ただ一人。

今までの試合は、ミッドフィルダーに二人から三人オーバーエイジを起用することが多くて、そこを核にして試合を運んでいる感じがあったからね。

また試合によっては、トップチーム選手の調整目的が、育成と混合しているように感じる試合も、そこそこあった。

その点、今日は小椋選手が攻守に効いていて、指示も頻繁にだしている姿をみましたが、それでもやっぱり、市丸選手のタクトで動いているガンバでした。

今日のメンバーだと、U23っていっても、スタメンに19歳までの選手が6名。

相手にフィジカル勝負に持ち込まれたら部が悪い。そこをテクニックでどうかわして、連動したパスワークで攻めていくか。

実際そういう場面が、そこここで頻出。そこが魅力の試合でした。

相手に二人・三人と囲まれた場合のアイデアは堂安選手が抜けてますね。

後半の後半でしたか、三人で囲まれた中を浮き球の縦パスで打開してチャンスメイクした場面は、場内どよめきました。

2失点は、防げたんじゃないかなぁというミスから始まっていて、ドローという結果を招いているんで、それは反省していただきたいですね。

反省して~とだけで済んでいるのは、U23チームは、降格も昇格もない、育成目的の特別扱いのチームやからかもしれない。

今後、プロの興行として、U23をやっていくには、もっと攻撃的に魅せてくれてもいいかもしれないですね。

Dscf64081
最終戦セレモニーで選手を代表してあいさつする堂安選手

| | コメント (0)

2016年11月10日 (木)

取り急ぎ観戦報告、天皇杯4回戦、ガンバ1-0清水(延長)@吹田スタ

昨夜は、吹田スタジアム行われた天皇杯4回戦 vs清水戦を着ぶくれしながら見てきました。

ヒートテック2枚重ねにダウンにマフラー、手袋、ひざ掛けと防寒対策バッチリ!

寒そうに体縮こめている人が多いなかぬくぬくと見てました。

吹田スタジアム初は、入場時のセキュリティチェック。

手荷物だけでなく、ポケットの中のスマホとか、キーとかの金属物までかごに入れて、チェック。さらに一人ひとり金属探知機でチェック。

空港のボーディングチェックみたいな警備体制でした。

もっぱらクラブワールドカップに向けて予行演習とのうわさです。

昨日は9000人弱の入場者だったから、午後6時過ぎに入場したときは、そんなに時間かからなかったけどね。

12月のCWCは吹田スタの2日間は、ちょっと時間に余裕をもってかないといけませんね。これは。

もう一つの吹田スタ初は、バックスタンドのSA席がゾーン指定の自由席だったこと。

行った時点で思ったんは、ガンバ側のSA席が結構埋まっているなということ。

もともと今回は、中段から上で見てみようとおもってたから、あわてはしなかったけどね。

結局、C14ブロックの17列目(吹田スタの下層は全24列です)で、両隣の席は空席状態でゆっくりみてました。

ただ、斜め前の人がごっつい背の高い人で、浅く腰かけていい姿勢で見てはったから、頭でピッチが幾分かくれてしまった。吹田スタでは、前席の人で見にくいこと今までなかったから、逆にちょっとびっくり。

次回から自由席選ぶときのチェック点やね。

あと、17列目やと、バックスタンド側のビジョンがほんの少しだけ、見切れた。もちろん対角線上にあるメインスタンドのビジョンは文句なく見えるんで問題はないんだけどね。

ただ、目の悪い私の場合は、選手名とかを見るとき、後ろ側になる近いビジョンを見る。

天皇杯ではないけど、リプレイも近い方のビジョンでみたいから、これ以上後ろの席はビジョンの見切れる部分も多くなるから、私にとってはNGやということがわかった。

さて試合。

前半から圧倒的に攻めていたんはガンバ。

これは、そのうち点が入るとみてたんだが、最後の最後で清水のディフェンスががんばっていて、だんだん難しい展開に。

0-0でハーフタイムは、今日は決まらん日やなあ程度で別に問題なかったんだが、後半30分を超えてくるとさすがに・・・

40分もすぎると、相手のカウンターがこわかったです。

延長になったときは、ちょっとほっとした。一旦、仕切りなおせるからね。

延長前半、5分ぐらいで午後9時になり、応援の鳴り物がやみ・・・

清水の応援も少し太鼓をやめるのに時間がかかったけど、ちゃんとやめてくれたね。ありがとう。グリコとか、あれ太鼓なかったらできひんやろね。

ガンバは手拍子でできるチャントも結構あるし、鳴り物なくなった分、バックスタンドも手拍子する人増えたりしてた。

延長前半の15分も得点の動きなく、あっという間にすぎた感じだった。

延長後半になっても、負ける気はしなかったけど、機会はあっても得点入らず、ロングボールが増えてきたなとなってきた時間帯に

CKから長沢選手がきれいなバックヘッドを決めて、1-0決着でした。

ようやく決まったかってな感じの試合でした。

てこずりましたが、ガンバ1-0の勝利です。

天皇杯の次は12月24日。

少し時間があきますが、次もいきますよ

| | コメント (0)

2016年11月 8日 (火)

天皇杯4回戦vs清水戦19時キックオフ・緊急服装プレヴュー

ガンバ大阪は、明日11月9日・19時キックオフ@吹田スタジアムでvs清水エスパルス戦です。

シードされていたガンバにとって今シーズン初戦の天皇杯の4回戦です。

3連覇目指して負けられない戦い!!

もちろん仕事を終わったあと、ダッシュで吹田スタジアムに向かう予定です。

気になる天気は、降水確率0%の「晴れ」!!ヤッタ~!!

19時の予想気温は8度。え~えぇ、8度ッ!!

寒いと思っている、今日(8日)の19時の気温で15度ですよ~

これは、寒い。真冬のかっこうが必要や

ということで、試合プレヴューならぬ、服装プレヴューです。(試合プレヴューなんか私に書けるわけがない・・・)

明日の吹田スタでの服装予定を公開いたします。

参考になるかどうかわかりませんが、参考にしてください。

ちなみ私は、バックスタンドですので、動きません。ですので、ぶくぶくに厚着します。また50を過ぎたオッサンです。

ゴール裏の方は、応援で声だししたり、手を叩いたり、飛んだりするでしょうから、そこのところは、自分で考えて引き算してください。

まず、足元は、厚手のすねまであるような長靴下を1枚はきます。

アンダーウェアは、上も下もヒートテックを2枚ずつ重ね着。

下は、ヒートテックの上にデニムのスボン。

上は、ヒートテックの上にフリースを着て、その上にレプリカユニ、さらに上に厚手のダウンを羽織ります。

首筋は、フリースのマフラーを巻いて、ガンバのタオルマフラーをかけます。

帽子かぶり手袋をします。

そんでもって、冷えた椅子がいやなので、ガンバの携帯クッションを持参。

で、ひざ掛けを2枚用意して、寒さによって、1枚かけたり、2枚かけたり。

まず間違いなく明日はこんな格好です。

もちろん仕事中はスーツも着用しているし、こんなに着てられませんので、持っていって着替えます。

どこで着替えるかは、仕事の進み具合によるかな。

最悪、吹田スタのトイレで着替えですね。

ちょっと荷物がかさばるんですけど、ガンバ観戦で風邪をひくわけには、仕事的にも、家庭的にも、絶対あってはならないんで、(次からガンバ行くなぁ~っていわれる)、あったかくして観戦します。

真冬の観戦はいつもこんな具合ですかね。

デーゲームの場合は、バックスタンドは太陽が当たって、真冬でもあったかいこともあるんですが、ナイトゲームは、絶対ブクブクです。

昨年までの万博の時は、さらに雨対策もしなければならなかった・・・ことを思えば、楽チン、楽チン!

では、ご参考まで・・・・

| | コメント (0)

2016年11月 3日 (木)

取り急ぎ観戦報告、番外@ガンバ大阪×吹田バル(JR吹田駅前)

JR吹田駅前で行われたガンバのアウェイ戦のパブリックビューイングに行って、23番・菓匠象屋さんでバルメニューの「どらやき5個入り(通常価格810円)」をバラ券700円で買って帰ってまいりました。

いや~メッチャ盛り上がった、パブリックビューイング(PV)でした。

今年は吹田スタであった、あまり覚えていないアウェイ・FC東京戦のPVもいったけど、試合内容もあるけど、吹田の方々の気合の入れ方違うかったな。

ここ数試合、吹田スタで試合前とかにチラシ配ってらっしゃたので、当日晴れていたら、ちょっとおもしろそうやし、覗いてみようかな~という感覚で行ってきました。

JR吹田駅って過去2回しか行ったことがなくて、バス・阪急・歩きで約1時間かかって結構遠い。(吹田スタは自転車で25分やねんけど。吹田市結構広い!)

家を11時半ごろでて、PVの入場開始が12時のところ12時30分頃着

行って、PVがイベントで、吹田界隈を食べ歩こうというという「バル」がメインということがわかったけど、早メシ、家で食べてきてしまった~(あらら)

会場前方はバルチケット前売り3000円分を買ってる人の優先席やったけど、後方は誰でも入れる席で、そこへ着席。

数えたわけじゃないけど全部で600席くらいで、5割ぐらいすでに埋まっていたかな。

青黒ユニ率6割ぐらいはいたかな。思った以上に多し。

入場時、飲み物1本プレゼント、ありがとうございました。協賛とりつけるって努力してはるやんか~

ハリセンになる厚紙の参加店リスト。ナイスアイデアです。応援時、めっちゃ効果でていましたね。

「バル」の食べ歩くという趣旨から、参加店72店のリストのほとんどが飲食店。

一人やし、年齢からあんまり食べらへんし、でも、こんだけガンバ推ししてくれてたら、ちょっとは貢献したいしということで、先に記したお土産にできるどらやきをチケットで購入。

あの~、趣旨とはちょっと違うやろうけど、吹田土産にできるようなものあったら、もう一枚ぐらいはチケット買ったよ!

試合前に、スタジアムMCの内藤朝華さんの司会で木場さんの解説があったり、チャント練習があったり、スタメン紹介あったりで、結構本気度高かったな。

後藤市長もあいさつに来てて、吹田スタでのキックインで子どもにぶつけて焦った話しをしてました。

で、肝心の試合は、前半は、ホントぐだぐだ。ガンバいいとこなし。家で一人で見てたらチャンネル替えたりしかねないレベル。2-0

前半終了待たずして、岩下OUTの阿部INなんて、今シーズンいまだみたことない采配だったもんね。

後半の入りも悪くて、バー・ポストによる守備に何回助けられてことやら・・・

からの65分藤春のゴールからの・・・

リプレイやってる最中に次の得点機会が来るという、圧倒的な展開。2-2。

もうここからは、会場盛り上がること、盛り上がること・・・

PV会場のコールリーダーに反応してハリセン叩くだけでなく、スクリーンから届く等々力の応援に反応してハリセンが打たれていたもんね。

そして76分アデミンソンのミドルがゴール右に突き刺さり逆転!!!

立ち上がる人、圧倒的多数!!!

そのまま、危なげなくにげきりました。

最終スコア、川崎フロンターレ2-3ガンバ大阪

ワーストゲームに近い状況からのベストゲームへの劇的転回。

あ~あ楽しかったなぁ

帰りには、その場で使える金券300円分までいただき、ありがたく使わせていただきました。

今度あったら、お腹すいた状態にしてきます。

ガンバ大阪×吹田バル

| | コメント (0)

2016年10月29日 (土)

取り急ぎ観戦報告、ガンバ3-1新潟 ホーム最終戦

 今シーズン最後のGマガジンと2017年ガンバカレンダーを購入した吹田サッカースタジアムから帰ってまいりました。

早いもので、2016シーズンのホーム最終戦。試合後半途中までは日があたって暖かかったですが、陰ると途端に寒くなりました。

ヒートテックを下に着こみ、長靴下をはいての観戦でした。

試合は、5分にアデが相手CBからボールを奪って、キーパーとの一対一を落ち着いてゴール左に流し込むように決めあっさり先制。

アデ上手い!

新潟にとっては、あそこでセンターバックのあのミスはいただけないですね。

そこからは、降格争いしている新潟がガツガツきましたけど、ガンバが無理して攻めてないように私にはみえました。

でも35分コーナキックからファーのラファエル・シルバに決められ1-1

この時ニアに入ってきた鈴木武蔵だったかなと東口が交錯しているようにみえたんだが、審判はノーファウルでゴール認定でした。

後半51分、ラファエル・シルバがシミュレーションをとられ2枚目イエローの退場で、俄然ガンバ優位に。現地では、もつれた後倒れたんで、何のイエローかよくわかりませんでした。

60分、遠藤選手が縦に浮かせ球のパスをエリア内に送ったところインターセプトしようとした新潟ジェームスだと思うが倒れながらハンドでPK

このPKを遠藤が決め自身100ゴール目で2-1。これがガンバの選手による吹田スタ初のPKゴールですね。やっとこさ、PKが成功しました。ズーット失敗なんていやですから、良かった良かった!

ここからは、今日は両サイドからの攻撃が機能していましたね。ジェソクがこんなに攻撃参加、多数していたのは初めて見たような気がする。

この時間帯は、いつガンバのゴールが生まれてもおかしくない状況やったのに、71分大森が抜け出したのは、抜け出しすぎて角度がなくってサイドネット。

76分大先生は、右45度からクロス入れると思ったら、意外やシュート選択でクロスバー。見ててのけぞった!目の前やしね

83分のこぼれ球に対する井手口のミドルは、カキ~ンと左ポスト。惜しすぎ~

結果論やけど、ここで決めといて試合決着していたら、新潟さんの2人目退場はなかったんと違うやろか。後味、悪い試合になったもんな

追加タイムまで同点の可能性を残したもんやから、発奮しすぎたんかな

事件はアデショナルタイムに・・・

岩下は、余裕かましてたら、プロフェッショナルファウルせなあかんシチュエーション作るわ・・・。後ろにまだディフェンスいたから、黄紙で済んだけど・・・。

ガンバにイエローでて、その後なんか新潟が審判に詰め寄っている、あれイエローカードが舞って落ちているぞ、と思っていたら、もう一枚審判が赤だしてるぞ。退場だっ!て感じでした。

正直、遠いサイドだったんで現地ではよくわからなかったんです。審判の判定に抗議してカードはたいて捨てたみたいですね。レオ・シルバ退場ですわ。

ラファエルの時も審判と揉めてたんで、イライラがつのったんかな・・・

そのあと、6分の追加タイム予定が、もめた関係で、さらに長くなり押し詰まった8分にガンバが攻め込み、ゴール直前での井手口シュートのこぼれ球を詰めていた呉屋がJ1リーグ初ゴールを決め3-1で決着しました。

勝ったんはうれしいけど、相手チームとはいえ降格争いしているチームの大黒柱二人が退場で次節出場停止は、こころ痛むな・・・

勝利の儀式は後回しで、ホーム最終戦セレモニーへ

黄金の脚賞の井手口選手のたどたどしい笑顔と遠藤キャプテンの「元旦の予定は開けといてください」が印象的でした。

天皇杯4回戦はチケット買いました。決勝戦も売り出したら買っておこうと思っています。

あと、U23も最終ホーム戦はいくぞ!

| | コメント (0)

2016年10月18日 (火)

観戦報告、ルヴァンカップ決勝・ガンバ大阪1-1(PK4-5)浦和レッズ @埼玉スタジアム2002

初の埼玉スタジアム2002へホーム扱いだけどアウェイへ行ってきました。

東京に一泊して、日曜日の昼に帰阪しました。

決勝当日の朝、機上から朝日に輝く吹田スタジアムが見えた時は、いいことありそうな予感がした遠征でした。

でも結果は、皆様ご存じのように1-1ドローのPK決着の準優勝でした。

悔しいい~!

けど、やれることはやった感も大きい試合内容だったと思います。

2週間前の直前の対戦で0-4の大敗内容から、返り討ちにあいそうな心配が心の底にはあったんですが、試合開始したら、「いいんじゃない、ガンバ~」って思える内容の濃い試合でした。

井手口選手の刈り取りよかったなぁ~。明神選手を思い出したな~。攻撃面も成長しているから、いい選手になりそうですよ。ホントに。

ゴールに至ったアデのターンうまかったな~!来季もガンバ確定で、ありがいたいです。

キーパーの東口選手、練習中からパントキックをやたら高く上げていたなぁ~。なんか狙いがあったんかなぁ。相手シュート何本セーブしてくれたことか。

90分+4のラストプレーのFK。丹羽選手だったかのヘッド。決まったいたらヒーローだったな。オフサイドだったけど・・・。興梠には、何言ったの?

金選手、やっぱ今年一番伸びたよなあ。だんだん安定感増してきているよね。

倉田と藤春と大森選手。走りまくりやわ~。どんだけスプリントすんねん

キャプテン遠藤。最後のPK時のレッズサポの大ブーイング凄かったなあ~。でも、何もないかのように淡々と決めるとこ、大したもんだな~

ルーキー呉屋。延長後半終了前のシュートは、見ててホントにのけぞったよ。右ポストにあたって、ライン上を転がるボールが目に映像として残っている。PKは、ドンマイ。次、機会があったら決めてくれ

今野、米倉、長沢、藤本選手、みんな頑張ってくれたなぁ

Dscf61451

バックスタンドのガンバ応援側の指定席だったんですけど、前から6列目だった私ぐらいの席まではガンバサポが大半。でも7列目よりちよっと後ろは、ガンバ・レッズ半々ぐらい・・・。もうちょっと上になるにつれてレッズサポの方が大半というアウェイ感満載でした。

Jリーグ女子マネの佐藤美希さんのブログに浦和のコレオの写真が載っていたんですけど、バックスタンド、自分がいたあたりだけが、ガンバサポで当然ながらコレオなし。http://ameblo.jp/sato-miki-blog/entry-12210373066.html

スタンド全体から見たら圧倒的な少数派ですわ

決勝進出が決まった日の午後10時30分ごろに一般販売先行でとった席だったんですよね。その頃には先行販売での浦和の席は、売り切れとったからね。

あとは、推測。浦和側がなくなったから、しかたがない・・・・・。みたいな感じかな。

さすがに、ここらへんのレッズサポは、応援は自粛していておとなしく見ていたみたいやけどね。李のゴールの時はさすがに抑えきれないみたいで、おもしろかったけどね。

次回から、こんなシュチエーションの試合の時は、ゴール裏を取ることにします。何事も経験と勉強です

試合後は、東京に出て、気分転換!

スカイツリーのイルミネーション、とても綺麗でしたよ。特に、浅草・浅草寺から見た満月とのコラボレーションが素晴らしかったです。

※追記:家に帰ってからジェソク選手のメダルの件知りました。オ・ジェソク選手は、なんて男前なんでしょう。気遣いのできる人なんですね。

| | コメント (0)

2016年10月 5日 (水)

取り急ぎ観戦報告、ルヴァンカップ準決勝第1戦 ガンバ0-0マリノス @吹田スタ

前から3列目だとドボドボに濡れた吹田スタジアムから帰ってまいりました。

ガンバ大阪0-0横浜Fマリノス

スコアレスドローでした。

前半の中盤から後半にかけてのガンバの時間帯にゴールをとれなかったことがこの試合結果になったんではないかと思っています。

前後半通じてバーやポストに嫌われたんが何回となくあった試合でした。

でも、マリノスにも決定機はあったな。

両チームともに決定力がなかったですね。

台風で開催が危ぶまれた試合だったのにもかかわらず、観客一万人にオーバー

ガンバサポ、たいしたもんです。

アウェイの方も結構、来てくれてました。ビックフラッグ出せるくらいにね。

屋根があるっていいですよね。下層中段から上は、今日の雨でも全く濡れんかった思いますよ。

私は、前方の席をとったんで一時の大雨でびしょ濡れにはなりましたが、万博のことを思えば何てことはないです。

後ろの高い所から足元に流れ込んでくる雨水が、ないんで靴の中がグジュグジュという悲惨な事態にはなりませんでした。

今日は、アウェイゴールを相手にあたえませんでした。

9日の第2戦が、アウェイですが有利に戦えることと思います。

♪カップを~ つかみ取れ~

オオオーオオオーオオ

オッオッオッ ♪

※今日の試合、ゴールをウォッチする追加副審2名ありの6人審判でした。J3で一試合見たことあるけど、カップ戦では初めてみました。追加審判が見極めるようなきわどいのはなかったね

| | コメント (0)

2016年10月 3日 (月)

取り急ぎ観戦報告、ガンバ大阪U23 3-0 カターレ富山

(パソコン使用権をやむなく家族に明け渡していたので、書いてたのに試合当日にUPできなかった・・・(;´д`)トホホ)

前日のラクビートップリーグ開催のライン跡が青く残る万博記念競技場から帰ってまいりました。

8月7日の20節vs琉球戦以来、約2か月振りのU23生観戦でした。

あの時は、選手のモチベーションを心配するぐらいの情けない試合でしたが、今日は・・・・

今日は良かったです。完勝!

さて、今日は試合の入りは普通でしたが、7分左サイドをかけあがった初瀬が浮いたボールをエリア内でヘッドで処理しようとしたところ、クリアにいった富山の選手の足が顔面直撃。ハイッキックでイエロー&PK。

このPKを堂安がゴール右に決め先制。

堂安は直接フリーキックでもゴールの右角に当てたり、後半だったかな(記憶あいまい)強烈ミドルを右ポスト直撃もありました。

先制以降、ガンバが優勢もゴール決められずいた展開でしたが、前半のアディショナルタイムにゴールラインを割るかと思われたボールを高木が追い付き、左から折り返し、これに詰めた小川が決め2点目。

いい時間帯の追加点でした。

後半は、前半以上にガンバ優勢の展開。

ガンバの守備もよく、岩下が長い縦パスを通したりしていて、いつ、ガンバの得点が入るかなぁって楽しんで試合は見れていました。

2-0やったから富山が後半の早い時間帯に1点返していたら、違った試合展開になったかもしれないんだが、富山は、攻めることはあるんだが、ここぞという前目ところでミスが出てボールがつなげていなかったね。

そのうち入るやろうと思っていたガンバのゴールが決まらず、時間が過ぎていき

試合の最終盤は、ガンバは、カウンターには無理にはいかない状況。(周りの観客からは、ゴールを狙ってほしい声があちこちから)

それでも、その中で、何度かコーナーキックを得ていて、3点目の得点シーンは、アディショナルタイムに右CKから

初瀬のコーナーキックを野田がヘッドで右ポストを叩く惜しい流れから、一度エリア外にでるも、拾った岩下が中に入れ、受けた野田がゴール前右へ浮かしたボールを送り、それを妹尾がヘッドで決めるという、とどめを刺すゴールでした。

途中出場の妹尾は、これとは別に惜しいミドルもあったし、よかったですよね。

試合としては、先制、中押し、そして止めのゴールが見れて満足しました。

レッズ戦の痛みを、少しは癒せた、と思います

今日も入れてホームは残り4試合。うち10月30日鳥取戦は行けないこと確定しているのに3試合観戦券買ってしまった。

トップチームがチャンピオンシップ進出実質無理な状況になったので、U23でガンバを充足しようという計画です。

Dscf60071
ガンバベストプレイヤー賞のインタヴューを受ける野田選手

Dscf60091
試合中2回傷んだ初瀬選手、まったく問題なさそうです。市丸・堂安選手ともども代表でもガンバ

| | コメント (0)

2016年9月25日 (日)

取り急ぎ観戦報告、ガンバ3-3FC東京。押され気味の試合だったけど、勝つチャンスはあったよ!

少年サッカーの大阪府大会の開会式も行われた吹田サッカースタジアムから帰ってまいりました。

今日はFC東京戦!

結果はガンバ大阪3-3FC東京でドロー

前半からえらい打ち合いになった試合でした。

13分。相手1点目大森のミスから失点。クリアーを相手にパスしちゃった。

何やってンねんコータローと思ってたら、2分後にミス帳消しのミドルでモリモリゴール。15分1-1

18分。アデの縦パスに猛然と藤春がエリア左を駆け上がり、中の長沢にラストパス。これを決めて逆転!!

ここから一方的にガンバのゴールショーを期待したのですが・・・・

あれれ、で2分後、エリア前で振られて、見事に決められた。2-2

これは、落ち着かない試合になるかとおもわれたが、

ここから押し込まれた試合に。相手の39番中島翔哉が躍動しとった。そんな中、井手口のボール奪取などから、カウンターでの活路を見出すガンバという展開。

後半もじりじりした展開で、カウンターからアデにも長沢にもキーパーと1対1の決定的チャンスが・・・・

あれを決めていれば・・・って何回思ったことか・・・

ついに90分、途中入った藤本が振り切られ左サイドからのクロスを途中出場の平山に決められ2-3

が、が、アディショナルタイム1分、米倉がゴール前まで持ち込み、混戦の中で耐えて先に触った倉田がヒールで中に入れたボールを誰が決めたかわからんかったが同点ゴール。3-3。あきからハルー!

盛り上がった中、最後の攻撃!いけー!

が実らず

3-3の痛い痛いドローでした。

勝つチャンスは何回もあり、負けるピンチも何回もあった、しんどい試合でしたが、勝ち切ってほしかったな。

あとね。最後の方、遠藤大先生のバックパス?のパスミスにはキモを冷やしました。アレ~、何んですか~

吹田スタジアムはコンコースにたくさんの液晶モニターが登場!

じわじわより良くなっていってますね

| | コメント (0)

2016年9月11日 (日)

取り急ぎ観戦報告、ガンバ2-1甲府

昨夜は、ホーム吹田サッカースタジアムでヴァンフォーレ甲府戦でした。

Dscf58891


結果は2-1でのガンバ大阪勝利!

私は吹田スタ初のゴール裏でした。

Dscf58901

昨日は、ファンクラブ優待の招待券を使って知り合いをお招きしました。

で、いつものバックスタンドの年間席は、招待者に座ってもらったんです。サッカーにさほど興味のない方にいきなりゴール裏は、ハードル高いかと・・・

それで、私はゴール裏です。といっても、え~歳した病み上がりの体には、試合中ズーット立っての応援はキツイので、中層の端の方で、すわってチャントを歌っておりました。

周りは、子供づれの方で全員座っておられたので、キックオフ前やゴールシーン、フニクリフニクラなど要所では立っていた自分は、目立ってたぐらいかと・・・。まぁ~我ながら丁度良いポジションの席を選んだなぁ~と自画自賛です。

でも、できれば、年パス者のファンクラブ招待は、持っているカテゴリーと同じ席をいただければ、招待した方をアテンドできやすいんですがね。ガンバさん。

(もちろん、チェンジシートサービスとかは知ってますけど、どうしても持っている席より、だいぶ後方になってしまうし、別途お金もかかるし・・・)

試合前はブルスパとミュージアムにまず行ってご案内。ミュージアムは興味持ってもらえましたね。各種トロフィーや選手の足は意外と小さいとかね。あと今年の天皇杯の優勝記念看板とか

そのあとスタグルへ!一緒に一通りのお店を回って特徴を説明しながら選んでもらいました。結果、フランエレガンとAT THE 21のお好み焼きとチャレンジブースのサーティーワンのアイスを選択してもらいました。

フランエレガンは初めて買ったんですが、とっても美味しいですね。ボリュームはそんなにないけど、人に喜んでもらえますわ~。さすが、VIPルームのフレンチ提供のお店だけありますね。

あと、吹田スタにお招きする時は、トイレの場所をご案内するのも必須ですね。ちょっと、初めての人にはわかりにくい場所ですから。

Dscf58871_2

ハンドソープがついに設置されてましたよ~!

Dscf5894_2_2

人気、実力が図抜けた選手がいると、人を誘うときはやっぱり誘いやすいですね。

Dscf58961

そうそう、マッチデープログラムを誘った人にお渡しするのも結構重要だったりして・・・

Dscf59101

試合前の整列からの、両チームキャプテンによる差別撲滅宣言でしたっけ。ヤットさんが、ヤットさんらしくペーパーを読んでました。

Dscf59121

キックオフ前、円陣が解けたところ

Dscf59131

この位置からだと、サイドの攻防もバッチリですね。バックスタンドからだと、近いサイドの端の攻防は見がたいんですよね。

ピッチが近いスタジアムのいたしかたない短所だそうです。(この写真の場合は、センターラインあたりなのでバックスタンドからでも問題ないですけどね)

見にくい場所のコーナーキックは、いつもはビジョンとピッチの両方に目を配ってみています。

試合は、5分に崩されて先制許す。

が、8分にコーナーキックから長沢選手のゴールですぐ同点。

相手に守備的にこられるんじゃないかなあと心配する間もなく、すぐに目覚めたガンバでした。

それにしても、長沢選手の覚醒スゴイです。

これで、いけいけなるかと思ったんですが、阿部選手の早い時間帯での負傷交代もあって、試合落ち着いてしまいましたね。

アベちゃん長引くことになると、ちょっと痛いですね。軽傷であることを願っているんですが・・・

Dscf59021

甲府の10番ドゥドゥですか、前半のうちは脅威でした。ガンバ守備陣もだんだん対応して、後半は孤立させてましたが、かなりいい選手だとみました。

3冠に貢献したパトリック選手がついにベンチ外になって、来季構想外の新聞記事が出たりしています。アデもレンタルだし、ちょっと目をつけてもいいかもしれません。

もちろん、パトの復調が一番いいんですが・・・。

あと、ホームゴール裏側のビジョン、見切れて時計表示が見えない。対角のビジョンにも時計がほしいなぁと、やはり思いました。

私は、たぶんそうなるだろうと予想してたから、自分の腕時計で試合時間を見当つけていましたが、普通はそこまで考えないから用意してなくて、経過時間わからないだろうと思った次第です。

1-1のまま後半戦に・・・

後半は、圧倒的に攻める時間が長くなったガンバで、カウンターで甲府という構図になりました。

後半は、開始しばらくして歌いだした「青と黒の誇り」のロングロング、ロ~ングチャント

♪今日も我等勝利を 信じ叫び歌うよ 青と黒の戦士 青と黒の誇り♪

♪今日も我等勝利を 信じ叫び歌うよ 青と黒の戦士 青と黒の誇り♪

ゴールを入れるまで続けるんじゃ~という状態。

20分以上続いたらしいです

結局、75分の長沢選手OUTの呉屋選手INの選手交代まで、延々と。

15分間ぐらいは、盛り上がっていたけど、最後の方はお経みたいになってきたと思う。

日本代表戦の同じチャントの繰り返しが、会場を単調にしがちなんと同様、やりすぎは、ダレるんと思う。

最後の方は歌うんやめちゃたよ。

ガンバは、たくさんチャントがあるし・・・雰囲気変えなぁ~。と個人的には思いました。

得点が、ついに入ったんは、その後の80分

Dscf5914_2

写真、ブレブレ

高い位置から見てると、ガンバの攻撃は、遠藤選手ではなく、今は倉田選手中心なんだということが、改めて感じました。

65分のシュートなんか、ほんま決まったと思ったよ。

倉田選手はゴール左サイドへ切り込んで、こぼれたボールが大森選手の足元へ。大森選手が倉田選手へ戻してのゴール!

ボールがゆっくりゴールへ流れこんでいく様を見ながら雄たけびあげることができましたね。

戻した大森選手いい判断でしたね。上から見る限り、大森選手にはゴールへ角度が相手ディフェンスに阻まれてほとんどないように見えましたからね。

Dscf59161

もう1点ほしいなあって、いう状況でしたが、最後は無理せずゲームを閉めて2-1の逆転勝利!

セカンドステージは勝ち点2差の3位。年間順位も3位の鹿島に勝ち点差6の4位に上がってきました。

セカンド優勝、年間3位が目指す位置といったところでしょうか

招待した人の感想は、また来てもいいよ~ということで引きはあったようです。

| | コメント (0)

2016年9月 6日 (火)

はじめドキドキ、中ワクワク、あとはノリノリ楽しかったルヴァンカップ準々決勝第2戦 ガンバ6-3広島

4日の夜は、年に1回あるかないかの楽しい試合でした。

最近、ちょっとダレてきていてブログも更新していないとき多々だったので、励みをガンバさんが下さったのでしょう。

なんかちょっといいことありそうな予感はあったんです。

あんまりつぶやかないんですが、おすすめなんかしてましたから・・・・

カップ戦は、リーグ戦と違って勝ち抜け目指してやるんで、ドローで意味ないときは、前がかりになってきますから。それで隙ができて、ゴールが増えるって時があります。

4日は、そんなケースだったんでしょうね。

Dscf58091


試合前のヤマザキナビスコカップ改め、ルヴァンカップのアンセム。聞けば、聞き覚えありました。なかなかいいんじゃない。

ナビスコは、決勝が、試合前のコレオと煽り映像が素敵なんで、そっちに目と耳がいってるんでアンセムまで気になってなかったんでしょうかね。

 

Dscf58201

試合前に注目していたのは、呉屋選手。一戦目で貴重な同点アウェイゴールを上げてくれました。4日の2戦目も途中出場でしたが、6点目の阿部ちゃんゴールのきっかけとなったパスは、相手ディフェンダーをかいくぐって見事でした。

Dscf58251

試合前サブ組の鳥かご練習。

パトどうしちまったんでしょうか?呉屋選手が輝きだしたんでなおさらです。

出番が18日のJ3鹿児島戦っていうこともあるやもしれません。

Dscf58371

いろいろあることはわかりますが、私はここでは拍手派です。選手オーダーで仙石さんがとちったんは初めて聞きました。でも、瞬時に訂正いれてたんはさすがです。それにしても昨日の佐藤寿人は、こわくなかったですね。

Dscf5842_2

客席もぼやけてお顔がわからなくて丁度いいのであえてのせた。

真っ暗でやるのは、やっぱりきれい!だいたいキックオフ15分前ぐらいですよ~!

真っ暗な中で照明落として選手紹介できるのも、今シーズン決まっているのはあと2回。(あとはデーゲームばっかり)

9月10日(土)19時キックオフのヴァンフォーレ甲府戦とルヴァンカップ準決勝第1戦10月5日(水)19時キックオフだけですよ!

チャンピオンシップもステージ優勝だけやったら、レギュレーション去年と変わって、少なくとも1回戦はホームスタジアムではできないしね

天皇杯を勝ち進んで準々決勝まで進んだら吹田スタでナイトゲームって可能性はなくはないけどね。天皇杯は主催が違うし暗転ショーはやらしてもらえないかもだし・・・ね。

Dscf58431

19番 大森晃太郎選手(モリモリ)

4点目のアシストは交代直前でした。わかってて仕掛けたな!

試合開始。カテ2、ど真ん中、前方での観戦です。

Dscf58541

前半29分・遠藤選手の直接フリーキック。惜しくも右枠外

この時間帯は0-1で負けていて、このままでは広島の勝ち抜けということでドギドキ

32分に追い付いて1-1。このままでは延長ということでドキドキ

Dscf58571
前半30分台だったかに目の前で藤春選手がハイボールを競ったあと後頭部を地面に強打。一時ピッチ外へ

大丈夫かハル!

このとき結構広島が攻めてたんだけど、寿人選手だと思うんやけど試合を切ってくれたんだよ。ありがとう

互いに拮抗してたんだけど、前半アディショナルタイムにこの日2点目を長沢選手が決めて2-1。

このままだと、ガンバ勝ち抜けということでワクワクでハーフタイム。

Dscf58601

ド真ん中はチアーガールも見やすい。ハーフタイム

後半52分広島にフリーキックを直接決められ2-2に。

このままだとアウェイゴール数で広島勝ち抜けということでドキドキ状態に後戻り

と思ったら、3分後55分遠藤選手の右コーナキックから丹羽がヘッドを決め3-2で、ガンバ勝ち抜け状態にワクワクに。

追い付かれてすぐに決めたンが大きかった。

この日は周りの人がノリが良かったんで1点目からハイッタッチでしたが、このあたりからの盛り上がりは・・・・

Dscf58651

4点目の大森アシストでアデミウソンが決めたんぐらいからは、みんな拍手しまくり、大声援のお祭り状態でした。

もちろん、広島が勝利のため、得点がほしくて前がかりになって、ミスした状況でもあったんえしょうが、得点まつりです。

ノリノリです!

Dscf58661

さらにアデの2点目に、呉屋選手のパスから抜け出しアベちゃんのゴール

ノリノリ状態は続いて、ガンバのパス回しにサポのオッーとの掛け声っていうのも何年ぶりかに聞きました。

Dscf58671

どこまでいくんかとおもいましたが、最終スコアは6-3

こんなスコア、久方ぶりです。

Dscf58761

あいさつにもうきうきです。

Dscf58771

長沢選手とともにヒローインタヴューを受けた丹羽選手は、優勝しましょうっと言ってくれました。

次のルヴァンカップ準決勝は、横浜Fマリノス戦です。

第1戦10月5日(水)午後7時 @吹田スタ

第2戦10月9日(日)午後2時 @日産スタ

勝ちましょう!

| | コメント (0)

2016年9月 3日 (土)

サッカーと音楽

またまたブログの更新さぼってしまいました。

ホーム神戸戦も現地観戦してましたが、負けてしまったんで後回にしてたら書かずじまいでした。

ちなみに明日4日のナビスコカップ改めルヴァンカップ準々決勝広島戦も見に行きますが、翌日仕事もありますし、書けるかどうか・・・・。心もとない。

さて、本題。

今日、なんかググっていたら、たまたまYou Tubeでラブ・アンリミテッドオーケストラの「愛のテーマ」に行き当たったんですよね。

これ!

この曲聞いたの10年ぶりぐらいでしょうか?それでも、聞いてたら、あっと言う間に、25年以上前の飛行機と初めての海外旅行が目の前に浮かんできて、外国に行きたくなりました。

私の初めての海外は、キャセイパシフック航空で香港経由でヨーロッパにいったものでした。

その時、機内に入ったときにこの曲が流れていて、すぐに、飛行機・海外と、この「愛のテーマ」は、私の中では分かちがたく結びついてしまいました。

なぜなのかよくわからないのですが、初めての海外旅行への興奮とフワフワした気持ちが、この軽やかな名曲と結びついたのでしょうか?

ANAやJALの方が、その後、はるかに多く乗っているのに、いまだに飛行機と海外をイメージするのは、キャセイのCMもなっていたこの曲!

いい音楽の力って強烈

って改めて思いました。

というこで、唐突ですが、音楽を聴いててサッカーが浮かんでくることってありますか?

サッカー見に行って、流れてきた曲に個人的な感情が入った時って、その後のリピートにかなり影響すると思いませんか?

私の場合は、まずこれかな!

FIFAのアンセム。

でも、イメージとしてはサッカー日本代表の曲として私の中では結びついています。

生で聞いたのは、国立でオシムの初戦を1回、長居で1回、そして今年のキリンカップの吹田スタジアムで1回の合計3回だけなんですけどね。

テレビで何回も聞いていることもあるのかもしれないですが、聞くとサッカーの決戦だぞ!と意識が自然と高まります。

生で聞いたことはないけど、ヨーロッパのチャンピオンズリーグのアンセムも耳に残りますね。なんか私の中ではハイネケンと結びついたりしてますけど・・・

そう思うと、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)のアンセムは何回も(少なくとも15回)生で聞いているはずなのに、全然印象に残っていません。

こんなところにも、ACLのプレゼンスが上がらない一因があるのかもしれません。

一応はっときます。こんなんやったんかいな・・・・。ほんま印象ない。

日本のJリーグのアンセムは、聞いたら思い出しました。

去年までの万博ではハーフタイムにJリーグスポンサー紹介の時に流れていましたね。(1分頃を聞いてみて!)吹田スタでは聞いてないような・・・

あんまりサッカーシーンとは結びついとらんなぁ

あッ、Jリーグ優勝の表彰式では使われていたかも・・・。

ナビスコカップもアンセムあるけど、記憶には残ってないなあ。

天皇杯のアンセムは、今年(2016年)の元旦、味の素スタジアムで見た優勝杯授与のシーンと私の中では分かちがたく結びついてますね。

あと、NHKで、このアンセム聞けば、天皇杯の季節だなあと、より一層注目するようになりますね。

正式には、「日本サッカーの歌」ですか。坂本龍一さんの作曲ということもあわせて今知りました。

高揚とはかなさが同居しているようないい曲ですね。

ガンバ大阪では、この曲が好きです、私は。

「奇蹟の絆」ガンバのオフシャルソングです。

万博で、勝利の後、出口に向かう時に流されていましたね。

ガンバ勝利と結びついていて、気にいっています。

あと美味G横丁でも流されたりしていましたっけ

吹田スタジアムでは、勝利の儀式がすべて終わったあとに、ほんのちょっとだけ流されています。

勝利の後の軽やかな足取りと結構合うリズムの良い曲なんで、ワンフレーズぐらい流せば良いのにって、いつも思っています。

ガンバサポでも「共に信じよう」から始まる2番は知っている人は少ないんじゃないかと思われる、曲でもあります。

で、最後に、・ガンバ大阪・2014年・降格圏から3冠・と結びついて、ガンバサポに好かれている曲です。

広沢タダシさんの「サフランの花火」

この動画作った方、有能でしたね。

Gステージでも、広沢さんの時は格別なものになります。

(そういや、9月4日に万博記念公園太陽の広場にライブかなんかで広沢さん来られるらしいです。ガンバとかぶる時間帯みたいだけど・・・)

歌詞と状況がシンクロして、今でも聞くと、じわじわきてしまいます。

さて、吹田サッカースタジアムとカンバは、どんな曲と結びついいていくのでしょうか?

楽しみです。

| | コメント (0)

2016年8月 7日 (日)

取り急ぎ観戦報告、ガンバ2-1鳥栖

広島戦は観戦したけどブログ書けませんでしたので、久方の観戦記です。

いや、昨夜のスタジアムは暑かったですね。温度より湿度が堪える・・・

広島戦もなかなかでしたが、昨夜の方が体感きつかったです。

Dscf55441

四隅の通行口のシャッターは試合中も開けてくれてるんですが、蒸し暑い!

試合前は、スタンド下の通風孔も開けているんで、風が通るんですが、試合中はたぶん閉めているんで、ほぼ無風。夏場は、ペットボトルの水分持参必須の吹田スタジアムです。

Dscf55471

ガンバがなぜか分が良くない鳥栖戦です。

鳥栖は、ハードウォーカーっていう印象と長いボールで豊田に点で合わせて得点と勝ち点をもぎりとる大物食いのイメージのチーム。

シーズン終盤で浦和など競合を食ってくれて、ガンバの優勝をアシストしてくれる頼れるチームの印象もあります。

Dscf55491

エントリーメンバー紹介から丹羽選手。

一番、鳥栖サポーターからブーイングがありました。(広島の清水選手に対するものと比べたら大したものではないですが・・・)あのブーイングの意味はなに?

後半痛恨のハンドでPK与えてしまいました。現地では、遠いところで相手の蹴ったボールも早かったんで何かよくわからんかったんです。

遠藤キャプテンが必死に抗議してたんで微妙なんかなぁ~と思ってましたが、録画スローみたら当たってました。よく見てたな、広瀬主審!

Dscf55501_5

マッチデープログラムの表紙にもなっていた金正也

鳥栖にレンタルで行ってたこともあるしね。シーズン前にはCB四番手と位置づけられていたと思うけど、もしかして一番試合出場しているCBちがうか~

効果的な縦パスを入れることができたら、もっと信頼も高くなるんやろうけど。

前半、遠藤選手からのメッセージパスを受けて前へ上がることもありました。

Dscf55511

J1スタメン初だったかな。1回カウンターでラインブレイクしてシュートまでいきました。

前線で動き直しを頻繁にしてましたが、ボールを引き出すことはできなかったですね。

Dscf55521

試合前練習に出てくる選手たち

Dscf55561
Dscf55581

サブメンバーの鳥かご練習

身長のあるFWパトリック選手と長沢選手二人ともサブなんで、どちらかは交代で入ってくると見てたんですが、長谷川監督は長沢選手をチョイス。

パトはハーフタイムの練習も途中で引き揚げたりしてたんで、フィジカルコンデションが上がっていないのかも。

Dscf55611

広島戦は、ここでもブーイングでしたが、さすがに拍手でした。

Dscf55601_3

サガン鳥栖サポーターも多かったですね。

Dscf55621

注目は豊田選手と鎌田選手かな。結構、キム・ミンヒョクと金民友の二人がかなめになっているかな、このチーム。

豊田選手は抑えることができていました。

Dscf55631

ムスタファ・エル・カビルって誰と思ったら、つい最近に移籍してきたんですね。後半に交代出場してくれて、ガンバ的にはありがたかったかも。

アディショナルタイムにカビルが勝手に自爆して傷んだところに鳥栖の隙が生まれましたね。直後の大森選手のクロスから長沢選手のヘッドの決勝点が生まれました。

試合終了後に抗議してイエローもらうおまけつき。

ガンバは相手のスキを突く攻撃ってしばしば見せるんですね。この試合でも前半アディショナルタイムに相手ファールのあと、鳥栖が抗議しようとしているところを遠藤選手の早いリスタートで惜しいチャンスをつくってました。

Dscf55701

宇佐美選手が抜けた今、攻撃で引っ張っているのは明らかに倉田選手ですね。

それと、この2試合アデミウソン選手がワントップに入ったときに攻撃が活性化するのは偶然なんでしょうか。

Dscf55711

開始時のフォーメンション

Dscf55751_2

もう決勝点のことも書いてしまっているけど、試合のキックオフ時の写真

誰もセンタサークルに入っていかなくてどうするの?ってみてたらアベちゃんがキックオフ!

Dscf55761

ハーフタイムには、ガンバボーイとともに黒いのが回ってました。誰っておもったら、仮面ライダーなんだってね。昔と相当変わってる。

ピンボケたんでのせないけど、試合前はスイタンがゲートでお迎えしてくれました。

Dscf55771


試合前半は、40分すぎるまでガンバにシュートがなくて、かなりイライラがつのる試合だったな。

59分にPKで点とられて、ゆりかごパフォゆっくりやられてから、急に尻に火が着いたように圧力かけだしたガンバでした。

アデの頭でのリフティングからの折り返しは見事でした。

あの得点前後の5分間の攻撃は迫力ありました。

Dscf55911

暑かったからか、その後いったん活動量落ちたんだが、1-1になってからの攻防は面白かったな。

時間がすぎるのが前半に比べて早かった。

面白いといえるんは、もちろん勝てたからこそなんですが。

最後のアディショナルタイムに長沢選手が決めた時ははじけました。

Dscf55851

試合終了後の選手あいさつ

このあと、遠藤キャプテンがリードするクラップ(アイスランド風の儀式)(トントン・ウツー)があって、

さらにナイター照明を落として青色LEDをひらひらさせての万歳三唱。

ガンバ勝利したら、帰路なんか気にしないで、見ないと損ですよ~

Dscf55901

さらにヒーローインタビュー後の長沢選手があいさつに回ってきて

ゴール裏とオイオイオイの勝利の儀式があって~

さらに勝利時のチャント「We are GAMBA OSAKA」を歌って

(いつまでもずっと)いつまでもずっと

(愛し続けるさ)愛し続けるさ

(この世界)この世界

(終わるまで)終わるまで

We are GAMBA OSAKA!

We are GAMBA OSAKA!

We are GAMBA OSAKA!


ガンバ大阪と吹田スタジアムを満喫して帰りました。

| | コメント (0)

2016年7月29日 (金)

明日はホームvs広島戦。BS1も生中継あるよ!

明日はホーム、市立吹田サッカースタジアムで午後7時キックオフの試合があります。

ガンバ大阪vsサンフレッチェ広島

セカンド順位では、ガンバ7位に対して広島が6位

年間でもガンバ7位で広島4位

とガンバより上位のチームとの対戦です。

勝たないとセカンド優勝、そしてチャンピオンシップ出場が厳しくなってきます。

来季ACL出場を賭けて、勝利あるのみ!!

明日の試合はNHKのBS1で生中継もありますよ~!

| | コメント (0)

«取り急ぎ観戦報告、バーポストに当てるゲームとしてもガンバ2-2福岡のドロー