« 取り急ぎ観戦報告、ガンバ大阪U23 1-1長野パルセイロ | トップページ | 明日は、ホーム・ルヴァンカップ浦和戦。監督もターンオーバーしてみたら!? »

2018年4月16日 (月)

取り急ぎ観戦報告、ガンバU231-1長野Part2。矢島慎也のいきる道

昨日に続き、ガンバ大阪U23の試合を見ての感想を少し・・・

2018シーズンに向けてのガンバへの移籍加入では、最大のポイントが矢島慎也選手でした。

ミッドフィルダー、特にボランチの位置でファジアーノ岡山では活躍していたとうわさには聞いていました。

P10102661


(その後3月にマテウスの加入がありましたが・・・)

2年連続のオファーを出しての獲得でしたので、どんな活躍をしてくれることだろう期待大だったのですが・・・

残念ながら、今現在は、U23でのオーバーエイジとしての起用が続いています。

昨日のU23のパルセイロ戦では、スタメンで右サイドハーフで出場し、後半62分ボランチを務めていた芝本選手がOUTしたあとは変わってボランチの位置に入り、二つのポジションでの矢島選手の側面をみることができました。

その印象を書いておきたいと思います。

ちなみに私は、浦和や岡山また年代別日本代表での活躍は、まったく見たことがありませんので、その時と比較して書くことはできませんので悪しからず・・・

P1010229_2


昨日の62分からのボランチは、高選手と組んでのダブルボランチ。二人のなかでは、役割り的には矢島選手がより攻撃的なタスクを担っているように感じながらみてました。

たぶん、得意とするところのポジションですよね。

でも正直、これといってメッチャ秀でているなぁ~と思うシーンは感じる場面はなかった。

ボールタッチとかボールを止めて置くところとかは、うまいとはおもうんですよ。でも、そこまでだったなぁ

J1の開幕戦での途中出場は、確か市丸選手とのダブルボランチで、中途半端なタスクだったのがあんまし良くないのかと思っていたのですが、どうもそうでもないみたい。

偉そうな事言って申し訳ないんですが、この位置で使うのなら、昨年の中原彰吾選手の方がインパクト強かった。

P10102871

でも、62分までタスクをになっていた右サイドハーフでは、存在感が確かにありました。

ボールを持って、バシバシ最前線にパスを付けていたし、サイドラインを右サイドバックの松田選手と組んで突破をはかったり・・・

はたまた、機をみてもちあがったりと生かし生かされ活躍していました。

試合としては散々だったルヴァンカップ広島戦でも、ヤットと交代して入ったトップ下で矢島選手がかなり前への意識を見せていて、一人気を吐いていたのを覚えています。

U23の藤枝戦の時も、右から突破、ほどんど矢島選手のゴールといっていいようなアシストをしていました。

P1010318_2


矢島選手本人がどこのポジションで勝負したいと考えているのか知る由はないのですが、今のガンバの編成の中で考えると・・・

矢島選手が生きていける可能性が高いのは、2列目のトップ下か右サイドハーフ

活きるじゃないかと思われるポジションは右サイドハーフ

のような気がしている素人です。

ホント、今のガンバの状況は、矢島選手にトップチームで活躍してもらわないと困るんですよね。

ポンコツフロントが変な事を言っていやしないか、ちょっと心配です。

↓ランキングに参加しています。「ポチッ」と押していただければ幸いです。「さっかりん」からの方でも、RSSからの方の「ポチッ」でも有効です。モチベ向上のためよろしくお願いします。有難うございました。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
にほんブログ村

|

« 取り急ぎ観戦報告、ガンバ大阪U23 1-1長野パルセイロ | トップページ | 明日は、ホーム・ルヴァンカップ浦和戦。監督もターンオーバーしてみたら!? »

Jリーグ」カテゴリの記事

ガンバ大阪」カテゴリの記事

ガンバ大阪U23」カテゴリの記事

ガンバ大阪U23 (2018生観戦)」カテゴリの記事

ガンバ大阪(2018試合)」カテゴリの記事

サッカー全般」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 取り急ぎ観戦報告、ガンバ大阪U23 1-1長野パルセイロ | トップページ | 明日は、ホーム・ルヴァンカップ浦和戦。監督もターンオーバーしてみたら!? »